北海道情報サイト「北海道ライカーズ」北海道情報サイト「北海道ライカーズ」

what likers

Icon search探す

公開 | 小西 由稀

北海道発で全国初!北海道限定のご当地おみくじ「えぞみくじ」

えぞみくじ6種類


北海道の旅をより楽しくする、こんな“おみくじ”を引いてみませんか? 6種類そろうユニークな北海道のご当地おみくじ「えぞみくじ」が話題になっています。その内容とは…。
 

目次

・ご当地おみくじ「えぞみくじ」って?
・イカすみくじ/湯倉神社(函館市)
・福ざんまいみくじ/金刀比羅神社(根室市)
・富諸来しみくじ/美瑛神社(美瑛町)
・魔鮭福鱒みくじ/帯廣神社(帯広市)
・貝運!一念発起みくじ/樽前山神社(苫小牧市)
・いカニもいいみくじ/北門神社(稚内市)

 

ご当地おみくじ「えぞみくじ」って?

 
えぞみくじは、北海道の若手神職6人が共同で企画したもの。「地域の宝をアピールできるようなおみくじをつくれないか」「地域の方にも旅行の方にも喜んでもらえるものを」「北海道の活性化につながれば」などの思いが込められています。
 
ちなみに、神社間で連携したご当地おみくじは、全国初の試みだそうです。

えぞみくじ6種類

 
特徴は、おみくじとオリジナルの小さな張り子がセットになっていること。
張り子は地域の特産物をモチーフにしていて、語呂合わせで縁起の良いネーミングもユニーク。
 
6つの神社で各々えぞみくじがあり、コンプリートすると全6種類。初穂料はいずれも300円です。
 
引き方も面白くて、釣り竿で釣り上げたり、ラジコンのフォークリフトを使ったりと、おみくじを“漁獲&収穫”でき、遊び心たっぷり!
 
えぞみくじは釣竿やラジコンで引く
 

おみくじの内容にも北海道弁が散りばめられ、幸運の名所や名物ももちろん北海道にちなんだ場所やものばかり。
例えば、「吉」のおみくじの幸運の北海道名物は、「肉厚のホッケの開き」!
 
えぞみくじには北海道弁が
 

引いて面白く、読んで楽しい、しかも旅の思い出、あるいは旅みやげになると、評判を集めています。
 
それぞれのえぞみくじを詳しく見ていきましょう。
 

イカすみくじ/湯倉神社(函館市)

 
「イカの街」として知られる函館。透明でコリコリした食感のイカは、大根おろしとショウガと混ぜ、醤油を回しかけ、炊き立てご飯に乗せてかき込むのが函館流。

函館、湯倉神社のイカすみくじ▲竹製の釣り竿を使って、釣り上げるスタイル
 

となると、張り子のモチーフもやっぱりイカ!白色とゴールドの2色のイカすみくじがあります。

湯倉神社▲御祭神は、大己貴神(おおなむちのかみ=大黒様)と少彦名神(すくなひこなのかみ)
 

「湯倉神社」は、「湯の川温泉」の発祥の地でもあります。湧き湯を発見し、湯治をして病気が治った木こりが祠(ほこら)を建てて安置したのが起源で、湯の川温泉のはじまりです。
 
境内は「湯の川温泉発祥之地碑」や「なでうさぎ神兎」、「開運小槌」など見どころが満載。荘厳な雰囲気の中、湯の川温泉の歴史を存分に感じることができます。
 
■湯倉神社
住所/北海道函館市湯川町2丁目28-1
電話/0138-57-8282
アクセス/電停「函館駅前」から約30分
http://www.yukurajinja.or.jp/
 

福ざんまいみくじ/根室 金刀比羅神社(根室市)

 
根室の花咲港はサンマ日本一の水揚げを誇ることから、またサンマ=三昧(ざんまい)の語呂も良く、モチーフに選んだそうです。
 
福ざんまいみくじ、根室の金刀比羅神社▲ブルーの保冷シート入りの発泡スチロール箱から、釣竿で釣り上げる演出
 

オリジナルで張り子の型を作る際、「当初はシシャモにしか見えなくて大変でした」と、今だからこそ笑える苦労話も。
 
金刀比羅神社▲御祭神は、大物主神(おおものぬし=大黒様)、事代主神(ことしろぬし=恵比寿様)、倉稲魂神(うかのみたまのかみ=お稲荷様)

 
1806年創祀で、北洋漁業開拓者の高田屋嘉兵衛により建立されたのがはじまりといわれています。
 
社務所には「神輿殿・お祭り資料館」も併設し、無料で見学できます。根室の夏を熱く盛り上げる「根室・金刀比羅神社例大祭」(例年8月9日~11日)で実際に使われている御神輿をはじめ、お祭りの写真パネルやポスターを展示しています。
 
■根室 金刀比羅神社
住所/北海道根室市琴平町1丁目4
電話/0153-23-4458  
アクセス/JR根室駅から車で約7分
https://www.nemuro-kotohira.com/
 

富諸来しみくじ/美瑛神社(美瑛町)

 
丘のまち・美瑛は、農産物がおいしい産地。さまざまな野菜が採れるので、ジャガイモやアスパラなどが候補にあがったそうですが、最終的にはトウモロコシに決定!
 
