北海道情報サイト「北海道ライカーズ」北海道情報サイト「北海道ライカーズ」

what likers

Icon search探す

公開 | 宮永 明子

第18回「情熱の仕事人」トークセッションレポート!

横浜ベイクウォーター「北海道 空の下 BEER GARDEN」で開催の「情熱の仕事人」トークセッションスピーカーの旭川ラーメン「梅光軒」の2代目で株式会社オーシャン代表の井上雅之さんと、株式会社グリーンストーリープラス代表取締役の林真由さん
 

北海道Likersのインタビューシリーズ「情熱の仕事人」連動企画、トークセッションを、横浜ベイクウォーター内「北海道 空の下 BEER GARDEN」のオープニングセレモニー当日の5月25日に開催しました。
 
会場となった「北海道 空の下 BEER GARDEN」は、北海道から生まれた様々な食材を、横浜の空の下で味わってもらい、「北海道を身近に感じていただこう」というコンセプトでオープンした期間限定のスポット。北海道直送の食材を使用したこだわりのバーベキューなどが堪能できます。


​「北海道 空の下 BEER GARDEN」オープニングセレモニーの様子▲オープニングセレモニーの様子
 
オープニングセレモニーは招待制で開催。第一部のセレモニーの後、トークセッションがスタート!
 
スピーカーにお迎えしたのは、横浜ベイクウォーター内「北海道 空の下 BEER GARDEN」を運営する旭川ラーメン「梅光軒」の2代目で株式会社オーシャン代表の井上雅之さんと、食べもの付き情報誌「北海道食べる通信」編集長で株式会社グリーンストーリープラス代表取締役の林真由さんです。
 

横浜ベイクウォーター「北海道 空の下 BEER GARDEN」で開催の「情熱の仕事人」トークセッションスピーカーの旭川ラーメン「梅光軒」の2代目で株式会社オーシャン代表の井上雅之さんと、株式会社グリーンストーリープラス代表取締役の林真由さん▲旭川の食を発信する井上さん(左)と北海道の生産者と消費者をつなぐ林さん(中央)。北海道の食の発信に欠かせないお二人のトークセッションが始まりました
 
 

北海道・旭川の食を道外、海外へ向けて発信する夢は着々と実現

まずはお二人のプロフィール紹介の後、話題はトークセッションに二度目の登場となる井上さんの近況から。
2016年3月に会場となった横浜駅直結のショッピングモール「横浜ベイクォーター」に、北海道食材を鉄板焼きで味わう「北海道ファインダイニング カムイ」をオープン。また、ハワイにも梅光軒のホノルル店をオープンしました。みなとみらいランドマークタワーにも「ばいこうけん 横浜」があります。


​有限会社梅光軒、株式会社オーシャン代表取締役の井上雅之さん▲有限会社梅光軒、株式会社オーシャン代表取締役の井上雅之さん。1973年、旭川市生まれ。旭川南高を卒業後に単身渡米。ロサンゼルスの大学でマネジメントとマーケティングを学び、帰国後、家業に就く。旭川市に本店を構える梅光軒を世界に向けて発信。旭川の食と世界をつなげ、国内外に多数の店舗を展開し、また新業態店も経営
 
 

生産者と食材への情熱を一冊の情報誌にのせて

続いて、株式会社グリーンストーリープラス 代表取締役 林 真由さんのご紹介。飲食店経営にあたりながら、2015年6月に雑誌と食材がセットになった「北海道食べる通信」を創刊した経緯についても横浜の皆さんにPR。 
 

株式会社グリーンストーリープラス 代表取締役 林 真由さん▲株式会社グリーンストーリープラス 代表取締役 林 真由さん。1979年生まれ、帯広市出身。ヤフーを経て、2005年十勝毎日新聞社に入社。06年より、新規事業として東京・銀座コリドー街に立ち上げた「お取り寄せダイニング 十勝屋」の運営にあたり、2015年6月には「北海道食べる通信」を創刊、編集長に就く。北海道フードマイスター、ジュニア野菜ソムリエ
 

「北海道 空の下BEER GARDEN」でのトークセッション

 
雑誌には生産者のストーリーや情熱、そして、その生産者のエリアの観光情報なども組み込まれています。今まで印象に残った取材にも触れ、北海道の生産者や食材、それを育んだその土地の魅力になどを語りました。

 
「北海道 空の下 BEER GARDEN」プレオープンの様子▲日も暮れて、ビヤガーデンの雰囲気も盛り上がってきました
 

北海道の食の魅力をお届けする横浜の夏

そして話は「北海道 空の下 BEER GARDEN」への想いへ・・・。
 
「北海道 空の下 BEER GARDEN」一番のスペシャルメニューのお肉の話題に。
6月いっぱいは十勝和牛を、そして、7月以降はさらにスペシャルな和牛を用意しています。なんと、このビヤガーデンのために北海道産黒毛和牛を一頭買いしたことを発表!しかも5頭も!
 
