北海道情報サイト「北海道ライカーズ」北海道情報サイト「北海道ライカーズ」

what likers

Icon search探す

公開 | チバタカコ

様似の「尻餅」は、ピンク色の…お尻!?

梅屋の尻餅
 

「尻餅」は、様似町にある「梅屋」の名物お菓子で、その正体は「すあま」(※)。お菓子なのに「お尻」の名を持つ、インパクト抜群の「尻餅」を求めて、様似まで行ってきました。
 
 

目次

・様似町唯一のお菓子屋「梅屋」
・「尻餅」誕生秘話
・あなたは「尻餅」をどうやって食べますか?


 

「梅屋」は様似町唯一のお菓子屋

2015年世界ユネスコジオパークに認定された「アポイ岳ジオパーク」がある様似町は、北海道の下側先端にあるえりも町の左上にある町。「アポイ岳ジオパーク」は、北海道Likersでも紹介しています。

様似には、大昔の火山活動で誕生したダイナミックな奇岩があちらこちらにあり、独特の景観をつくりだしています。

 
様似町の「梅屋」▲様似町の「梅屋」
 

様似町の「梅屋」店内▲梅屋店内
 

人口4,518人(2015年総務省統計局国勢調査より)のこの町に、いま唯一あるお菓子屋が「梅屋」です。

 

「尻餅」誕生秘話

ぷりぷりっとした丸み、触るとむにむにと柔らかく、ちょっと押すとぼよ~んと弾力。そして、ラブリーなピンク色。

「ぷりぷり」だの「むにむに」だの「ぼよ~ん」だの、なんだか擬音ばかりですが、ついついそう言いたくなるのが、梅屋の名物お菓子「尻餅」です。
 

梅屋の店の壁にも、名物「尻餅」▲店の壁にも、名物「尻餅」

 
「尻餅」を考案したのは、梅屋の平田能久さん。「尻餅」誕生について、話をうかがいました。

 
梅屋代表取締役、平田能久さん▲梅屋代表取締役、平田能久さん
 
 
「もう30年以上も前ですが、様似の商工会のメンバーで集まった時、『様似には昆布と海産物しかない、もっと何か別なものはないのか』という話になりました。その時たまたま誰かが『尻餅、尻餅と言うけれど、尻で餅をついたのを見たことがないなー』と言ったのがきっかけです」。
 
その一言から、「何かおもしろいものができるのでないか」と、あれこれ試行錯誤を繰り返したそうです。
 

梅屋代表取締役、平田能久さん▲「胴体をつけたら、いい感じになった」と平田さん
 

「雪や砂にドンと、それこそ尻餅をついてお尻の形をつくってみたりしたけど、その形もなんかおもしろくない。

真ん丸にしてみたら桃みたいで、これもおもしろくない。お尻のように割れ目を入れてみたら、今度はリアルすぎて(笑)。

そこで、お尻だけじゃなく、胴体部分まで入れてみたらどうだろうとやってみて、ようやく今の形ができ上りました」。
 
 
尻餅▲下側がお尻、その上が胴体部分をイメージ
 

そうして誕生したのが「尻餅」です。

 

あなたは「尻餅」をどうやって食べますか?

「尻餅」のパッケージには、銘菓ならぬ「迷菓」とあります。
 

尻餅とパッケージ▲尻餅
 

「すあまの中に、餡を入れなかったのはなぜですか?」と尋ねたら、

「そりゃあんた!お尻っぽいのをかじって、中から何か出てきたら気持ち悪いしょ(笑)」と平田さん。
 
…確かに。
 
さらに「袋から出して放っておいたら、毛が生えてくるからね」とも。
 
要するに、「カビが生えますよ」ということですが、ネーミングセンスといい「迷菓」といい、「尻餅」には平田さんのユーモアがいっぱい詰まっているようです。
 
 
梅屋の尻餅▲「ペロっとなめてから食べる、がぶっとかじりつく、食べ方で人格がわかるよ」と平田さんは笑って話してくれました。あなたなら、どう食べる?
 

誕生以来「尻餅」の評判は上々で、今では昆布や海産物と肩を並べて、様似の名物としてすっかり定着しています。
 
「女性にはウケないと思っていたのですが、逆に女性に大人気で、自分のお尻はかわいくないけど、これはかわいい!と言って購入する人が多いです」(平田さん談)。
 

梅屋店内にある尻餅とおしり愛▲「尻餅」と「おしり愛」は、店の一番目立つところにあります
 

「尻餅」が2個セットになった「おしり愛」もあります。これは、「あなたと私はお知り合い」という意味があるそうで、毎年バレンタインシーズンには大人気だそうです。
 
「梅屋」では「尻餅」の他にも、アポイ岳のかんらん岩をモチーフにした「小石クッキー」、クリスマスや誕生ケーキなどもつくっています。昔は、様似町内には数件のお菓子屋があったそうですが、いまは「梅屋」だけ。「うちしかないから、和菓子も洋菓子もなんでもつくらないと(笑)」と平田さん。
 
形とネーミングばかり気を取られそうですが、味は上品な甘さのすあまです。一人で一つ食べたら、結構食べ応えがありますよ。
 
様似方面に行ったら、昆布や海産物と「尻餅」をお土産にするのを忘れずに。

※すあま:上新粉でつくったお菓子

\食べたい!食べるべき!と思ったら「なまらいいね!」/

この記事をSNSでシェアしよう!
  • 様似の「尻餅」は、ピンク色の…お尻!?
  • Google+

FacebookのIDを利用して、北海道Likersへ登録します。

北海道Likersは、北海道を愛する皆さんと北海道を盛り上げるコミュニティです。

  • 利用規約に同意の上ご登録ください。
  • FacebookのIDで簡単に登録できます。登録は無料です。
  • Facebookに設定しているメールアドレスを登録します。お客様のメールアドレスは、北海道Likers運営からの連絡に利用いたします。
Title
Close