北海道情報サイト「北海道ライカーズ」北海道情報サイト「北海道ライカーズ」

what likers

2018年01月12日 | 田中 勲

札幌で手ぶらスキー&スノーボードを楽しもう!

ばんけいスキー場で、はいポーズ


北海道の冬の楽しみといえば、やっぱりスキーとスノーボード!そこは北海道、リゾート地まで行かなくても楽しめるんです。札幌近郊にもいくつものスキー場が点在していて、市街のホテルに宿泊していても、あっという間にゲレンデに到着。しかも道具やウェアがなくても、全部レンタルでスキー&スノボができちゃう!ということで、北海道Likers東京スタッフのワカバとモモコが、実際に手ぶらスキーを体験してきましたよ!

 

目移りしまくりのウェアのブランドレンタル!

今回訪れるのはさっぽろばんけいスキー場。JR札幌駅から約8kmしか離れていないのですが、初心者・家族向けコースから中級者、上級者コースまで全17コースあり、国際競技会も開催されるスキー場なのです。

スキー場までは地下鉄の駅からバスが運行しています。都心から便利なのは、地下鉄東西線円山公園駅からのバス。JR札幌駅からでも地下鉄を使って円山公園駅まで15分、さらにバスで15分。つまりばんけいスキー場まで約30分で到着します。本州の都市では考えられない近さですね。


円山公園駅のバス停▲円山公園駅のバスターミナルからバスに乗車。多少スキーの心得があるワカバ(左)と、スノボ経験はあるがスキーは初心者のモモコ(右)。2人ともやる気まんまん!


ばんけいスキー場のセンターロッヂ▲バス停で降りて、少し階段を登って、ばんけいスキー場のセンターロッヂに到着!


早速レンタルを申し込みます。レンタルできるのは、板・ブーツ・ポールに、ウェア・ゴーグル・ヘルメット。毛糸の帽子と手袋はレンタルできないので持っていくか、ショップ購入する必要があります。


レンタル申込書の記入▲靴のサイズや身長などを申込書に記入。ウェアと道具のレンタルに食事とリフト券がセットになった手ぶらパックプラン ウェア付は、大人4時間11,000円、7時間12,500円、ナイター9,700円


ばんけいスキー場自慢のウェアのブランドレンタル!様々なメーカーの色とりどりのスキーウェアから、自分の好きなものを自由にチョイスできます。


ブランドレンタルでのウェア探し▲2人のウェア選びは真剣そのもの

ブランドレンタルのウェア探し、決定!▲ようやく決まりました!


早速着替えて、次は道具のレンタルです。自分の申告したサイズのブーツ、板、ポールをスタッフが準備してくれます。


ブーツのレンタル


ポーツのレンタル


さて、準備完了!滑るぞ!


準備完了!

 

良質の雪にシュプールを描く!レッスンで上達も

ばんけいスキー場の最上部は標高482m。天気が良ければ、こんな風に札幌市街を一望できます。


頂上からの眺め(昼)▲写真提供:さっぽろばんけいスキー場


夜景が望めるナイターもまたいいんです。


頂上からの眺め(夜)▲写真提供:さっぽろばんけいスキー場


さて2人はセンターリフトに乗って、まずは初級者向けのセンターCコースに挑戦。札幌市街から近いとはいえ、そこは気温の低い北海道。良好な雪質に2人ともご機嫌です。


ゲレンデ風景


スキーは初めて…という人でもレッスンを受ければすぐに上達できます。ばんけいスキー場にもばんけいスキー学校があって、レベル別グループレッスンや個人レッスンを行っています(要予約)。

今回、2人も特別にレッスンを受けさせてもらいました。


スキーレッスン1▲指導してくれたのは、ベテラン指導員の多田さん!理論を知れば、スキーは一気に上達しますよ~とのこと


スキーレッスン2▲言われた通りに体重移動をさせて…


スキーレッスン3▲「モモコさん、とってもいいですよ!」。多田さんに褒めてもらって、うれしそう。モモコ曰く、先生の教え方が上手くて、滑りの感覚が変わったそうです


さてお昼も近くなってきたので、レストランのあるセンターロッヂに向かいます。2人とも、だいぶ滑りに慣れてきたかな?


ロッヂへ向かう2人


ランチはセンターロッヂの中のレストラン、ベルクヒュッテで。ばんけいスキー場の名物メニューは、ライスでコブを表現したban.Kモーグルカレー(1,100円)!ラーメンやカレーの他にも、パスタのカルボナーラ(850円)があったりして、メニューが豊富なレストランです。


モーグルカレーとカルボナーラ▲モーグルカレーでスキー板に見立てているのはチキンフライ!大食さんも満足のボリューミーなメニューです


「これだけ近くて手ぶらでできるなら、出張ついでに滑りにきてもいいよね~」「ナイターもありますから、仕事や観光の後にひと滑りして、さらにすすきのに繰り出す…っていうのもできますよ」と2人。本州ではなかなかできないスタイルでのスキーが、すっかり気に入ったようです。


ベルクヒュッテでの食事▲ベルクヒュッテは暖炉や丸太のベンチがある山小屋風のレストラン。ゆったり食事が楽しめます


これで取材は終了、撤収…と思ったら、アレアレ!


スキーリフト


せっかくなのでもうひと滑りしてくるとか。元気だな~。

こんな札幌での手ぶらスキー&スノーボード。冬に仕事や観光で札幌を訪れるのなら、ぜひ一度経験してみて欲しい、北海道Likers冬イチオシの遊びですよ!

 

関連リンク

さっぽろばんけいスキー場

\行きたい!行くべき!と思ったら「なまらいいね!」/

この記事をSNSでシェアしよう!
  • 札幌で手ぶらスキー&スノーボードを楽しもう!
  • Google+

3dc70850 3c05 46c6 9ca8 fe04bbfd0a64

Writer

田中 勲

FacebookのIDを利用して、北海道Likersへ登録します。

北海道Likersは、北海道を愛する皆さんと北海道を盛り上げるコミュニティです。

  • 利用規約に同意の上ご登録ください。
  • FacebookのIDで簡単に登録できます。登録は無料です。
  • Facebookに設定しているメールアドレスを登録します。お客様のメールアドレスは、北海道Likers運営からの連絡に利用いたします。
Title
Close