北海道情報サイト「北海道ライカーズ」北海道情報サイト「北海道ライカーズ」

what likers

Icon search探す

公開 | nobuカワシマ

小樽の朝食は鱗友朝市で!好きなネタを選んで刺身定食や海鮮丼に!




小樽にある鱗友(りんゆう)朝市内にある食堂では、朝4時から新鮮なネタを使った海鮮丼や刺身定食などを味わえます。

さらに、朝市内で新鮮な海産物を買って持ち込むと、さばいてくれて刺身や焼き魚、煮魚などで食べることもできるのです!

 

目次

・鱗友朝市では、朝4時から買い物と食事を楽しめる!
・朝市内で買った素材を食堂で調理してくれる!
・さばいてもらって、いただきまーす!
・おすすめメニューはほかにも!
 

鱗友朝市では、朝4時から買い物と食事を楽しめる!


鱗友朝市は、JR小樽駅から車で7、8分のところにある市場。車利用ではないなら、小樽駅前から手宮方面へ向かうバスに乗って、手宮バス停で下車して徒歩2、3分で行くことができます。

小樽市内には地元の人が買い物に訪れる市場が数カ所ありますが、鱗友朝市もそのうちの一つ。小樽産の新鮮な海産物などをお手頃価格で購入することができます。





鱗友朝市のオープンは朝4時。早朝とれたての海産物などの買い物を楽しめるだけではなく、朝市内の食堂では食事も朝4時から楽しめます。

出勤前に食事をする人、市内の歓楽街で飲んだ後のシメに訪れる人、早朝に小樽港へ到着するフェリーから下船して朝食を食べに来る人など、早朝から店内は大賑わい。
地元客に混ざり観光客も、朝からガッツリ新鮮な海の幸を味わっています。
 

朝市内で買った素材を食堂で調理してくれる!


鱗友朝市の最大の特徴は、朝市内で買った海産物を食堂へ持ち込むと、さばいて調理してくれること。
海鮮丼にしてもよし、刺身にしてもよし。焼魚や煮魚もオッケー!
ごはんと味噌汁もあるので、定食にすることもできますよ。

 

 




もちろん、持ち込みではなく各種海鮮丼や定食、ラーメンなど食堂のレギュラーメニューを食べることも可能です。

今回は朝市で買い物をして持ち込んでみます。
まずは、今日の朝ごはんのネタを求めて朝市内を偵察!


 


朝市内には魚屋さんが数軒あります。
さて、今日はどのお店にどんな海産物が並んでいるのでしょう?うろうろしながらじっくり品定め、朝市パトロール開始!

 
訪れた日はちょうど小樽でウニ漁が解禁になった直後。塩水ウニとともに小樽産生ウニも並んでいました!▲訪れた日はちょうど小樽でウニ漁が解禁になった直後。塩水ウニとともに小樽産生ウニも並んでいました!

 
小樽といえばシャコ!春と秋が旬。春か秋に訪れるなら、これは食べないと!▲小樽といえばシャコ!春と秋が旬。春か秋に訪れるなら、これは食べないと!


どの店も旬の素材を取り扱っているので、訪れる時期によって店頭に並ぶネタは変わりますし、お店によっても取り扱う海産物の違いがあります。
天候次第で漁師さんが漁に出られない日があると、店頭に並ぶ品数が減ったり種類が少なくなったりすることも。自然には逆らえませんね…。でも、新鮮な海産物を取り扱っているという証でもあります。

 
小樽産の活ホタテを発見!イキよさそう~!▲小樽産の活ホタテを発見!イキよさそう~!

 
貝殻をパクパクさせて私を誘惑しているのかしら…!?食べちゃうぞぉ~!▲貝殻をパクパクさせて私を誘惑しているのかしら…!?食べちゃうぞぉ~!

 
「今ね、貝柱が肉厚なのがいっぱい入ってきたの!よさそうなの探してあげるね」▲「今ね、貝柱が肉厚なのがいっぱい入ってきたの!よさそうなの探してあげるね」


お店の人と話をしながら買い物できるのがスーパーなどとの大きな違い。今の旬やおすすめの素材など、教えてもらいながら買うのが楽しいです!

