2017年11月02日 | 田中 勲

北海道への夢と情熱を語り合う。サッポロクラシック富良野VINTAGEで乾杯!500da714 faab 40a3 988a 49088cf2d731

集合写真


北海道Likersの人気インタビューシリーズ、各界を牽引するビジネスリーダーに迫る「情熱の仕事人」、新たな食の地平線を切り開く生産者を紹介する「大地を創る人」に登場した人々が、年一度、一堂に集う交流パーティーが、2017年10月8日に開催されました。その模様をレポートします。
 

「富良野VINTAGE」の乾杯でスタート

パーティー会場は、サッポロガーデンパークの「ガーデングリル」の個室。顔見知りだったり、久しぶりの再会だったり、初めての出会いだったり、パーティーはスタート前から挨拶や語らいで賑やかな雰囲気です。まずはサッポロビール株式会社北海道本社の生方誠司代表が、「北海道を元気にしている皆さんの交流の場を設けることで、さらに北海道を盛り上げていきたい。サッポロビールも皆さんと共に歩んでいきます」と挨拶をしました。


乾杯風景


続いて乾杯です。手にするのは、富良野の摘みたての生ホップを活かしたこの時期だけの特別なビール「サッポロクラシック’17富良野VINTAGE」です。「乾杯!」の掛け声で、パーティーはスタート。おいしいジンギスカンと富良野VINTAGEとの相性の良さを楽しみながら、そこここで会話が弾みます。


歓談風景

 

それぞれの近況を語る熱いスピーチ!

このパーティーのメインイベントといえば、皆さん一人ひとりが近況を報告するスピーチです。2分間という短い時間ですが、今手がけていることへの情熱を、どなたも熱く語られていました。そのスピーチの一部をご紹介します!


スピーチ風景


「今年オープンしたギンザシックスに出店。『白い恋人』は置いていきましたが、他の商品の売れ行きはとても好調です」(石屋製菓株式会社 代表取締役社長 石水創さん)

「食も自然も素材が良い北海道にはまだまだ可能性がある。今年から本格的に始動したコンベンション・No Mapsで新しい北海道を生み出していきたい」(クリプトン・フューチャー・メディア株式会社 代表取締役 伊藤博之さん)

「4年前から仕掛けてきたNo Mapsがようやく実現しました。人と人との出会いから生まれていく北海道発のビジネスに期待しています」(株式会社ウエス 代表取締役 小島紳次郎さん)

「10月に参加費が1人2万円の北海道十勝フード&ワインフェスティバルを開催。こういったS級の食事を提供するフェスティバルは海外では当たり前。北海道での普及も目指します」(株式会社プロットアジアアンドパシフィック 代表取締役会長 後藤健市さん)


人物1


人物2


「マレーシア工場でハラル餃子の、十勝工場でハラル和菓子の生産を始めます。日本人もイスラム教徒も安心して食べられる食づくりを行っていきます」(株式会社とかち製菓 代表取締役 駒野裕之さん)

「来年3月、伊勢丹新宿店の北海道展でマーボーメンのイートインを行う予定です。東京の人に布袋の味がどう評価されるか、不安と希望でいっぱいです」(中国料理布袋 相談役 佐藤勲さん)

「今年はサツドラと北海道くらし百貨店の2つの店舗を沖縄・那覇市の国際通りに出店しました。これからも、沖縄と北海道を結んでいきたいと考えています」(株式会社リージョナルマーケティング 代表取締役社長兼CEO/サツドラホールディングス株式会社 代表取締役社長 富山浩樹さん)

「オホーツクの食を東京に…と、4月にタラバガニを使ったクラブレッドカレー専門店を浅草にオープン。来年3月には網走牛乳を使ったアフォガードの店を秋葉原に出します!」(株式会社MID VILLAGE 代表取締役 中村守宏さん)


人物3


「8月に便利屋事業に参入。交通だけではなく、幅広い年代の様々なニーズに応えることができる『総合生活支援会社』を十勝バスは目指します」(十勝バス株式会社 代表取締役社長 野村文吾さん)

「昨年、松尾めん羊牧場をオープンし、サフォーク種の羊の生産に参入。臭みの全くないクオリティの高い肉が作れています。道産羊の美味しさをアピールする店舗を将来は展開したいですね」(株式会社マツオ 代表取締役社長 松尾吉洋さん)

「2011年から稼働する十勝産小麦の製粉工場も2016年に黒字化。これからもプロダクトアウトではなく、マーケットインの発想で農家と消費者を繋げていきます」(株式会社山本忠信商店 代表取締役 山本英明さん)

…などなど。業種の異なる他の方の取り組みに、とても刺激を受けたという声が、多くの参加者からあがっていました。来年は北海道150年を記念して、このパーティーを夏と秋の2回開催することが伝えられ、最後は全員の乾杯で楽しいパーティーはお開きとなりました。


全員写真


北海道を愛する人々のこの日の出会いから、また新しいチャレンジが生まれてくるかもしれません。北海道Likersはそんな情熱を持った人々をこれからも応援していきます!
 

関連リンク

サッポロビール園
 

関連記事

今年で10年目を迎える「サッポロクラシック‘17富良野VINTAGE」

\応援したい!と思ったら「なまらいいね!」/

この記事をSNSでシェアしよう!
  • 北海道への夢と情熱を語り合う。サッポロクラシック富良野VINTAGEで乾杯!
  • Google+

3dc70850 3c05 46c6 9ca8 fe04bbfd0a64

Writer

田中 勲

FacebookのIDを利用して、北海道Likersへ登録します。

北海道Likersは、北海道を愛する皆さんと北海道を盛り上げるコミュニティです。

  • 利用規約に同意の上ご登録ください。
  • FacebookのIDで簡単に登録できます。登録は無料です。
  • Facebookに設定しているメールアドレスを登録します。お客様のメールアドレスは、北海道Likers運営からの連絡に利用いたします。
Title
Close