北海道情報サイト「北海道ライカーズ」北海道情報サイト「北海道ライカーズ」

what likers

Icon search探す

公開 | 宮永 明子

野菜やフルーツ本来のおいしさを味わえる札幌の街角の止まり木、「KOTORI JUICE STAND」

「KOTORI JUICE STAND」のコールドプレスジュース

 
北海道産のフレッシュな野菜やフルーツが色とりどりのジュースに変わっていく!

「北海道の自然の恵みをチャージして元気が湧いてくる」とリピーターも多いおしゃれなジューススタンド、地下鉄大通駅直結の「KOTORI JUICE STAND」に行ってきました。
 

おいしくて、しかも、健康的なジュースに目がない皆さんにおススメ!ここは、北海道産の野菜やフルーツを、ゆっくり、丁寧に搾って、素材のやさしい甘さや爽やかな香りを活かしたフレッシュジュースが自慢のショップ!

季節によって採れないものがありますが、できる限り北海道産のものを使っています。


「KOTORI JUICE STAND」のスタッフ▲店名の由来は、「ほっと一息つける止まり木のようなお店になるように」との想いから。お店のスタッフの雰囲気もとても感じが良いのも素敵
 
 

色鮮やかな見た目も楽しめるメニューが常時10種類

厳選した果実のみで作られる純度100%の「プレミアムジュース」、

素材のおいしさを丁寧にしぼった濃厚な味わいの「コールドプレスジュース」、

栄養素を豊富に含む素材を使ったオリジナルミックス「ヘルシージュース」、

北海道産のゆめぴりかの米こうじを使用した「スムージー&パフェスムージー」のラインナップから、常時10種類のメニューを用意しています。
 

テイクアウトはもちろん、奥に3席ほどのスペースがあるのでゆっくりとくつろぎながら味わうこともできます。
 

「KOTORI JUICE STAND」のパフェスムージー▲パフェスムージー。(左から)いちじくとパイン、ふたつのベリー、ドラゴンフルーツとキウイ(写真提供/「KOTORI JUICE STAND」)

 

「地元に貢献したい!」から始まったジューススタンド

もともと、建設資材の会社を経営している堀松産商株式会社 代表取締役の堀松さんが、新しい分野で、地元の留萌に貢献しようと思ったのがきっかけ。
 
堀松社長の奥さんは、

「味は変わらないのにキズがついていて市場に出回らない農作物がたくさんあると聞いて、もったいないと思ったんです。フレッシュジュースに有効活用できないかなぁと」。
 
メニューには、留萌エリアを中心とした北海道の生産者が丹念に育てた野菜やフルーツを使用しています。
 
 
「KOTORI JUICE STAND」の素材の生産者▲素材の生産者。(左から)JA苫前町(苫前町)、原谷農園(北見市)、北るもい漁業協同組合(羽幌町)、川越農場(雨竜町)(写真提供/「KOTORI JUICE STAND」)
 

JA苫前町は、健康な土づくり、化学肥料の低減といったクリーン農業に取り組み、「とままえメロン」や「くりあじかぼちゃ」などのブランド野菜が有名です。

そして、原谷農園のにんじんは、20年以上にわたって研究を重ねながら栽培してきた栄養価の高いにんじん。通常のにんじんに比べて圧倒的なβカロテン含有量を誇ります。
 

味はもちろん、栄養価やクリーン農業へのこだわりなど、確かな素材選びには努力を惜しみません。今では、エリアを限定せず、生産者の畑まで足を運んでいます。

 

添加物や合成着色料は一切使用しません!

健康管理士の資格を持つ堀松社長の奥さんの「ここだけは譲れない!」というこだわりは、添加物や合成甘味料を一切使用しないこと。

使用しているもので甘味と呼べるものは、札幌で採れたはちみつだけです。

とにかく安心して飲んでもらいたい、飲んで健康になってほしいという想いがあるそうです。
 

 「KOTORI JUICE STAND」のハスカップスムージーとにんじんジュース▲ハスカップスムージー(左)と原谷農園のにんじんジュース(右)
 

写真右の北見市留辺蘂・原谷農園のにんじんのコールドプレスジュースの使用食材はにんじん、りんご、レモンのみ。にんじん独特の臭みはせず、にんじんとりんごの自然の甘さを感じられる贅沢な一杯でした。
 

