北海道情報サイト「北海道ライカーズ」北海道情報サイト「北海道ライカーズ」

what likers

Icon search探す

公開 | nobuカワシマ

雪山の絶景!霧氷テラスで雪山さんぽとスイーツタイムを!




目の前に広がる霧氷をまとう木々、眼下には流れる雲と雄大なゲレンデ、視線の先にははるか先まで連なる白銀の山々。ここは冬ならではの絶景を楽しめるとっておきの場所!「星野リゾート トマム」の「霧氷テラス」です。絶景とともに、雪山さんぽとホットスイーツを楽しめますよ。
 


夏は雲海テラス、冬は霧氷テラス

「霧氷テラス」がある場所は、トマム山の山頂近く。山麓から雲海ゴンドラ1本で行けるのでアクセスは楽チン!雲海ゴンドラを降りたところが「霧氷テラス」なので、もちろん雪山登山などせずに行けます。





雲海ゴンドラと聞いてピンときた方がいるかもしれません。ここ「霧氷テラス」は、夏季には有名な「雲海テラス」となる場所なのです。

 
春から秋にかけて楽しめる「雲海テラス」からの眺め▲春から秋にかけて楽しめる「雲海テラス」からの眺め。ホントに絶景!今や世界中から見学する人がやってきます(写真提供:星野リゾート トマム)


雲海ゴンドラはもともと、トマム山のゲレンデでスキーやスノーボードを楽しむ人のためのアクセス手段。雪がない夏にゴンドラは稼働していなかったのですが、山の上から見える雲海があまりに見事だったので、ゴンドラを動かし眺望を楽しめるようにした企画が「雲海テラス」です。

現在では、夏は雲海鑑賞のために、冬はウィンタースポーツと厳冬期ならではの絶景を楽しむために、雲海ゴンドラがフル稼働しています。

 

そもそも、霧氷って何?

霧氷とは、木々に白い花が咲いたように見える、厳冬期ならではの自然現象。氷点下の環境で冷却された霧や水蒸気が、風で樹木などに吹き付けられて氷となって付着したものです。
蔵王や八甲田山などで有名な樹氷も霧氷の一種で、樹木などに着氷している状態の総称を霧氷といいます。





気温が氷点下だとしても、日が射している日中は溶けて消えてしまうこともあるので、気温が低い早朝や午前中が鑑賞の狙い目です。

 

霧氷テラスへ行ってみました!

2018年1月のある日、「霧氷テラス」へ行ってみました!

 
山麓から雲海ゴンドラに乗って山の上へ▲山麓から雲海ゴンドラに乗って山の上へ!


雲海ゴンドラで片道約13分の空中散歩。途中で時折振り返ると視界が少しずつ広がり、眼下に雄大な風景が見えてきました!

 
だんだん標高が高くなってきて眺め爽快!▲だんだん標高が高くなってきました。眺め爽快!


窓の外の風景に見とれていると、あっという間に終点。雲海ゴンドラを降りると目の前が「霧氷テラス」です。

訪れた日は早朝に霧氷が見えていたそうですが、午前中に陽射しがあたって氷が消えてしまった模様。残念ながら霧氷を見ることはできなかったものの、あまりの絶景にビックリ!


眼下にはトマム山のゲレンデやホテル「ザ・タワー」などが見え、遠くに雪をかぶった日高山脈の山々が見えます▲眼下にはトマム山のゲレンデやホテル「ザ・タワー」などが見え、遠くに雪をかぶった日高山脈の山々が!


霧氷がなくてもこの風景を眺められただけでも大満足!


晴天で霧氷が見える日はよりステキな風景▲晴天で霧氷が見える日はこんなステキな風景!これを眺めにいつかリベンジしたいっ!(写真提供:星野リゾート トマム)

 

「雪山さんぽ道」も行ってみましょう!

「霧氷テラス」で眺望を楽しみつつ、雪山さんぽをして「Cloud Walk(クラウドウォーク)」まで行ってみましょう!

 
まるで雲の上を歩いているかのような感覚を味わえる「Cloud Walk」▲「Cloud Walk」は、まるで雲の上を歩いているかのような感覚を味わえる、斜面からせり出した散策デッキです


雲海ゴンドラの乗降場所近くを起点に、「雪山さんぽ道」という約200mの散策路があります。スキーヤーやスノーボーダーが通り抜けるゲレンデのコースの一部ですが、ここはスキー板などを履かずに歩いていけます。この終点に「Cloud Walk」があります。

 
空中を歩いている気分!▲空中を歩いている気分!スリルがあってちょっとドキドキしつつも柵があるので安心!


吹き抜ける風のひんやり感を完全に忘れてしまうほど、開放的であまりに爽快な眺め!視界に柵が入らないように歩いてみると、まるでアニメか伝説の主人公になってホントに空を歩いているか浮いているような気分です。

空中歩行気分をしばし楽しんだら、少し離れた場所から全景を眺めてみます。

 
眺め最高!絵になります▲眺め最高!絵になります

 
霧氷があるとさらにキレイな眺め!▲霧氷があるとさらにキレイな眺め!(写真提供:星野リゾート トマム)


「Cloud Walk」でちょっと非日常な体験を楽しんだら、スタート地点へ戻ります。

 

「てんぼうかふぇ」でほっこり♪

「霧氷テラス」では、ここでしか楽しめないカフェメニューも外せません!
ここで味わいたいのは、「霧氷コーヒー」と「霧氷フォンダンショコラ」。


「霧氷コーヒー」と「霧氷フォンダンショコラ」▲「霧氷コーヒー」(左)と「霧氷フォンダンショコラ」(右)


「霧氷コーヒー」は、霧氷をイメージしたという真っ白い飴細工を添えたコーヒー。ほろ苦いコーヒーにじわじわと飴細工が溶け、少しずつほんのり甘くなっていく味の変化を楽しめます。

いっぽう、「霧氷フォンダンショコラ」は温かいフォンダンショコラに、霧氷や雪をイメージしたチョコレートをあしらったスイーツ。甘さがありつつくどくなく、ビターな味わいでコーヒーにピッタリ!


フォンダンショコラをカットした様子▲フォンダンショコラをカットすると、中からたら~っと♪(写真提供:星野リゾート トマム)


冬山の屋外で温かいコーヒーとともにホットスイーツを食べられるなんて!この上ない幸せ♪


絶景を眺めつつスイーツタイム▲絶景を眺めつつスイーツタイム!

 

霧氷テラスで冬にだけ楽しめる絶景を!

「霧氷テラス」は、真冬の雪山ならではの絶景を楽しめる絶景スポット。雲海ゴンドラに乗れば誰でも気軽に行けるのが嬉しいです。
霧氷が見えるか否か、遠くまでの眺望を楽しめるか否かは、その日、その時の天候次第。みなさんが訪れる時、ベストな天候条件だといいですね。冬にだけ楽しめるこの絶景、必見です!


この記事をSNSでシェアしよう!
  • 雪山の絶景!霧氷テラスで雪山さんぽとスイーツタイムを!
Title
Close