北海道情報サイト「北海道ライカーズ」北海道情報サイト「北海道ライカーズ」

what likers

Icon search探す

公開 | nobuカワシマ

初泳ぎは流氷の海!?知床で流氷ウォーク体験




今年の初泳ぎは南の海ではなく、流氷の海はいかが!?押し寄せる流氷の上を歩いたり流氷の海に落ちてみたり、真冬の知床ならではの冬遊び、流氷ウォークを体験!きっと一生忘れられない体験になること間違いなし!

 

流氷ウォークって?

流氷ウォークとは、専用のドライスーツを着て専門ガイドに引率してもらい、流氷の上を歩いたり海に落ちたりしながら遊ぶ体験プログラム。流氷が接岸していて、天候が安定している時だけ楽しめる特別な体験です。


 知床流氷ウォーク


今回の取材でお世話になったのは、知床の自然体験ツアーを催行している「知床ネイチャーオフィス」と、提携している流氷ウォークの専門団体「MEPS(メプス・marine enterprise project shiretoko)」。MEPSのみなさんは地元の漁師さんや潜水の仕事をしている方々の集まり。本業の傍ら、1998年より毎年厳冬期に観光客向けに流氷ウォークを催行しています。

 

流氷の海って寒くないの?大丈夫なの??

海辺を歩くだけでも寒そうなのに、流氷の海に入るなんて信じられない!と思う方が多いかもしれません。
ところが、意外とへっちゃらなんです!(もちろん、全く寒くないとは言いません…)

その秘密は、自分の服の上からラバー製の専用ドライスーツを着るから。

 
知床流氷ウォーク ウエアを着る▲靴とダウンを脱ぎ、服の上から靴と一体型になったドライスーツを着用。ちょっとピッチピチですが、すぐ慣れます


防寒着はいりません。上は長袖シャツやトレーナー、薄手のセーターで大丈夫。下はデニムパンツやカーゴパンツなど。スカートやショートパンツではなければOK。首回りと手首回りはゴムでキュッとしまるので、海水がドライスイーツの中に入ってくることはほとんどありません。

この特殊なスーツが寒空や極寒の海中でも身体を守り、保温してくれるのです。しかも、海水に浸かってもプカプカ浮くので、泳げなくても大丈夫!
あとは専用のグローブを手にはめ、帽子をかぶったら準備完了!流氷の海へと向かいます。

 
知床流氷ウォーク 海へ入る▲ガイドさんを先頭に流氷の海へ!

 

慣れてきたら思いきりはしゃぐべし!

流氷の上を歩いたり海で泳いだりするといっても、どこでも好きな場所で遊べるわけではありません。危ない場所もあるので、地元の海を知り尽くしたガイドさんが引率。危険の少ないルートを通って楽しく遊べる場所まで案内してくれます。

 
知床流氷ウォーク 一列になって沖へ進む▲雪原のように見えるかもしれませんが、ここは既に海上。踏み外して海に落ちないよう、ガイドさんの後に続き一列で進みます


岸から数分歩いたところで今回の遊び場へ到着。氷の割れ目からのぞく海に、ガイドさんがドボ~ンと入りました!続いて数人が同じくドボ~ン!

 
知床流氷ウォーク おっかなびっくり眺める▲寒くないの?浮くの?大丈夫?最初はみんな、おっかなびっくり。ちょっと遠巻きに眺めちゃいます…


寒~い海の中なのに、みなさんと~っても楽しそう!ここまできてビビっている場合じゃありません。いざ、ダイブ!

 
知床流氷ウォーク 海に浮かんでみる▲まずはおとなしく海にプカプカ浮いてみました。このドライスーツ、ホントに浮力あります。これは安心


一度海に浸かってしまえば、あとは怖いものなし!
ちょっと薄そうな流氷の上にのって、トントンと軽くジャンプを数回繰り返してみました。

 
知床流氷ウォーク 氷の浮島に立つ▲流氷が割れ、氷の浮島に立っている状態に。海上浮遊、どこまでキープできるかは自分のバランス感覚次第

 
知床流氷ウォーク 氷の浮島が沈み▲沈む~!

 
知床流氷ウォーク 氷の塊にしがみつく▲氷の塊にしがみつくも…

 
知床流氷ウォーク 海に落ちてポーズ▲あえなく沈没


限られた時間、ここは遊びまくるしかありません!楽しんだ者勝ちです。

 
知床流氷ウォーク 大人がはしゃぐ▲慣れてきたら大人もまるで子どものように大はしゃぎ

 

どんな流氷に出会えるかはその日、その時の運次第

訪れた日は海流や風が少し安定していないため、沖合までは行かず港付近の海上での体験でした。それでも、薄めではあるものの流氷がびっしり。思いきり非日常の体験を楽しめました。

 
知床流氷ウォーク 笑顔で岸へ戻る▲海上で30分ほど楽しんだら岸へと戻ります。帰りは行きとは違って足取り軽やか、みなさんいい笑顔でした


流氷は自然現象なので、大きな氷の塊が山のように押し寄せる時もあれば、シャーベット状の海面の時もありますし、流氷が沖合に流されてしまい一面海水ということもあります。1日どころか1時間、1分単位で常に変動する流氷。どの程度の流氷が来ているかは、その日、その時の運次第。さて、みなさんが訪れる時は、どんな流氷が現れるでしょう?

 
記念撮影▲今回の体験でご一緒したみなさんと記念撮影。めちゃめちゃ楽しんでおられました


流氷ウォークは流氷の海で遊べる特別な体験。真冬の知床を思いきりアグレッシブに楽しみましょう!

※個人で流氷の上に乗ったり流氷の海で泳いだりすることは危険です。必ず専門のガイドが同伴する各種ツアーにて楽しみましょう。
※写真・記事は2017年2月下旬の時の様子です。
この記事をSNSでシェアしよう!
  • 初泳ぎは流氷の海!?知床で流氷ウォーク体験
  • Google+
Title
Close