北海道情報サイト「北海道ライカーズ」北海道情報サイト「北海道ライカーズ」

what likers

Icon search探す

公開 | チバタカコ

札幌市内で見られるラベンダースポット5選

札幌市内で見られるラベンダー

 
北海道ではそろそろラベンダーが見ごろを迎えます。

ラベンダーと言えば、一度は行きたいのは富良野!

でも、そこまで行く時間がない…という皆さんへ、札幌市内で見られるラベンダースポット5選を紹介します。
 
 

目次

・札幌はラベンダーの穴場
・札幌市南区:東海大学[札幌キャンパス]
・札幌市中央区:幌見峠のラベンダー園 夢工房さとう
・札幌市東区:サッポロさとらんど[札幌市農業体験交流施設]
・札幌市豊平区:さっぽろ羊ヶ丘展望台
・札幌市豊平区:学校法人八紘学園北海道農業専門学校[花菖蒲園]


 

北海道でラベンダーが見たい人、札幌が穴場です

夏の北海道は、あっちもこっちもお花畑が満開!

道外、海外の人はもちろんですが、道産子だって「ラベンダーの時期の富良野は、一回は行ってみたいよね~」と思っているくらい、この時期のラベンダー畑は外せません。


東海大学札幌キャンパスのラベンダー▲東海大学札幌キャンパス

 
道民なら、ドライブがてらラベンダー見物でも…と出かけることができますが、実は、札幌から富良野エリアまでは意外と時間がかかります。
 
例えば、
「ハイランドふらの」があるのは富良野市。
札幌市~富良野市は、116㎞、高速利用で約2時間2分。
 
「フラワーランドかみふらの」があるのは上富良野町。
札幌市~上富良野町は、130㎞、高速利用で約2時間21分。
 
「ファーム富田」があるのは中富良野町。
札幌市~中富良野町は、123㎞、高速利用で約2時間13分。
 
「かなやま湖鹿越園地(ラベンダー畑)」があるのは南富良野町。
札幌市~南富良野町は、153㎞、高速利用で約2時間25分。
 
いずれも片道の時間なので、往復4~5時間は見ておく必要があります。
※距離と時間は、北海道Likersでも紹介した「北の道ナビ」を参考にしています。
 
道外や海外から観光で来道中の人なら、「せっかく富良野まで来たんだから…」と、足を伸ばして旭川の旭山動物園や隣の美瑛町など、周辺もまわりたくなるのが常です。

さらに、一泊二日、二泊三日と、限られた時間の中で、見て回りたい、行きたいところは山ほどあるでしょう。
 

サッポロさとらんどのラベンダー▲サッポロさとらんど
 

観光で来道する人たちは、たいてい札幌を拠点にあれこれプランを練るはずです。
 
そこで、北海道Likersから提案。
 
「北海道でラベンダーが見たい!でも富良野まで往復する時間が取れない」という皆さんのために、札幌市内でたっぷり堪能できるラベンダースポットを厳選して紹介します。
 
もちろん札幌・近郊の皆さんも、週末はラベンダーを見に出かけませんか?

 

札幌市南区:東海大学[札幌キャンパス]

東海大学[札幌キャンパス]では、キャンパス正門脇のラベンダー畑を一般公開しています。大学キャンパスにラベンダー畑があるなんて、北海道ならではでしょ!


東海大学[札幌キャンパス]のラベンダー
 

実は、東海大学がある札幌市南区南沢は、日本におけるラベンダー商用栽培発祥の地。

それを広く伝え、ラベンダーを介して地域との繋がりを深めることを目的として、2002年度から2004年度までの3年間にわたり、「ラベンダーキャンパス化計画」を実施しました。
 

東海大学[札幌キャンパス]のラベンダー

 
現在は植栽面積 約1,666㎡の敷地に、3種類2,630株のラベンダーが栽培されています。

 
東海大学[札幌キャンパス]
●所在地:札幌市南区南沢5条1-1-1
●TEL:011-571-5111
●公開時期:7月1日(日)~31日(火) 9:00~16:00(土日も解放)
●入場料:無料
●駐車場:学生駐車場(無料)
●その他:来場時は守衛所にお立ち寄りください
●交通アクセス:
・市営地下鉄南北線「真駒内」駅より「じょうてつ」バス(南96番または環96番)乗車約20分、「東海大学前」停下車徒歩すぐ
※ICカード乗車券(SAPICA・Kitaca・Suicaなど)利用可
・札幌駅から車で約35~40分
●関連リンク
南沢ラベンダーまつりfacebook
東海大学札幌キャンパスfacebook

