北海道情報サイト「北海道ライカーズ」北海道情報サイト「北海道ライカーズ」

what likers

Icon search探す

公開 | 小西 由稀

地域の宝をおみくじに~根室「金刀比羅神社」サンマのおみくじ

金刀比羅神社のサンマのおみくじ


御朱印をいただいたり、旅の安全を祈願したり、旅先で神社を訪ねる人は多いと思いますが、旅みやげにこんなおみくじはいかがでしょう?根室市にある「金刀比羅(ことひら)神社」には、サンマの形のおみくじ、その名も「福ざんまいみくじ」があるんです!
 

根室の金刀比羅神社
 

ユニークなおみくじを頒布している金刀比羅神社は、1806年創祀。北洋漁業開拓者の高田屋嘉兵衛により建立されたのがはじまりといわれています。御祭神は大物主神(大黒様)、事代主神(恵比寿様)、倉稲魂神(お稲荷様)の三柱。
 

根室の金刀比羅神社
 

創祀211年を迎えた由緒ある金刀比羅神社の社務所に、噂の福ざんまいみくじはあります。しかも、おみくじを入れている発泡スチロールの箱といい、鮮度を保つブルーの保冷シートといい、サンマを出荷する時に使う本物そっくりの演出!
 

福ざんまいみくじ
 

さらにこの福ざんまいみくじ、釣竿で釣って引くという遊び心が面白いではないですか!
 

福ざんまいみくじを釣る
 

このおみくじを考案したのが、金刀比羅神社の禰宜、前田穣さん。「地域の宝をアピールできるようなおみくじをつくれないか。そう考えたのがきっかけです。根室はサンマの水揚げ日本一ですから、サンマの形をした張り子でおみくじにし、2016年5月から頒布しています」。
 

金刀比羅神社の禰宜さん
 

このアイディアは、すぐに北海道の若手神主の間で共有され、ご当地みくじシリーズ「えぞみくじ」として、トウモロコシやイカなど、道内5ヶ所の神社で地域を象徴するおみくじが頒布されています。
 

えぞみくじ

 
えぞみくじというシリーズですから、書いてある内容にも北海道弁が散りばめられ、また幸運の北海道の名所や名物も。ちなみに、ひいたおみくじは「吉」。幸運の北海道名物は、「肉厚のホッケの開き」でした。
 

ししゃもに見えなくもないサンマのおみくじ
 

オリジナルで張り子の型を作る際、「当初はシシャモにしか見えなくて、苦労しました」と、今だからこそ笑える苦労話も。自分用に釣り上げる人のほか、旅みやげとしても人気があるそうです。
 
このほか、バイクや自転車での旅行者が多い根室では、ステッカータイプのお守り「旅守」や、長寿・健康を祈る「ぼけ封じ守り」という、ほかにはない個性的なお守りもあります。


旅守とぼけ封じ守り
 

また、社務所には「神輿殿・お祭り資料館」も併設し、無料で見学できます。根室の夏を熱く盛り上げる「根室・金刀比羅神社例大祭」(例年8月9日~11日)で実際に使われている御神輿をはじめ、お祭りの写真パネルやポスターを掲示しています。
 

御神輿・お祭り資料館
 
根室に訪れた際はぜひ、金刀比羅神社へ足を運んでみてはいかが?
この記事をSNSでシェアしよう!
  • 地域の宝をおみくじに~根室「金刀比羅神社」サンマのおみくじ

F3ea6fa5 2971 4d12 8e62 077dc40dce4f

Writer

小西 由稀

Title
Close