成分に注目しながらおいしく仕上げるお店オリジナルのヘルシージュース

「ヘルシージュース」は、栄養素を豊富に含む素材を使ったお店のオリジナルミックス。

メニュー開発には、まず、体に良い素材が前提。

組み合わせは必ずしも相性が良いとはいえないものも積極的にチャレンジし、量を整えながら、ハーブなどで飲みやすくします。


健康的な飲み物で、しかも美味しいのはとても嬉しいですね。
 

​「KOTORI JUICE STAND」のヘルシージュース▲ヘルシージュース。(左から)はちみつジンジャー、小松菜スペシャル、黒にんにくセサミ(写真提供/「KOTORI JUICE STAND」)
 

ツートーンスムージーのオススメの味わい方は?

筆者の個人的なおススメは新感覚の味わいを楽しめるスムージー!野菜やフルーツの自然なおいしさを活かすため、北海道産ゆめぴりかの米こうじからつくった甘酒を使用しています。

もちろん、こちらも、無添加、無加糖、アルコールゼロ。米こうじのやさしい甘さがフレッシュジュースと相性抜群です。
 

 「KOTORI JUICE STAND」のスムージー▲スムージー。(左から)いちご、キウイ、ブルーベリー(写真提供/「KOTORI JUICE STAND」)
 
 
こちらのスムージーの通な味わい方があるというので教えてもらいました。

甘酒の層とフレッシュジュースの層の二層に別れていますが、まずは、上層のフレッシュジュースを、次に甘酒を、そして、ミックスした後のものを味わう、これで、3つの味を楽しむことが出来ます!


筆者も早速、通な味わい方を実践!

ハスカップの爽やかな酸味と甘さを感じたあと、甘酒の自然な甘さを、そして、ミックスしたまろやかな味わいを堪能しました。
 
素材本来の味を大切にしているジューススタンドなので、こういった味わい方をしないともったいないですね!


「KOTORI JUICE STAND」のハスカップスムージー▲千歳産の上質なハスカップを使用したハスカップスムージー。フレッシュジュースと甘酒のツートーンカラーがとってもきれい!見た目も楽しめます
 
 

旬の素材にこだわるから、季節によってメニューが変わります

北海道の自然の恵みでとれる素材を使用しているので季節によってメニューも変わります。

今後、7月中旬からは苫前産のスーパーメロンを使ったメロンパフェスムージーや栄養たっぷりのケールも登場するので楽しみですね!
 
 
「KOTORI JUICE STAND」プレミアムジュース「スーパーメロンfrom苫前」▲プレミアムジュース「スーパーメロンfrom苫前」(7月中旬から10月上旬限定メニュー)。高い糖度で知られるブランド「とままえメロン」を使用。果肉&果汁100%アイスボール入り(写真提供/「KOTORI JUICE STAND」) 
 

「KOTORI JUICE STAND」店長の梅佐古さん▲店長の梅佐古さん ※撮影時には店頭に風除けがありましたが夏季期間はありません

 
お店はお店は地下鉄大通駅9番出入口直結で、階段をのぼってすぐのところ。青い小鳥の看板が目印です。

札幌の街角の止まり木のようなジューススタンド「KOTORI JUICE STAND」で北海道の自然の恵みをチャージして、心やすらぐひとときを味わいませんか?
 

「KOTORI JUICE STAND」のジュース▲色とりどりのスペシャルジュースがお店で待っています!!


※メニュー及び価格は予告なく変更になる場合があります

\食べたい!食べるべき!と思ったら「なまらいいね!」/

この記事をSNSでシェアしよう!
  • 野菜やフルーツ本来のおいしさを味わえる札幌の街角の止まり木、「KOTORI JUICE STAND」
  • Google+

Aae34099 853c 4cb7 919c ced078dcaf5f

Writer

宮永 明子

FacebookのIDを利用して、北海道Likersへ登録します。

北海道Likersは、北海道を愛する皆さんと北海道を盛り上げるコミュニティです。

  • 利用規約に同意の上ご登録ください。
  • FacebookのIDで簡単に登録できます。登録は無料です。
  • Facebookに設定しているメールアドレスを登録します。お客様のメールアドレスは、北海道Likers運営からの連絡に利用いたします。
Title
Close