 

札幌市中央区:幌見峠のラベンダー園 夢工房さとう

幌見(ほろみ)峠は、札幌の円山~盤渓(ばんけい)ルートにある峠で、札幌市街を見渡すことができるビュースポットです。
 
日中はもちろんですが、ここから見る札幌の夜景は言葉にできない美しさ。

デートスポットとしても人気の場所です。
 

幌見峠のラベンダー園 夢工房さとう

 
幌見峠のラベンダー園 夢工房さとうは、1987年に120株のラベンダーを植えたところから始まり、今では約5000株のラベンダーが咲き誇ります。
 
札幌市街の景色とラベンダーを一緒に楽しめるだけではなく、ラベンダーの刈り取りも体験(有料)できます。

 
幌見峠のラベンダー園 夢工房さとう
●所在地:札幌市中央区盤渓471番地110(幌見峠頂上)
●TEL:011-622-5167
●公開時期:7月中旬~8月上旬 9:00~17:00
●入園料:車500円(駐車料金込み)、人:無料
●幌見峠展望駐車場
・営業期間:4月1日~11月30日
気象状況により変更があります。
詳しくは電話でお問い合わせください。
・営業時間:ゲート式清算システムにより24時間営業
※ゲート式清算システムに伴い、オートバイ・自転車の入場ができなくなりました。
また、徒歩での入場は、9:00~17:00まで。
・駐車料金:昼の部 03:00~17:00まで:500円、夜の部 17:00~03:00まで:800円
●刈り取り料金:500円から(株の大きさにより異なります)
●交通アクセス
・市営地下鉄東西線「円山公園」駅から車で約10分。
※円山西町簡易郵便局前の信号で、右手の細い道へ。
●関連リンク
幌見峠のラベンダー園 夢工房さとう
 
 

札幌市東区:サッポロさとらんど[札幌市農業体験交流施設]

サッポロさとらんど(以下、さとらんど)の正式名称は「札幌市農業体験交流施設」。

農業体験や動物との触れ合い、四季折々の花が咲くガーデンを散策したり、レンタルサイクルで園内を回ったり、炊事広場でバーベキューなどが楽しめる田園テーマパークです。
 

サッポロさとらんどのラベンダー
 

サッポロさとらんど
 

さとらんどのほぼ真ん中あたりにあるのが、ラベンダーの丘です。6月下旬からの土日13:00から、ラベンダー摘みの収穫体験もできます。
 
サッポロさとらんど[札幌市農業体験交流施設]
●所在地:札幌市東区丘珠町584-2
●TEL:011-787-0223
●開園時間
4月28日~9月30日  9:00~18:00
10月1日~4月26日  9:00~17:00
●休園日
 夏期4月28日~11月3日 無休
 冬期11月4日~4月26日 月曜日  (祝日はその翌日)
年末年始(12/29~1/3) 
※センター以外の建物は冬期閉鎖。
●駐車場:無料
第1駐車場 242台収容
第2駐車場 263台収容(冬期間閉鎖)
第3駐車場 135台収容(冬期間閉鎖)
第4駐車場 318台収容(冬期間閉鎖)
第5駐車場 503台収容(冬期間閉鎖)
第6駐車場 347台収容(冬期間閉鎖)
●交通アクセス
・市営地下鉄東豊線「環状通東」駅より中央バス東61番「中沼小学校通」行乗車約20分、「丘珠高校前」停下車、徒歩約10分でサッポロさとらんど
・市営地下鉄東豊線「新道東」駅より中央バス東76番「中沼小学校通」行乗車約15分、「丘珠高校前」停下車、徒歩約10分でサッポロさとらんど
・市営地下鉄南北線「北34条」駅より中央バス東76番「中沼小学校通」行乗車約20分、「丘珠高校前」停下車、徒歩約10分でサッポロさとらんど
※ICカード乗車券(SAPICA・Kitaca・Suicaなど)利用可
・札幌駅から車で約30分
●関連リンク
サッポロさとらんど[札幌市農業体験交流施設]

