北海道情報サイト「北海道ライカーズ」北海道情報サイト「北海道ライカーズ」

what likers

Icon search探す

公開 | 孫田 二規子

つるつるの源泉で雪見風呂。北見市「旅館 塩別つるつる温泉」

雪見露天は冬の北海道旅行のお楽しみ!じっくり温まって、乾燥しがちなお肌の調子も整えられたら最高です。そんな願いに応えてくれるのが「旅館 塩別つるつる温泉」。〝つるつる〟な肌触りの源泉を惜しみなくかけ流しています。


北見市の塩別つるつる温泉


車利用で北見市中心部から約50分、女満別空港から1時間20分、旭川市から約2時間30分。

国道39号から案内板を目印に脇道に入り、まっすぐ進んでどんづまりまで走ると、「旅館 塩別(しおべつ)つるつる温泉」に到着です。


北見市の塩別つるつる温泉の外観


車を降りると、ほのかに硫黄の匂い。そう、自慢の湯の泉質は、硫黄成分が含まれる単純硫黄泉。建物の周囲で湧く2本の自家源泉の湯を、ろ過も循環もせず100%かけ流しています。


北見市の旅館 塩別つるつる温泉の露天風呂


湯のpH値は9.5(!)の強アルカリ性、これが、〝つるつる〟の秘密です。

浸かってみると、湯にはややとろみが感じられ、肌触りがまろやか。本当につるつるとしています!

入浴場所は、露天風呂と内湯のある大浴場と、内湯のみの「竜神の湯」の2カ所があり、どちらも、シャワーからも源泉が出てくるという贅沢な環境。うーん、毎日通いたい!


北見市の旅館 塩別つるつる温泉の大浴場▲広々とした大浴場


北見市の旅館 塩別つるつる温泉の露天風呂▲露天風呂。キンと冷えた空気の中での雪見風呂は最高です!


北見市の旅館 塩別つるつる温泉の露天から見える小川▲露天風呂のすぐ横を流れていた小川


北見市の旅館 塩別つるつる温泉の夜の露天▲夜はこんな感じです


北見市の旅館 塩別つるつる温泉の飲料用の温泉▲大浴場の更衣室には飲料用の湯も。クセがなくて飲みやすかったですよ!


北見市の旅館 塩別つるつる温泉の竜神の湯▲竜神の湯


野上洋平副支配人のおすすめは、竜神の湯。「科学的な根拠はないのですが、こちらの湯の方が、大浴場の湯よりもつるつる感が高いような気がするんです。古くからの常連の方も、こちらの湯を好まれる方が多いんですよ」と語ります。

これまたあくまで主観ですが、1泊した筆者もカメラマンも、竜神の湯の方が「〝濃い〟ね」という結論に。

みなさまも、ぜひ両方入り比べてみてくださいね!


北見市の塩別つるつる温泉


源泉の湧出量は2本合わせて毎分約500ml。温泉施設だけでは使い切れず、館内のパイプに湯を循環させ、暖房としても利用しています。


北見市の旅館 塩別つるつる温泉の客室▲館内がとても暖かかったのが印象的でした。写真の部屋は和洋室です

そのおかげか、館内はとても暖か。翌日、外に出るまで、ここが日中でも氷点下10度を切ることしばしばの、極寒の地であることを忘れていたくらいです。

が、それでも半分は捨てていたとい、数年前からは、裏手にビニールハウスを建て、そこで使うことに。

現在はミニトマトを栽培しており、湯は、ハウス内の暖房やトマトにあげる水として利用。育ったトマトは、朝食に出したり、土産として売店で販売したり(すぐに売り切れるそうですが)と、タイミングがあえば、私たちも味わうことができるんですよ!


北見市の旅館 塩別つるつる温泉のミニトマト▲取材時はちょうど収獲したばかりのタイミング!甘くておいしかったです


大浴場前の休憩所では、冷たいスイーツが大人気。

凍らせてけずったいちごをいれたソフトクリームや、特にコーヒーゼリーには注目です!自社で所有するブラジルの農園産のコーヒー豆を挽き、温泉水でコーヒーを落とし、それをゼリーにしているという、ここだけの味です。


北見市の旅館 塩別つるつる温泉のスイーツ


ちなみにコーヒーの豆は売店で売っており、朝は温泉水でいれたコーヒーがラウンジで味わえます。


北見市の旅館 塩別つるつる温泉のコーヒー▲うしろの缶がオリジナルのコーヒー。売店で買えますよ!温泉水で入れたコーヒーはやさしい味わいです。


また、夕食も楽しみ。オホーツクの山海の幸を取り入れた内容で、「味付けが絶妙」と評価の高い「塩別田舎鍋」など、和風の味覚が並びます。

現在の料理長は元鮨職人。レモンをくりぬいて器にするなど、細かいところにもこだわりが感じられました。


北見市の旅館 塩別つるつる温泉の夕食▲取材時の夕食はこのような内容で満足度が高かったです


北見市の旅館 塩別つるつる温泉の夕食▲ビールは「サッポロクラシック」の生もありました♡


山裾に立つため、秘境感も味わえる名湯です。

日帰り入浴もありますが、ぜひご一泊を。オホーツクエリアの観光の拠点や、ゆったり〝おこもり〟する時のお宿にいかがですか?


北見市の旅館 塩別つるつる温泉のフロント▲フロントやレストランのスタッフが、みな気さくで親切だったのも印象的です
この記事をSNSでシェアしよう!
  • つるつるの源泉で雪見風呂。北見市「旅館 塩別つるつる温泉」
Title
Close