北海道情報サイト「北海道ライカーズ」北海道情報サイト「北海道ライカーズ」

what likers

Icon search探す

公開 | 植村慎吾

千歳にある「THE BIRD WATCHING CAFE」で北海道のバードウォッチング体験!

北海道千歳市にある嶋田忠ネイチャーフォトギャラリー・ザバードウォッチングカフェに は、野鳥写真家・嶋田忠さんのギャラリーがあり、カフェではたくさんの鳥たちをゆっく りと観察することができます。
 

野鳥写真家、嶋田忠さんってどんな人?

北海道には、たくさんの鳥たちが生活しています。
少し目を向ければ、これまで気づかなかった鳥たちの生活を身近に見ることができます。

野鳥写真家で、NHKの「ダーウィンが来た」などのテレビ番組でも活躍されている嶋田忠さんは、北海道の鳥たちに惹きつけられて、埼玉から千歳に移住しました。


▲嶋田忠さん シマエナガの写真と


嶋田さんのギャラリー兼カフェである、THE BIRD WATCHING CAFEでは、たくさんの鳥たちをゆっくりと観察することができます。
カフェは、JR「千歳」駅から支笏湖方面に6kmほど進んだところにあります。


▲カフェの外観
 

嶋田さんは30歳のときに、アカショウビンという鳥の生息地を探すうちに千歳川中流のこの場所にめぐりあい、環境の良さから直感的に移住を決めたそうです。
2012年に娘さん一家が引っ越してきたことをきっかけに、2014年12月にギャラリーと併設してカフェを始めました。

嶋田忠ネイチャーフォトギャラリー

▲嶋田忠さんの写真ギャラリー


鳥たちの生態を熟知して、行動の瞬間を捉えた写真に圧倒されます。
常設展示のアカショウビンとシマフクロウの写真のほか、季節展示の写真を見ることができます。


▲カフェの内観 窓枠の効果で、席から見える四季の風景は絵画のようです
 

これからの季節、窓から見える森では多くの鳥たちが子育てを始めます。


▲さえずるオオルリ 提供:嶋田忠


▲さえずるキビタキ 提供:嶋田忠


▲エゾリス 6月になるとカフェから子連れを観察できることも 提供:嶋田忠
 

また、鳥たちの食べ物が少ない冬の間は、カフェから見える場所にエサ台を設置してあり、集まってくる鳥たちをすぐ近くで観察することができます。
人気沸騰中のシマエナガも、12月に根雪になってから4月半ばまでの間観察できます。シマエナガと一緒に群れをつくるいろいろなカラ類も餌場にやってきます。


▲エサ台にやってきたヤマガラ
 

野鳥の観察小屋もある THE BIRD WATCHING CAFE

カフェには撮影に特化した観察小屋も設けられています。
▲観察小屋 すぐそこまで鳥たちが来て、餌を食べたり水浴びをしたりする様子を観察できます
 

この観察小屋は、嶋田さん自身が幼い頃から身近な自然の中で野鳥とともに過ごし、生態観察を活かした写真を撮り始めた経験からつくられました。鳥の行動をじっくり観察し、鳥に隠れて自然な姿を撮ることの面白さを提供したいと考えて発案したものだそうです。
カモフラージュネットの隙間から、鳥たちの声や羽音も感じつつ観察や撮影をするワクワク感は癖になりそうです。


▲水浴びをするメジロ 提供:嶋田忠
 

カフェの建物の中からは、夏も冬も快適に鳥たちを観察できるため、家族連れやお年寄りも多く訪れています。
近くで鳥を見られるので、誰にでもじっくりと鳥を観察することができます。


▲鳥を見たりお絵かきしたり
 

THE BIRD WATCHING CAFE でホットサンド

ひとしきり鳥や写真をみてお腹が空いたら、充実のお食事メニューはいかがでしょう。
5種類あるホットサンドは絶品です!
▲ホットサンド


ドリンクメニューやスイーツもあり、オーストラリア人シェフによる地元の定番スイーツメレンゲケーキ「パブロバ」も人気です。
小鳥たちと一緒にランチをして、お腹も満たされましょう。
 
カフェは平日も多くの人が訪れていて、オープンの1時間前から撮影小屋に並ぶお客さんもいるそうですよ。
カフェまでは千歳駅から車で10分、新千歳空港からも車で20分です。

嶋田忠ネイチャーフォトギャラリー・ザバードウォッチングカフェ
http://thebirdwatchingcafe.com/
千歳市 蘭越 90-26
夏(4月〜9月)  10時〜17時30分
冬(10月〜3月)10時〜17時
月・火曜日定休

写真提供/嶋田忠
取材・文/北海道Likers ライター 植村慎吾
この記事をSNSでシェアしよう!
  • 千歳にある「THE BIRD WATCHING CAFE」で北海道のバードウォッチング体験!

8fd96d9f 4dd4 4d33 94b2 cc162d557956

Writer

植村慎吾

Title
Close