「ホッケの燻製」 北海道の家庭料理シリーズ~酒の肴編(1)

ホッケを燻製にし、味付けをしたのが「ホッケの燻製」。

いろいろなメーカーから商品が出ていますが、これを買った札幌二条市場のお店の人によると「今年はホッケが不漁だから、ホッケの燻製が出回らないのさ」とのこと。

ビールのつまみには、最高に相性がいい「ホッケの燻製」。

「ホッケのみりん干し」という商品もありますが、それとは異なります。


「道産の脂ののった新鮮なホッケじゃないと、おいしい燻製にはならない」と、二条市場の人が教えてくれました。




脂で手がギットギトになりますが、そんなの無視して皮をむきます。縦に割るようにすると、意外と簡単に身と皮がはがれます。



 
食べるたびにむいてもいいのですが、私は3~4本先にむいて、まとめ食い(笑)。燻製の燻した香りと甘辛い味は、いつまでもしゃぶっていたいくらい。

これを食べながら飲むビール…くーっ、たまりません!

 

 

 
ホッケが不漁で、商品が少ないそうですから、お土産屋さんでみかけたら、購入しておかないと、次にいつ出会えるかわかりませんよ。