 
大きいツブも発見!よさそうなものを選んでもらいました▲大きいツブも発見!よさそうなものを選んでもらいました


食堂へ海産物を持ち込む時、購入する魚屋さんは複数でもオッケー。食べたいと狙っていた素材があるお店でも、たまたま店員さんと気が合ったお店でも、好きなところをいくつでも。

朝市内を見てまわり、今回は活ホタテ2枚、ツブ貝2個、シャコ3尾を購入。
かなり豪勢に買ってしまいましたが、この日はすべて合わせて1400円でした。





では、食堂へ持ち込みます!
食堂は朝市内に2軒ありますが、今回はそのうちの1つ、「お食事処のんのん」へ行ってみました。
 

さばいてもらって、いただきまーす!


お食事処のんのんは、1990年代前半から続くお店。2017年に経営者が変わりましたが、暖簾と雰囲気、メニュー内容や味わいは昔のまま。20年来の常連さんも多い、地元で愛され続けているお店です。

 
お店の入口は2カ所あり、こちらは市場内からの入口。もう一つは建物外からの入口があります▲お店の入口は2カ所あり、こちらは市場内からの入口。もう一つは建物外からの入口があります

 
カウンター席とテーブル席があります▲カウンター席とテーブル席があります


早速、さばいてもらいました!

 

 



 






じゃーん!できました~!


一人前にしてはかなりボリューミー!かなり豪華な刺身定食になりました♪▲一人前にしてはかなりボリューミー!かなり豪華な刺身定食になりました♪


それにしても、2、3人分くらいの刺身の量…。調子に乗って海産物をちょっと買いすぎちゃったようです…。

コリッとしたツブ、噛み応えあるホタテ、ジューシーなシャコ。
絶品!
買いすぎたとはいえ、美味しさのあまり一人でペロッと完食できます!


さっきまで貝殻をパクパクさせていたホタテちゃん、ありがたくいただきます!▲さっきまで貝殻をパクパクさせていたホタテちゃん、ありがたくいただきます!

 
シャコは見た目がイマイチですが、噛むとじゅわ~っとうま味が染み出てきます!最高に美味しい!▲シャコは見た目がイマイチですが、噛むとじゅわ~っとうま味が染み出てきます!最高に美味しい!


価格は、持込料(調理込)として300円~(品数などにより変動)、定食(ごはん+味噌汁+香の物)にする場合は+300円です。
今回は貝類など3品あったので持込料は500円でした。

しめて、今回のお会計は以下。
朝市での買い物 1400円
持込料 500円
定食料 300円

合計 2200円
 

おすすめメニューはほかにも!


最後に、お食事処のんのんのレギュラーメニューで人気があるものを2つ紹介します。
持ち込みではなく食事を楽しむ人はこちらをぜひ!


 
小樽丼(2200円)。ウニ、イクラ、ホタテなどをたっぷり盛った丼です▲小樽丼(2200円)。ウニ、イクラ、ホタテなどをたっぷり盛った丼です


 
のんのん定食(1000円)。本日の焼き魚or煮魚と本日のお刺身3点盛に、小鉢1品、ごはん、味噌汁、香の物がセットの定食▲のんのん定食(1000円)。本日の焼き魚or煮魚と本日のお刺身3点盛に、小鉢1品、ごはん、味噌汁、香の物がセットの定食


小樽丼は観光客に絶大な人気がある丼。いっぽうのんのん定食は日替わりで内容が変わることから、長年通う地元客を中心に人気があるそうです。


みなさんなら、鱗友朝市でどんなネタを探してさばいてもらいますか?
朝市での買い物はまるで宝探しをしているような感覚!
単に食事を楽しむだけではない面白さがあります。

小樽の朝食は、鱗友市場で決まり!

\食べたい!食べるべき!と思ったら「なまらいいね!」/

この記事をSNSでシェアしよう!
  • 小樽の朝食は鱗友朝市で!好きなネタを選んで刺身定食や海鮮丼に!
  • Google+

FacebookのIDを利用して、北海道Likersへ登録します。

北海道Likersは、北海道を愛する皆さんと北海道を盛り上げるコミュニティです。

  • 利用規約に同意の上ご登録ください。
  • FacebookのIDで簡単に登録できます。登録は無料です。
  • Facebookに設定しているメールアドレスを登録します。お客様のメールアドレスは、北海道Likers運営からの連絡に利用いたします。
Title
Close