北海道情報サイト「北海道ライカーズ」北海道情報サイト「北海道ライカーズ」

what likers

Icon search探す

公開 | さとうふみえ

酪農家のこだわりご当地牛乳「北海道くんねっぷ牛乳」訓子府町

訓子府町「合同会社ミルククラウン」の「北海道くんねっぷ牛乳」


北海道に限らず、ご当地グルメやご当地スイーツなどのご当地○○って、なぜか心惹かれる言葉ですよね♪

今回ご紹介するのは、オホーツク地方訓子府(くんねっぷ)町のご当地牛乳です。
地元の酪農家2人が設立した合弁会社が製造販売する「北海道くんねっぷ牛乳」の美味しさと、牛乳に秘める想いを探ってきました!
 

訓子府町「合同会社ミルククラウン」とは?

訓子府町で酪農を営む2人が2015年2月に設立した「合同会社ミルククラウン」。
 
代表を務める濱野和弘さんと共同経営者である織田 賢(まさる)さんが、牛乳を軸に将来を見据えたビジネス展開をしていくことで意見が一致し、会社を設立することになりました。


訓子府町「合同会社ミルククラウン」のロゴ▲ミルククラウンのロゴはMが笑顔になっています


会社のコンセプトは、「100年先まで、牛乳を笑顔でつなぐ」。
 
社名の由来は、牛乳を1滴落とした時にできる王冠のような形のミルククラウンで、「形も綺麗だけど、あの広がる感じがいい」と2人で決めました。


訓子府町「合同会社ミルククラウン」の「北海道くんねっぷ牛乳」▲「北海道くんねっぷ牛乳」のパッケージには、牛とその世話をする酪農家が描かれ、インスタ映えしそうなデザインの中にもご当地らしい雰囲気があります(写真提供:合同会社ミルククラウン)


「合同会社ミルククラウン」の軸となる事業は、こだわりのご当地牛乳「北海道くんねっぷ牛乳」の製造販売。


訓子府町「合同会社ミルククラウン」濱野牧場▲自分たちが育てている牛の生乳を、風味そのままの美味しい牛乳として届けたい想いで「北海道くんねっぷ牛乳」を製造販売しています(写真提供:合同会社ミルククラウン)
 

現在、生乳を殺菌する作業は網走市のミルクプラントに委託していますが、将来は自社のミルクプラントでその作業を行うことが「合同会社ミルククラウン」の大きな目標でもあり課題です。


訓子府町「合同会社ミルククラウン」のキッチンカー「ミルククラウン号」▲キッチンカー「ミルククラウン号」

こだわりの牛乳を作るには、それなりのコストもかかります。
「あまり利益は気にしていないけれど、事業として続けるにはそれなりの利益も必要です」と濱野さん。
 
「ミルククラウン号でソフトクリームと飲み物を販売することも、美味しい牛乳を作り続けるためには欠かせない事業の一環です」
 

生乳の風味たっぷり「「北海道くんねっぷ牛乳」

牛乳が苦手な人は、牛乳の何が苦手なのか?
その理由は人それぞれ違いますが、牛乳の「乳臭さ」が苦手という人も多いのだとか。


訓子府町「合同会社ミルククラウン」の「北海道くんねっぷ牛乳」▲牛乳が好きな人にとっては、牛乳の「乳臭さ」ってピンとこないし、逆にそれがいい!というい意見もあるかも知れませんね


私たちが普段飲んでいる牛乳は、生乳を殺菌処理したもの。
殺菌処理にはいくつか種類があり、120~150℃で1~3 秒間殺菌処理する「超高温瞬間殺菌」というものが一般的です。
 
「生乳には乳臭さがなく、飲みやすいんだよ」と濱野さん。
では、牛乳の「乳臭さ」はどこからくるのでしょうか?
あれは、牛乳の「超高温瞬間殺菌」時にでる焦げ臭なんだそうです!


訓子府町「合同会社ミルククラウン」の「北海道くんねっぷ牛乳」は低温殺菌牛乳▲「北海道くんねっぷ牛乳」にも「あじわいさわやか低温殺菌」と書かれています


最近牛乳パックに「低温殺菌牛乳」と書かれているものが多く見られるようになったと思いませんか?

「低温殺菌牛乳」とは、62℃~65℃で30分間殺菌する「低温長時間殺菌」された牛乳のこと。
 
実は、「低温長時間殺菌」された牛乳は、生乳に一番近い味がするそうです。
「北海道くんねっぷ牛乳」は、「低温長時間殺菌」された牛乳なので、「乳臭さ」が苦手な人でも飲める牛乳なのかも知れませんね。
 

キッチンカー「ミルククラウン号」で食べたい!ソフトクリーム

日本でも、キッチンカーと呼ばれる移動販売車をよく見かけるようになり、最近見かけるキッチンカーはお洒落なものも多いですよね。


訓子府町「合同会社ミルククラウン」のキッチンカー「ミルククラウン号」▲「合同会社ミルククラウン」の「ミルククラウン号」も、そんなお洒落なキッチンカーの一つです!


あまりにも可愛らしく仕上がっているので、「変な話、これって動くんですか?」と質問したところ、「ちゃんと動きますよ~、車検もしっかり受けてますよ」と笑いながら話す濱野さん。


訓子府町「合同会社ミルククラウン」のキッチンカー「ミルククラウン号」メニュー▲メニューは、「北海道くんねっぷ牛乳」を使ったソフトクリームと、クリームソーダやコーヒーフロートといった飲み物が中心

 
訓子府町「合同会社ミルククラウン」キッチンカー「ミルククラウン号」のソフトクリーム▲やっぱり一番人気はソフトクリーム!(写真提供:合同会社ミルククラウン)


「低温長時間殺菌」された牛乳で作るソフトクリームは、コクがあるけどさっぱりしているのが特徴。

牛乳が好きなら、甘ったるいソフトクリームが苦手な人にもおすすめです。


訓子府町「合同会社ミルククラウン」キッチンカー「ミルククラウン号」ソフトクリーム▲カップ入りもあります


「北海道くんねっぷ牛乳」の販売は、今のところ地元に限られていますが、「ミルククラウン号」がイベント先に出向く際には、数に限りはあるけれど販売用として用意しているそうです。
 
「ミルククラウン号」での販売場所は、主に町内とオホーツク管内ですが、お声がかかれば北海道内のかなり遠くまで足を運ぶこともあるのだとか。
見つけたらぜひ立ち寄ってみてくださいね!

●「北海道くんねっぷ牛乳」販売場所
・シティマート訓子府店
・Aコープ訓子府店
・コミュニティプラザParabo(パラボ)まちきた大通りビル(北見市)
 
●「ミルククラウン号」(「合同会社ミルククラウン」のFacebookで告知)
・シティマート訓子府店駐車場(5月~9月末頃まで):毎週火曜日11:00~16:30(変動あり)
・北海道内各イベント

関連リンク

合同会社ミルククラウンFacebook

\食べたい!食べるべき!と思ったら「なまらいいね!」/

この記事をSNSでシェアしよう!
  • 酪農家のこだわりご当地牛乳「北海道くんねっぷ牛乳」訓子府町
  • Google+

FacebookのIDを利用して、北海道Likersへ登録します。

北海道Likersは、北海道を愛する皆さんと北海道を盛り上げるコミュニティです。

  • 利用規約に同意の上ご登録ください。
  • FacebookのIDで簡単に登録できます。登録は無料です。
  • Facebookに設定しているメールアドレスを登録します。お客様のメールアドレスは、北海道Likers運営からの連絡に利用いたします。
Title
Close