北海道情報サイト「北海道ライカーズ」北海道情報サイト「北海道ライカーズ」

what likers

公開 | nobuカワシマ

知床でオオワシやオジロワシをガイドさんと観察

冬の動物ウォッチング


冬の知床へ動物たちを探しに行ってみませんか?天然記念物のオオワシやオジロワシをはじめ、エゾシカやキタキツネ、流氷の上に寝転ぶアザラシに出会えることも!ただし、どれも野生動物なので、見られるかどうかは運次第。さて、あなたの動物運はいかに!?

 

知床は野鳥や野生動物と頻繁に出会える場所

知床では、ドライブの最中に道路脇にエゾシカやキタキツネがいるのを目撃した、ということが珍しくありません。むしろ、動物と交通事故を起こさないように用心しないと怖いくらい、野生動物を目撃することは日常の出来事。

 
冬の動物ウォッチング▲動物飛び出し注意の看板をいたるところで目にします


裏を返せば、野鳥や野生動物と出会える確率がとっても高いということ。安全な場所で静かに眺める心構えさえあれば、大自然の中で生息する生き物の姿やドラマをじっくり観察できるかもしれません!


キタキツネ▲こんな間近でキタキツネと見つめ合うことも!野生動物なので、いくら可愛くてもエサは絶対あげちゃダメですよ

 

行先は、野鳥や野生動物がいそうな場所!?それってどこさ???

今回、知床のウトロを拠点に自然体験ツアーの運営などを手掛ける「知床ネイチャーオフィス」主催の「冬の動物ウォッチング」に参加してみました。オオワシやオジロワシなど大型猛禽類を探して観察することが主な目的のツアーです。


 冬の動物ウォッチング▲野鳥観察といえば双眼鏡!1人1つずつ貸してくれました


車で移動するものの観察する時は屋外に出るので、防寒対策をしっかりして参加します。

行く場所は、オオワシやオジロワシなど野生の生き物が目撃できそうな場所。明確な場所は決まっておらず、その日の天候や前日までの目撃状況などからガイドさんが判断をして、観察できそうな場所へ連れて行ってくれます。

さて、どこへ行くのでしょう?そこはプロの経験と野生の勘!?ガイドさんにお任せ!

 

ウォッチングその1:山側をチェック!

国道を少し走り、車を停められる場所で下車。海を背に山側の上空や木々の枝の上などをよーく見てみます。

 
冬の動物ウォッチング▲みんなで双眼鏡を覗いて捜索


「あそこにいますよ」
さすがガイドさん、即見つけました!


 冬の動物ウォッチング▲崖の上の木にとまるワシ。オオワシ?オジロワシ?カラスではないのは確かだけど…素人にはちょっと判別できず…


そこで、ガイドさんが助け舟を出してくれました。


 冬の動物ウォッチング▲ガイドさんがオオワシとオジロワシの絵を出して違いを説明


見分け方のほか、動物の生態や知床の自然環境についてなど教えてもらい、ちょっぴり賢くなった気分。その甲斐あってか!?見つけました!


 冬の動物ウォッチング▲オオワシ発見!


鳥たちをびっくりさせないため、みな大声を出さず、極力気配を消して、静か~に観察。
しばし眺めたら、別のスポットへ移動します

 

ウォッチングその2:流氷の海をチェック!

次は流氷が押し寄せる海を眺めてみます。


冬の動物ウォッチング ▲海面を流氷がびっしりと覆っています。なかなか見事な風景!


流氷の海に感動しつつも、今回のウォッチングは野鳥と野生動物。
アザラシいるかな?オオワシいるかな?


 冬の動物ウォッチング▲み~つけた!多分オジロワシ!?


遠くにいると、双眼鏡ではくっきり見えても手持ちのカメラで写真に収めるには超望遠レンズでもないと厳しそうです。
そこで、ちょっとした裏技を。


 冬の動物ウォッチング▲望遠鏡をスマホで撮影!?


観察したい場所を定めて望遠鏡や双眼鏡のピントを合わせたら、スマホのカメラを起動。スマホのレンズ部分を望遠鏡などの覗き口にぴったりくっつけ、画角やピントがうまく合ったらこんなかんじに!


 冬の動物ウォッチング▲スマホ+双眼鏡で撮影。それなりに大きく撮れちゃうんです。もっと近ければかなりアップの写真も撮れますよ


大砲のように巨大な超望遠レンズがなくても、スマホでも何とかなるかもしれません。超望遠レンズがない方、よろしければおためしを!

 

ウォッチングその3:高台から見下ろす

今回最後に訪れたのは、知床のウトロ地区の海を見下ろすプユニ岬展望台。夕陽が綺麗な場所として有名で、夕暮れ時にはカメラをかまえた人たちがずらりと並びます。


 冬の動物ウォッチング▲この日は残念ながら厚い雲に阻まれましたが、流氷の海へ沈む夕陽がチラリとだけ見えました!


夕陽に目が行きつつ、上空や流氷の上をウォッチング。
すると、流氷の上にモソモソと動く物体が!しかも数多く!これはもしやアザラシ!?


 冬の動物ウォッチング▲海岸線近くの流氷の上で何やら動くものの正体は…


こちらはアザラシではなく人間、流氷ウォークを楽しむ人たちの姿でした。
この日は残念ながらアザラシの姿は発見できず。さすがにそうそう見られるわけではないようです。でも、オオワシやオジロワシが空を舞う姿は幾度となく目撃!

ツアーに参加すると、観察できそうな場所へ案内してもらえ、双眼鏡も貸してくれます。そして、ガイドさんの解説を聞きながら眺めていると、自分もちょっとした動物博士か生物学者になった気分♪ちょっと賢く、とっても興味深く観察できました。
知床へ観光で訪れるのなら、流氷の海の見学とともに、大自然に生息する野鳥や野生動物との出会いも楽しみましょう!

\行きたい!行くべき!と思ったら「なまらいいね!」/

この記事をSNSでシェアしよう!
  • 知床でオオワシやオジロワシをガイドさんと観察
  • Google+

FacebookのIDを利用して、北海道Likersへ登録します。

北海道Likersは、北海道を愛する皆さんと北海道を盛り上げるコミュニティです。

  • 利用規約に同意の上ご登録ください。
  • FacebookのIDで簡単に登録できます。登録は無料です。
  • Facebookに設定しているメールアドレスを登録します。お客様のメールアドレスは、北海道Likers運営からの連絡に利用いたします。
Title
Close