北海道情報サイト「北海道ライカーズ」北海道情報サイト「北海道ライカーズ」

what likers

Icon search探す

公開 | nobuカワシマ

豊平峡温泉の謎その3:雪の中の秘密基地!?巨大かまくらの正体は?

巨大なかまくら


札幌市郊外にある豊平峡(ほうへいきょう)温泉は、開放的な露天風呂とともに、なぜかインドカリーが有名な日帰り温泉施設。真冬になると巨大なかまくらが現れます。この中は一体どうなっているの?何やっているの??入っていいの???偵察してきました! 

 

巨大なかまくらへ潜入!

豊平峡温泉に到着し、温泉施設前の駐車場に車を停めます。温泉施設と反対側を見ると、雪原の中にお椀かボウルをひっくり返したような形の雪山があります。

 
豊平峡温泉 かまくら ジンギスカン▲温泉施設の入口がある第1駐車場から一段下がった第2駐車場に、こんもり盛り上がった雪山が!


近くまで行ってみると、とーっても大きなかまくらでした。大きさにビックリ!


 豊平峡温泉 かまくら ジンギスカン


巨大なかまくらに、ぽっかり口をあけたような入口があります。さらに近寄ってみます。

 
豊平峡温泉 かまくら ジンギスカン▲入口は雪と氷でできたクマでした!


ここは誰のアジト!?何の秘密基地!?クマに食べられちゃうの!?
ちょっとドキドキしつつ潜入!


豊平峡温泉 かまくら ジンギスカン▲牙の下を通りぬけクマのお腹の中へ。どうやら反対側にも入口があるようです


雪と氷の壁に囲まれた通路を数メートル進みます。
通路を抜けると、雪壁に覆われた広い部屋が現れました。室内には椅子と炭火台がずらり。


豊平峡温泉 かまくら ジンギスカン▲巨大かまくら内は鉄骨の柱や梁などで雪や氷の重さを支えているので頑丈


実は、豊平峡温泉の巨大かまくらの中では、炭火焼のジンギスカンを楽しめるんです!


豊平峡温泉 かまくら ジンギスカン▲かまくら内はけっこう広々。最大24名までジンギスカンを楽しめます


かまくらの本場、秋田県ではかまくらの中で甘酒を飲んだりお餅を食べたりするのかもしれませんが、北海道ではかまくらの中でジンギスカンを楽しむのが道産子流かも!?さらに、豊平峡温泉ではジンギスカンにインド料理もコラボ!

では、実際に食べてみた様子を紹介します。

 

ジンギスカンとともにインド料理も楽しめる!

かまくらの中で楽しめる食事メニューは、「BBQジンギスカンプラン」と「炭火焼BBQ90分食べ放題プラン」の2つ。ともに事前予約制で、4名以上から申込できます。

 
豊平峡温泉 かまくら ジンギスカン▲「BBQジンギスカンプラン」は、生ジンギスカン(野菜付)にナンが1枚つきます


「炭火焼BBQ90分食べ放題プラン」は、生ジンギスカン(野菜付)とナンのほか、インド料理のスペアリブ、タンドリーチキン、シークカバブがどれも食べ放題!さらに、おにぎりが1人1個つきます。


豊平峡温泉 かまくら ジンギスカン▲「炭火焼BBQ90分食べ放題プラン」は、ここに写っていないおにぎり以外ぜーんぶ食べ放題!とてつもなくボリューミーです


ジンギスカンにナンやタンドリーチキンが登場するのは、インドカリーが有名な豊平峡温泉ならではですね♪ただ、かまくら内にカリーは登場しませんのであしからず。


豊平峡温泉 かまくら ジンギスカン▲スパイシーなインド料理のお肉たち。ジンギスカンの箸休めに!?炭火で軽く炙って食べるといいかんじ♪


焼いて食べてみます。

 
豊平峡温泉 かまくら ジンギスカン▲かまくら内は外の風が吹き付けないのでそれほど寒さを感じません。しかも、目の前にある炭火コンロがストーブがわりになって意外と暖かい♪


ところで、密室に近いかまくらの中で炭火を使ったら酸欠にならないの…!?という不安が…。お肉を一気にたくさん焼いたり人数が多かったりすると煙がもうもうと立ち込めるでしょうし…。

でも、ご安心を!