美瑛神社の富書来しみくじ▲ラジコンのフォークリフトを用いて「収穫」。ゲーム感覚で好評
 

トウモロコシは“もろこし”とも呼ばれ、お米同様に「一粒万倍」の意味があることから、富がいろいろとやって来る「富諸来(とみもろこ)しみくじ」のネーミングに。 

美瑛神社▲御祭神は、伊邪那岐神(いざなぎのかみ)、伊邪那美神(いざなみのかみ)
 

明治29年(1896年)、和歌山県から入植した木下四郎氏により、熊野夫須美神社(現・熊野那智大社)から御分霊を受け、祭ったのがはじまりです。
 
本殿正面の社名の上にハートマークの装飾があり、恋愛成就のパワースポットとしても人気。毎年7月には「那智の火祭り」を模した、那智・美瑛火祭りも行われています。
 
■美瑛神社
住所/北海道上川郡美瑛町東町4丁目1−1
電話/0166-92-1891
アクセス/JR美瑛駅から車・バスで約10分
関連サイト/http://www.hokkaidojinjacho.jp/data/06/06017.html
 

魔鮭福鱒みくじ/帯廣神社(帯広市)

 
帯広市がある十勝地方は農業のイメージが強いエリアですが、海沿いでは漁業も盛ん。鮭の漁獲量が多く、生活に欠かせない存在であることから、脂がのった旬の鮭がモチーフに。 
 
帯広神社の魔鮭福鱒みくじ▲市場などで使われていた昔ながらの「とろ箱」を模した木箱に魔鮭福鱒みくじを入れ、竹細工の釣り竿で一本釣りできる。その設定が大人気
 

鮭同様に鱒(マス)も漁獲されるので、「魔を避けて、福を増す」の意味からネーミングは「魔鮭福鱒みくじ」。
魚体の模様や色、形状にこだわって作成。お腹のところにおみくじを入れ、白子やイクラをイメージさせる狙いも!
 
帯広神社▲御祭神は、大國魂神(おおくにたまのかみ)、大那牟遅神(おおなむちのかみ)、少彦名神(すくなひこなのかみ)
 

明治43年(1910年)に札幌神社(現在の北海道神宮)からの御分霊を鎮斎したのがはじまり。約1万坪の緑豊かな境内には、エゾリスや野鳥も生息。参拝中にその姿を見かけることも多くあります。
 
雪印紋と可愛らしい野鳥“シマエナガ”をデザインした御朱印帳、ハート型をしたご神木の桂の葉にちなんだ縁結び絵馬、マンガ「銀の匙 Silver Spoon」に登場した絵馬、珍しい漆黒の御守「大丈夫まもり」など、気になる神社グッズが多いのも特徴。
 
■帯廣神社
住所/北海道帯広市東3条南2丁目1
電話/0155-23-3955
アクセス/JR帯広駅から車で約6分
http://www.obihirojinja.jp/
 

貝運一念発起!みくじ/樽前山神社(苫小牧市)
 

苫小牧といえば、水揚げ日本一のホッキ貝が有名。モチーフは「これしかないでしょう!」と即決。おみくじを二枚貝特有の水管に見立て、斜めに差し入れるようにしたのがポイントです。
 
樽前残神社の貝運一念発起みくじ▲こちらは手で獲る(引く)タイプ
 

開運を貝がもたらす“貝運”に、ホッキから“一念発起”。なるほど、よく考えられたネーミングです。
 
樽前残神社▲御祭神は、大山津見神(おおやまつみのかみ)、久々能智神(くくのちのかみ)、鹿屋野比売神(かやのひめのかみ)
 
霊峰・樽前(たるまえ)山に対する信仰は古く、山麓に祠を設けて祀ったのがはじめ。その後、明治天皇の勅命により、山麓から町の中心地に御移遷。
 
桜並木やツツジの段々畑、シャクナゲ、紅梅と白梅が美しく、晴れているときには社殿前から日高連峰をも望むことができます。7月の例大祭では200店舗を越す露店が境内に出店し、賑わいます。
 
■樽前山神社
住所/北海道苫小牧市高丘6-49
電話/0144-36-6661
アクセス/JR苫小牧駅から車で約5分
http://www.tarumaesanjinja.com/
 

いカニもいいみくじ/北門神社(稚内市)

 
毛ガニをモチーフにしたのが、北海道最北の神社「北門(ほくもん)神社」。6社のトリを飾る2018年1月に頒布がスタート。
 

北門神社のいカニもいいみくじ▲網ですくい獲る「いカニもいいみくじ」
 
海産物で有名な稚内。候補にはタコもあったそうです。デザインと実際の張り子ではイメージが異なり、何度も修正を重ね、現在の丸くかわいらしい形に決定。
 
北門神社▲御祭神は、天照皇大神(あまてらすすめおおみかみ)、武甕槌神(たけみかづちのかみ)、事代主神(ことしろぬしのかみ=恵比寿様)

 

歴史は古く、蝦夷地の開拓が始まった翌年の天明5年(1785年)、北門鎮護の守護神として “宗谷大神宮”という小社を建立したのがはじまりといわれています。
 
北門神社には、全国でも珍しい子どもを抱いた狛犬が神殿を守っています。参拝者が狛犬をなでて子宝に恵まれた…とのご利益も。狛犬をデザインした「子授け守」も人気です。
 
■北門神社
住所/北海道稚内市中央1丁目1-21
電話/ 0162-22-2944
アクセス/JR稚内駅から車で約5分
関連サイト/http://www.hokkaidojinjacho.jp/data/08/08001.html
 
 
6つのえぞみくじをコンプリートすると、大きな福がやって来るとか!?
それぞれの地域を訪ね、お参りして、えぞみくじを引き、モチーフになった名産品を食べる。えぞみくじから始まる旅を楽しんでみませんか?
この記事をSNSでシェアしよう!
  • 北海道発で全国初!北海道限定のご当地おみくじ「えぞみくじ」
  • Google+

F3ea6fa5 2971 4d12 8e62 077dc40dce4f

Writer

小西 由稀

Title
Close