「北海道 空の下 BEER GARDEN」オープニングレセプションで提供されたお肉メニュー
「北海道 空の下 BEER GARDEN」オープニングレセプションで提供されたお肉メニュー▲レセプションでは十勝和牛の特上ロースや上カルビ、北海道の牧場フランクとベーコンなどのお肉メニューが登場。無煙炭火バーベキューグリルで召し上がれます
 

井上さんは、一頭が700kgほどにふくよかに育っていること、きちんとトレーサビリティにより管理されていることを報告しました。北海道の冷涼なおいしい空気とおいしい水、牧草を食んで生後33ヶ月ほどに健康的に育った、一般消費者が食べることができないスペシャルな黒毛和牛が、今まさにすくすくと育っているそうです。
 

「北海道 空の下 BEER GARDEN」オープニングレセプションで提供された野菜メニュー「北海道 空の下 BEER GARDEN」オープニングレセプションで提供された野菜メニュー▲レセプションメニュー。今が旬の北海道産の野菜サラダや豆類の生産で有名な芽室町の枝豆(上)、そして、東神楽町からその日の朝に採れたアスパラが焼き野菜として提供されました(下)
 
 
レセプションのこの日は東神楽町のアスパラが焼き野菜として提供され、参加者の皆さんはその甘みに驚いていました。北海道のアスパラは産地によって味わいが違います。アスパラの時期には週に何度か足を運んでいただくとアスパラの食べ比べもできるかもしれません。北海道の人でもなかなかない体験ですよ!


「北海道 空の下BEER GARDEN」でのトークセッションの様子▲セッションの後半、食材の産地の話に及び、旭川市、東神楽町、美瑛町の市町村の担当者が食材や観光など、町のPRをする一幕もありました
 

 「北海道 空の下 BEER GARDEN」のデザートメニュー「京都辻利兵衛の抹茶と北海道ミルクのコラボアイス」▲京都辻利兵衛の抹茶と北海道ミルクのコラボアイス。贅沢濃厚な大人のアイスです
 

さらに井上さんは「今回、林さんともご縁をいただいたので、十勝もメンバーに加わってもらって、オール北海道で『北海道 空の下 BEER GARDEN』を盛り上げていきたいなと思っています」と続けました。
 
それを受け、林さんは「十勝はチーズがとてもおいしいので、とろけさせて作るラクレットチーズを使ったメニューを考えています。バーベキューでグリルができたらとってもおいしいだろうなぁと。十勝には十勝川温泉という有名な温泉があって、お肌がつるつるになる泉質のモール温泉なんです。モール温泉の温泉水でチーズを洗うことによって、よりおいしい熟成をかける手法モールウォッシュのチーズを、今、十勝では売り出しています。ぜひ、ここで提供されることをお手伝いできたら・・・」と想いを語りました。
 

「北海道 空の下BEER GARDEN」でのトークセッション


スピーカーの食に対する情熱に来場者は耳を傾け、また、井上さんの軽快なトークで随所に笑いがある和やかなトークセッションとなりました。

そして、井上さんは「ビヤガーデンといえば、気心知れた仲間やその日あった人たちと箸をつつきあいながら夢や想いや時間を共有できる素敵な場所だと思います。そこに北海道のおいしいお肉とお野菜、北海道で生まれたサッポロ生ビール黒ラベルとともに、この夏を楽しく過ごしていただけたらと思っています。これから9月末まで皆さん、よろしくお願いします」と意気込みを語り、締めくくりました。
 

​横浜ベイクウォーター「北海道 空の下 BEER GARDEN」で開催の「情熱の仕事人」トークセッションスピーカーの旭川ラーメン「梅光軒」の2代目で株式会社オーシャン代表の井上雅之さんと、株式会社グリーンストーリープラス代表取締役の林真由さん

 
北海道の食の魅力をさわやかな潮風とともに堪能できる横浜ベイクウォーター「北海道 空の下 BEER GARDEN」は9月30日までの4ヶ月間の開催です。BEER GARDENについての詳細はまたこちらで紹介しますのでお楽しみに!
  
そして、「情熱の仕事人」トークセッションの次回の開催は、北海道Likersでお知らせします。ぜひ、ご来場ください。
この記事をSNSでシェアしよう!
  • 第18回「情熱の仕事人」トークセッションレポート!

Aae34099 853c 4cb7 919c ced078dcaf5f

Writer

宮永 明子

Title
Close