 
豊平峡温泉 かまくら ジンギスカン▲かまくら内には排気用の扇風機と換気扇があるので大丈夫!


扇風機と換気扇を回せばかなり換気されますし、2カ所ある入口からも空気が通り抜けるので問題なし!

 
豊平峡温泉 かまくら ジンギスカン▲炭火でゆっくりじわじわと。一気に焼かず少しずつ焼いていくのが美味しく食べる秘訣。焼きすぎ防止にもなりますし、立ち込める煙も少なくて空気も美味しい♪


豊平峡温泉の生ジンギスカンは、お肉にしっかり下味がついています。タレも用意されていますが、これは野菜を食べる時向け。


豊平峡温泉 かまくら ジンギスカン▲いただきまーす!


お肉、めちゃめちゃ軟らかいです!どことなくフルーティーな風味と塩気を感じる下味がお肉にしっかり染みていて、タレにつけずそのままパクパク何枚でも食べられます!

いや~、ごはんが欲しくなる…、と思いがちですが、ここでは特段不要。なぜなら、豊平峡温泉ならではの食べ方があるからです!

 

この食べ方、絶対美味しい!みなさんもぜひおためしを!

ここで、豊平峡温泉流の美味しいジンギスカンの食べ方を紹介します。

その食べ方とは、ナンをちぎって軽く炙り、ナンでお肉や野菜を挟んで食べるんです!


豊平峡温泉 かまくら ジンギスカン▲ひと口サイズにちぎったナンを炭火で軽く炙ってみると、生地がふわっとして、バターの風味も増してなかなか美味!


豊平峡温泉 かまくら ジンギスカン▲ナンを焦がさない程度に炙ったら、キャベツ1枚とお肉1枚をナンで巻くように挟みます


これがまー、なんともいえず美味しい!というより、究極に美味しい!お肉の塩気が、ナンの小麦とバターの甘みにちょうどよく絡み合うんです!
豊平峡温泉風ジンギスカンサンド。みなさん、これはぜひおためしを!この食べ方、間違いなくハマりますよ。

 

食後は温泉に入って、煙の匂いとサヨナラ♪

ジンギスカンをたらふく食べたら、源泉100%かけ流しの温泉でゆったりと。
実は、かまくらでの食事プランには温泉入浴もセットで含まれているんです。炭火の煙をたっぷり浴びた身体や髪の毛もこれで綺麗サッパリ♪匂いを車や自宅に持ち帰ってしまう心配はありません。


豊平峡温泉 かまくら ジンギスカン▲雪見露天風呂をゆったり堪能しましょう♪


豊平峡温泉の巨大かまくらは、例年1月中旬頃から3月上旬頃まで登場します。もちろん天候や気温に左右されるので、期間が長い年もあれば短い年もあります。事前に確認しつつ予約を入れてから行きましょう。
まるで秘密基地のような巨大かまくら。みなさんもぜひこの中で、美味しい生ジンギスカンやナンを味わってみて下さい♪

※写真の料理は、取材撮影用として特別に1人前分程度の量を用意してもらいました。実際のものとは多少異なります。
※温泉の写真は、特別な許可を得て営業時間外に撮影しています。豊平峡温泉ではスマホの自撮りなども含め温泉内での撮影は禁止されています。

\食べたい!食べるべき!と思ったら「なまらいいね!」/

この記事をSNSでシェアしよう!
  • 豊平峡温泉の謎その3:雪の中の秘密基地!?巨大かまくらの正体は?
  • Google+

FacebookのIDを利用して、北海道Likersへ登録します。

北海道Likersは、北海道を愛する皆さんと北海道を盛り上げるコミュニティです。

  • 利用規約に同意の上ご登録ください。
  • FacebookのIDで簡単に登録できます。登録は無料です。
  • Facebookに設定しているメールアドレスを登録します。お客様のメールアドレスは、北海道Likers運営からの連絡に利用いたします。
Title
Close