北海道情報サイト「北海道ライカーズ」北海道情報サイト「北海道ライカーズ」

what likers

Icon search探す

公開 | 孫田 二規子

日々の癒しアイテムのスタメン!北海道産ハーブ・セントジョーンズワートのボディオイル

僭越(せんえつ)ながら、ワタクシと同様に毎日忙しくはたらく女性のみなさんに、おすすめしたいものがあります!

北海道産のセントジョーンズワートを使ったボディトリートメントオイルです。

セントジョーンズワートとは、古来から医療の現場で使われてきたハーブのこと。

やさしい力で心と体をサポートしてくれますよ。


ナチュラルアイランドのセントジョーンズワートサポートオイル

 

真狩村で無農薬栽培するセントジョーンズワートのオイル

「セントジョーンズ・サポートオイル」を見つけたのは、北海道で栽培する植物を原料にしたスキンケアブランド「ナチュラルアイランド 直営店 home 札幌店」でした。

容器をワンプッシュして手の平に出してみると、ハーブのやさしい香りがふわ~。

手ざわりは重たくなく、手や腕に伸ばしたあとは、肌がしっとり落ち着きます。


ナチュラルアイランドのセントジョーンズワートサポートオイル


「セントジョーンズワートとは、古代ギリシャ時代から、医療の現場で使われてきた植物なんですよ。和名を西洋オトギリ草といいます」と、教えてくれたのは同ブランドのスタッフ。

以前は、日本に自生していない植物といわれていたそうですが、スタッフが偶然、北海道内で自生しているのを発見!

これでスキンケア商品をつくろうと、羊蹄(ようてい)山のふもとに広がる真狩(まっかり)村の農家・齋藤さんに栽培の協力を仰ぎます。


真狩村のセントジョーンズワートの畑▲真狩村のセントジョーンズワートの畑。奥に見えるのは羊蹄山です(写真提供/ナチュラルアイランド)

そして、試行錯誤の末、7年かけて無農薬栽培に成功。

毎年7月になると咲く小さな黄色い花を摘み取り、石臼でつぶしてすぐにオリーブオイルに漬け込みます。

そうして有効成分をするのですが、ここまでの作業はすべて、機械ではなく人の手で行っています。

手間はかかりますが、品質を考えるとそれが最もいい方法なのだそうです。

真狩村のセントジョーンズワートの花▲黄色くて可憐な花です(写真提供/ナチュラルアイランド)

 

原稿を書いている時や寝る前に筆者も愛用

オイルのラインナップは3種。

そのままの香りを楽しむ「Pure(ピュア)」。


ナチュラルアイランドのセントジョーンズワートサポートオイルのピュア


ラベンダーとハッカを配合した「Relax(リラックス)」。


ナチュラルアイランドのセントジョーンズワートサポートオイルのリラックス


ショウガやレモングラスで香りをつけた「Power(パワー)」。


ナチュラルアイランドのセントジョーンズワートサポートオイルのパワー


筆者は原稿を書いていて疲れた時に、「Power」を首や肩に塗布。これがスッとしつつも、じんわり温まるような感じがして気持ちいいんです…! 甘いショウガの香りも好みで、煮詰まっている時などはリフレッシュもできて重宝します。

また、取材でたくさん歩いた日は、寝る前に「Relax」を足腰になじませるなどして使ってリラックス。

乾燥対策にもなり、日々の癒しアイテムのスタメンになっていますよ!

いずれも合成香料・着色料・鉱物油・アルコール(エタノール)・パラベン無添加です。

ショップで販売するほか通販もしています。はじめての人やギフトには、ミニサイズの3本セットがおすすめですよ。


ナチュラルアイランドのセントジョーンズワートサポートオイルのお試しセット


疲れた時には、北海道の植物の力で心と体のケアをしませんか。

\もっと知って欲しい!と思ったら「なまらいいね!」/

この記事をSNSでシェアしよう!
  • 日々の癒しアイテムのスタメン!北海道産ハーブ・セントジョーンズワートのボディオイル
  • Google+

FacebookのIDを利用して、北海道Likersへ登録します。

北海道Likersは、北海道を愛する皆さんと北海道を盛り上げるコミュニティです。

  • 利用規約に同意の上ご登録ください。
  • FacebookのIDで簡単に登録できます。登録は無料です。
  • Facebookに設定しているメールアドレスを登録します。お客様のメールアドレスは、北海道Likers運営からの連絡に利用いたします。
Title
Close