 

札幌市豊平区:さっぽろ羊ヶ丘展望台

右手を真っ直ぐに伸ばしたクラーク博士の銅像があることで有名なさっぽろ羊ヶ丘展望台。

北海道らしい雄大な景色が楽しめる、市内有数の観光スポットです。
 

羊ケ丘展望台のラベンダー
 

さっぽろ羊ヶ丘展望台は、ラベンダー観賞だけではなく、「ラベンダー刈り取り体験」も楽しめます。

今年のイベント期間は2018年7月13日(金)~7月22日(日)。

1,200㎡の畑に満開を迎えた1,000株を越えるラベンダーが、なんと!無料で刈り取り体験できるんですよ。

 
羊ケ丘展望台のラベンダー
 

刈り取ったラベンダーは、無料で持ち帰ることができます。旅の思い出にいかがですか?
 
 
さっぽろ羊ヶ丘展望台
●所在地:札幌市豊平区羊ケ丘1番地
●TEL:011-851-3080
●開園時間
5月~6月:8:30~18:00
7月~8月:8:30~19:00
9月:8:30~18:00
10月~4月:9:00~17:00
●入場料:大人520円、小・中学生300円、未就学児童無料
●駐車場:無料
●交通アクセス
・市営地下鉄東豊線「福住」駅より「羊ヶ丘展望台」(福84・羊ヶ丘線)行乗車約10分
※ICカード乗車券(SAPICA・Kitaca・Suicaなど)利用可
・札幌駅から車で約30分
●関連リンク
さっぽろ羊ケ丘展望台

 

札幌市豊平区:学校法人八紘学園北海道農業専門学校[花菖蒲園]

学校法人八紘学園北海道農業専門学校[花菖蒲園]は、札幌市内では「八紘学園(はっこうがくえん)」という呼び名で親しまれています。

「自耕自拓」を柱に置いた実践的な学習をする2年制の学校で、農業分野を自分の仕事にしてみたいという人たちが通っています。
 

八紘学園のラベンダー
 

花菖蒲園は、農作業実習の一環として、学生が中心となって管理しています。

その名の通り、2haの広大な敷地に約450種類、7万株の花菖蒲が6月末から咲き始め、満開期はまさに絶景!

見事な花菖蒲はもちろんですが、7月上旬からはラベンダーも見ごろを迎えます。
 
学校法人八紘学園北海道農業専門学校[花菖蒲園]
●所在地:札幌市豊平区月寒東3条11丁目3
●TEL:011‐851‐2500(開園案内専用)、011-851-8236
●開園期間:2018年7月7日(土)~7月16日(月・祝)8:30~17:30
●定休日:期間中は無休
●入場料:大人400円、小人100円
●交通アクセス
・市営地下鉄東豊線「福住」駅2番出入口より徒歩10分
※ICカード乗車券(SAPICA・Kitaca・Suicaなど)利用可
・札幌駅から車で約25分
●関連リンク
学校法人 八紘学園 北海道農業専門学校
 
 
夏の北海道の青空とラベンダーの組み合わせは、史上最強と言ってもいいくらい相性抜群の風景です。

ベストショットが撮影できたら、ぜひ「#hokkaidolikers」を付けてInstagramに投稿してください。
北海道LikersのInstagramのインスタグラムはこちら

\見たい!見るべき!と思ったら「なまらいいね!」/

この記事をSNSでシェアしよう!
  • 札幌市内で見られるラベンダースポット5選
  • Google+

FacebookのIDを利用して、北海道Likersへ登録します。

北海道Likersは、北海道を愛する皆さんと北海道を盛り上げるコミュニティです。

  • 利用規約に同意の上ご登録ください。
  • FacebookのIDで簡単に登録できます。登録は無料です。
  • Facebookに設定しているメールアドレスを登録します。お客様のメールアドレスは、北海道Likers運営からの連絡に利用いたします。
Title
Close