北海道情報サイト「北海道ライカーズ」北海道情報サイト「北海道ライカーズ」

what likers

Icon search探す

公開 | チバタカコ

「北海道レストランバス」~観て、食べて、体験して、いいとこどりのバスツアー

網走バスの北海道レストランバス1
 

「北海道レストランバス」は、道内の観光スポットをバスでまわりながら、バス1階のキッチンでつくった料理を2階の客席で食べ、北海道ならではの体験もできちゃう!という、いいとこどりのバスツアーです。
 
 

「北海道レストランバス」とは

「北海道レストランバス」は、天井一面がオープンカーのようにバーン!と開くオープントップの2階建てのバス。


北海道レストランバス▲2階建ての北海道レストランバス
 

バスの1階にはキッチンがあり、シェフがそこで調理。そして2階が客席で、1階でつくったできたて料理を食べながら、道内の道内観光を楽しめるのが北海道レストランバスツアーです。


レストランバスのキッチンで料理をする ▲1階にはキッチンがあります


これまで、沖縄、新潟、東京、熊本、京都、島根、香川など、全国各地で運行を実施してきたので、「乗ったことある!」「見たことある!」という人も多いかもしれません。
 
「北海道レストランバス」を運営しているのは、網走市に本社がある網走バス株式会社。実は昨年が北海道初上陸で、2017年7月から9月まで、札幌・美瑛・網走でトライアル運行を実施し、大好評だったそう。
 
その「北海道レストランバス」が、2018年5月18日(木)~9月30日(日)までの期間、札幌・網走の各方面を走ります。
 
 

「北海道レストランバス」はどこを走るの?
どんな料理が食べられるの?
何が楽しめるの?

「北海道レストランバス」が走るのは、札幌エリアと網走エリア(函館エリアはすでに終了)。
札幌エリアのコースをちょこっと紹介すると…
 
・「小樽を満喫しよう!運河とワインのフルコースランチツアー」
札幌駅北口発→朝里ダムを見学→小樽の北海道ワイン(試飲ができてプレゼントもある!)→小樽運河→札幌駅北口着
料金:一人11,800円
 
・「これぞ北海道!! 収穫体験付きランチツアー」
札幌駅北口発→恵庭の吉田農場で収穫体験→ゆにガーデン→札幌駅北口着
料金:一人9,800円
 
・「素敵な夜をお酒片手に盛り上がろう!BeerNight Restaurant Bus!」
札幌駅北口発→夜の札幌市内を周遊(車窓)→札幌駅北口着
料金:一人3,980円
 
など、人気のスポットをおいしい料理を味わいながら満喫できるツアーがラインナップ。
 
札幌エリアの料理を担当するのは、5~7月が、2018年8月に札幌ガーデンパレスホテルにフレンチレストラン「富良野亭」をオープンする(株)P’sダイニングの橋本昇シェフ。


北海道レストランバスの1階はキッチン▲1階のキッチンで作業をする(株)P’sダイニングの橋本昇シェフ


レストランバスで提供される料理の一例▲5~7月に提供される料理

 
8~9月が、札幌市内でイタリアンレストラン「braceria Bar Brio」「osteria Bava」の2店舗を展開する(株)レジスタ(代表取締役 野々宮朋幸)の根田和也シェフ。
 
詳しいコース内容などは、網走バス「北海道レストランバス」のホームページをチェックしてみてください。
 

「北海道レストランバス」に試乗してみた

先日、札幌の羊ヶ丘展望台で「北海道レストランバス」のお披露目会&試乗会が行われました。
 
お披露目にあたり、網走バス代表取締役の小澤友基隆さんは「北海道には、すばらしい景色、食材が揃っている。北海道こそレストランバスはふさわしいと思う。道外の観光客はもちろんですが、ぜひ地元の方にいつもと違う目線で観光と食を楽しみながら、地元の良いところを再認識してもいたい」とあいさつ。
 

網走バス代表取締役の小澤友基さん▲網走バス代表取締役の小澤友基隆さん


「北海道の食材の魅力をぞんぶんに引き出す料理を提供したい。そして、皆さんに喜んでもらいたい」と話してくれたのは橋本昇シェフ。


橋本昇シェフ▲橋本昇シェフ
 

また、レストランバスを開発し移動と食を融合した事業を展開しているWILLER(株)執行役員の宿谷勝士さんは「オープントップのバスから見る絶景、地元の食材、それを料理するシェフなど、たくさんの人たちに体験して楽しんでもらいたい」と語ってくれました。


WILLER(株)執行役員の宿谷勝士さん▲WILLER(株)執行役員の宿谷勝士さん

 
せっかくなので北海道Likers編集部も試乗してきましたよ!
 
2階の客席は対面式で、移動しながら飲食をするので、さまざまな工夫がされています。


レストランバスの2階▲2階の客席


レストランバス客席のワイングラス立て▲移動するバスの中でも、これならグラスが固定されて安心! 



レストランバスのタブレット▲座席にセットされている専用タブレット。これで、ビール(サッポロクラシック)やワインをオーダーしたり、観光案内も見ることができます


レストランバスの2階の様子▲普通のレストランのように料理が運ばれてきます

 
通常の観光バスと違い、2階建てバスは、車窓からの目線がまったく違いました。道路標識や街灯、信号などは、ちらっと視線を上げるだけのほぼ垂直目線。
見慣れた札幌市内の景色が、とても新鮮に映りました。


レストランのオープントップを開けた様子▲オープントップを開け放すと、こんな感じに

 
そして、なんといってもオープントップの天井が、開放感たっぷり!
これは気持ちがいい!そして、晴天なら間違いなくインスタ映え!


オープントップとワイングラス▲試乗した時は残念ながらワインではなく水だったのですが、ちょっとインスタ映えをイメージしてみました

 
信号で停まると、「なに!?このバス」「なんでバスの中でワイングラス持ってるの?」と道行く人たちの視線を集めます。注目度は抜群です。
 
約1時間の試乗会でしたが、取材を忘れるくらい大満足!友人同士はもちろん、カップルで、家族で、道外からのお客さんへのサプライスになど、自分ならどうやって楽しもう♪とワクワクしました。
 
人気のスポットを観光できて、おいしい料理が食べられて、しかも楽々バスツアー。5月~9月の期間限定なので、興味のある人はぜひ早目の予約を!
申し込み・問い合わせは、網走バスのホームページから。
 
 

関連リンク

網走バス「北海道レストランバス」

 

\行きたい!行くべき!と思ったら「なまらいいね!」/

この記事をSNSでシェアしよう!
  • 「北海道レストランバス」~観て、食べて、体験して、いいとこどりのバスツアー
  • Google+

FacebookのIDを利用して、北海道Likersへ登録します。

北海道Likersは、北海道を愛する皆さんと北海道を盛り上げるコミュニティです。

  • 利用規約に同意の上ご登録ください。
  • FacebookのIDで簡単に登録できます。登録は無料です。
  • Facebookに設定しているメールアドレスを登録します。お客様のメールアドレスは、北海道Likers運営からの連絡に利用いたします。
Title
Close