北海道情報サイト「北海道ライカーズ」北海道情報サイト「北海道ライカーズ」

what likers

Icon search探す

公開 | さとうふみえ

LS北見を応援!北見市「菓子工房Shiga」の「カーリング生クッキー」

北見市「菓子工房Shiga」の「カーリング生クッキー」


ピョンチャン五輪では、カーリングチーム「ロコ・ソラーレ(LS北見)」の「もぐもぐタイム」が話題になりましたよね♪
実は、「もぐもぐタイム」で話題になったお菓子の他に、チームがお土産として大会に持って行った「カーリング生クッキー」というお菓子が北見市にあります。

 

丸ごとカーリングのお菓子は、箱がストーン、クッキーはハウス!

「ロコ・ソラーレ(LS北見)」の練習拠点である北見市。
今、その地元で大人気のお菓子があります。
 
北見市端野(たんの)町の「菓子工房Shiga(しが)」(旧志賀甘栄堂)で製造販売されている「カーリング生クッキー」です!


北見市「菓子工房Shiga」の「カーリング生クッキー」箱▲赤と黄色のストーン型の箱入り「カーリング生クッキー」(各500円)


なんと、「ロコ・ソラーレ(LS北見)」がピョンチャン五輪で、お土産として海外の選手に配ったお菓子で、大好評だったようです。
 
ピョンチャン五輪が始まり、カーリング競技が話題になると、地元では「カーリング生クッキー」の人気も急上昇!
日によっては、お店の開店後5~10分で完売してしまうほどの人気商品になっています。


北見市「菓子工房Shiga」の「カーリング生クッキー」▲赤い箱はいちご味、黄色い箱はチョコ味(各クッキー3枚入り)


大きさも値段も手ごろなことから、お土産用として購入していく人も多いのだとか。
可愛らしいストーン型の箱…そして箱の中にはハウスをイメージしたクッキー♪
なんだか、楽しくなるお菓子ですよね。

 

LS北見を応援したい想いから生まれた「カーリング生クッキー」

「ロコ・ソラーレ(LS北見)」のサポーター企業の一つ、北見市端野町の「菓子工房Shiga」。


北見市端野町の「菓子工房Shiga」志賀裕希さん▲「菓子工房Shiga」四代目社長の志賀裕希(ひろき)さん


「カーリング生クッキー」は、地元でがんばる「ロコ・ソラーレ(LS北見)」を応援したい!という想いから、四代目社長の志賀裕希さんの考案で平成24(2012)年に発売されました。
 
開発当初から、入れ物の形をカーリングのストーンにする予定だった志賀さん。
一般的な四角い箱とは違い、ハンドル付の箱を作るために何度も包材業者と試作を重ねたそうです。


北見市端野町の「菓子工房Shiga」の「カーリング生クッキー」▲実は、この箱のハンドル部分は手作業で作られているんです!


「手に取るお客様が喜んでくれる姿を見ると、ここまで凝った箱を作ってよかったと思います」と話す志賀さん。


北見市端野町「菓子工房Shiga」の「カーリング生クッキー」▲茶色はチョコ味、ピンクはいちご味、それぞれ中にクリームが入っています


主役のクッキーは、しっとりやわらかい半生クッキーで、オホーツク産の小麦で作られています。

 
このクッキーを、カーリングのハウスをイメージしたものにしたいと提案したのは、マネージャーとして「菓子工房Shiga」に勤務する江田茜さん。
 
江田さんは、「ロコ・ソラーレ(LS北見)」の創立メンバーの一人で、今でも同クラブの選手たちと交流があります。


北見市端野町「菓子工房Shiga」の「カーリング生クッキー」▲箱には、商品の売上の一部をカーリング競技の育成支援に協力するメッセージが書かれ、未来のカーリング選手の応援もしています


「カーリング生クッキー」は、発売されてから数年たっていますが、ピョンチャン五輪が始まるまでは、特に爆発的に売れる商品ではありませんでした。
 
「売れ行きに波のある商品で、カーリングのシーズンになると売れたが、それ以外はパラパラと売れていたという感じです」と志賀さん。
 
なので、今回のブームは「今さらなんで?」というのが正直な感想で、あまりの人気ぶりにお店のスタッフ皆で驚いているそうです。

 

「志賀甘栄堂」から「菓子工房Shiga」へリニューアル

大正6(1917)年創業の老舗菓子店は、平成28(2016)年に店舗をリニューアルし、名前も「志賀甘栄堂」から「菓子工房Shiga」となりました。


北見市端野町「菓子工房Shiga」カフェスペース▲カフェスペースも併設され、ケーキセットやワッフルプレートなどが楽しめます


以前、「志賀甘栄堂」へ行ったことのある人なら、「あれっ、あのお菓子はまだある?」と思っているのでは?
ご安心ください、お店がリニューアルしても変わらぬ味で販売しています。


北見市端野町「菓子工房Shiga」のワッフル▲長年地元で親しまれる「ワッフル」ありますよ!


地元ではお馴染み「志賀甘栄堂」時代からの看板商品「ワッフル」。
カスタードクリーム、チョコクリーム、あんこの3種類があり、厚みのあるワッフルにたっぷり入っています。


北見市端野町「菓子工房Shiga」▲リニューアル後はスタイリッシュな外観になっています


以前のお店と同じ場所にありますが、オレンジ色の屋根が目印だった「志賀甘栄堂」からかなりイメージチェンジしたお店になっています。
 
「カーリング生クッキー」の箱入りは、「菓子工房Shiga」と女満別空港で販売中。
箱入りは人気のため、早めに売り切れてしまうことが予想されるので、ご希望の方は開店後早めにお店に行ってみてくださいね。
 
「カーリング生クッキー」のバラ売り(箱なし)は、常時「菓子工房Shiga」で販売しています。

\食べたい!食べるべき!と思ったら「なまらいいね!」/

この記事をSNSでシェアしよう!
  • LS北見を応援!北見市「菓子工房Shiga」の「カーリング生クッキー」
  • Google+

FacebookのIDを利用して、北海道Likersへ登録します。

北海道Likersは、北海道を愛する皆さんと北海道を盛り上げるコミュニティです。

  • 利用規約に同意の上ご登録ください。
  • FacebookのIDで簡単に登録できます。登録は無料です。
  • Facebookに設定しているメールアドレスを登録します。お客様のメールアドレスは、北海道Likers運営からの連絡に利用いたします。
Title
Close