2017年10月11日 | 孫田 二規子

札幌の隠れた紅葉スポット「紅櫻公園」で秋の行楽を

今年(2017年)から冬も営業することになった札幌市南区の「紅櫻(べにざくら)公園」。園内には散策路や釣堀があり、例年だと今の時期は紅葉が見頃に!「トモエ」(福山醸造)の醤油や味噌を使ったジンギスカン、ニジマスのちゃんちゃん焼きも食べられます。秋の行楽におでかけしませんか?


札幌市南区澄川の「紅櫻公園」

 

SNS映え間違いなし!の景観や数寄屋造の茶室

地下鉄南北線自衛隊前駅より車で9分、徒歩30分。「紅櫻(べにざくら)公園」は山の斜面に広がる総面積2万5000坪の公園です。樹齢豊かな木、様々な場所から集めた銘石、大小14の手彫りの池がつくりあげる景観は風流で、北海道ではややめずらしい趣かも知れません。


札幌市南区澄川の「紅櫻公園」▲高い木々にはさまれた散策路。1周40分程度で歩けます


札幌市南区澄川の「紅櫻公園」▲取材時(2017/10/6)の紅葉は4~6分というところでしたが、カメラを持って撮影に来ている人を何人も見かけました。ちなみに春は桜の名所として知られています


札幌市南区澄川の「紅櫻公園」のいけと滝▲池と滝。池には鯉が泳いでいます


札幌市南区澄川の「紅櫻公園」の石▲風景を引き締める銘石は至るところに鎮座


歴史は古く、金沢から入植した親子が、桜山と呼ばれる火山灰地と原始林だったこの場所で開墾、林業をスタートさせたのは明治の頃。終戦直後からは造園に着手し、昭和30年に一般市民へ開放した後も、「北海道の兼六園」を目指して取り組んできたといいます。


札幌市南区澄川の「紅櫻公園」の神社▲大正4年に建立した開拓神社


札幌市南区澄川の「紅櫻公園」のにじますのつりぼり▲ニジマスの釣堀。釣った魚は調理してくれますよ!


昭和の終わり頃に完成したえぞ数寄屋造の「木乃実茶屋」では、コーヒーや自家製のしそジュースなどを提供。散策の途中の一服にぴったりの場所です。


札幌市南区澄川の「紅櫻公園」▲秋田県の職人が手がけた茅葺き屋根がついた茶屋の正門


札幌市南区澄川の「紅櫻公園」の茶屋▲今年から冬も営業する予定の茅葺き屋根の茶屋(右手)と茶室「寿光庵」(左)。SNS的に映えそうな空間ですね!


中に入ると、床は砂利敷き。「寿光庵」へと続く店奥には石が積まれており、隙間から水が湧き出ていて情緒豊かです。


札幌市南区澄川の「紅櫻公園」の茶屋▲トドマツ、カラマツ、秋田杉、トウヒなどの丸太材を使って建設された茶屋内。梁がむきだしになった内装はインパクトがあります。テーブルは1枚板です

札幌市南区澄川の「紅櫻公園」の茶屋のメニュー▲「紅櫻お点前珈琲セット(珈琲ようかんカフェオレ味付)」。「珈房 サッポロ珈琲館」限定だった「お点前珈琲」がここでも味わえることに!茶せんで点てたコーヒーは口当たりがマイルド


札幌市南区澄川の「紅櫻公園」のしそじゅーす▲しその葉を煮出してつくる「しそジュース(自家製)」はしその風味がしっかり!ほどよい酸味で、自然の味わいが体に染み入ります


札幌市南区澄川の「紅櫻公園」の茶室「寿光庵」▲茶屋に併設する茶室「寿光庵」。床柱には樹齢1500年のオンコを使用。縁側もSNSに向けた撮影ポイントとして人気です

 

ジンギスカンのタレに新味登場!

また、その4年後に完成した「べにざくら本館」は、ジンギスカンやニジマス料理が味わえる食事処。


札幌市南区澄川の「紅櫻公園」の本館▲「べにざくら本館」。秋田杉を使って建てられています


札幌市南区澄川の「紅櫻公園」のべにざくら本館▲こちらも梁が表に出ており天井が高く開放感たっぷり。畳敷きの小上がりとテーブル席もあります


札幌市南区澄川の「紅櫻公園」のジンギスカン▲生ラムジンギス汗定食(ライス・味噌汁・漬物・他一品)。食べ放題メニューももちろん用意


ジンギスカンは、長く愛されてきた自家製ダレに加えて、札幌の「トモエ」(福山醸造)の「トモエ日高昆布しょうゆ」を使った新しいタレが新登場!

また「ニジマスちゃんちゃん焼き」が新メニューとしてお目見え。「トモエ」のみそを2種ブレンドしたタレとバターで香りよく蒸し焼きする北海道の味ですよ。


札幌市南区澄川の「紅櫻公園」のニジマスちゃんちゃん焼き▲「ニジマスちゃんちゃん焼き」。ニジマスは半身なので2〜3人で味わえます


同園は、今年(2017年)9月から経営が変わり、トイレの水洗化や園内Wi-Fi整備、別館の再利用、研修棟の建設など2018年春に向けてリニューアルを進めています。

冬は通常営業の他、「雪中花見など各種イベントを企画中です」と土田博文支配人。「2017年10/28(土)〜29(日)にはハロウィンイベントも開催します!スタンプラリーや野菜マーケット、カラオケやジンギスカン食べ放題などを予定していますので、気軽に遊びに来てください」とのこと。興味のある人は問い合わせを。

大自然の癒しを得に、建築や季節毎の景色を観賞しに、イベントに参加しに。いろいろな楽しみ方ができるレジャースポット「紅櫻公園」。ぜひ心に〝ブクマ〟しておいてくださいね!

\食べたい!食べるべき!と思ったら「なまらいいね!」/

この記事をSNSでシェアしよう!
  • 札幌の隠れた紅葉スポット「紅櫻公園」で秋の行楽を
  • Google+

FacebookのIDを利用して、北海道Likersへ登録します。

北海道Likersは、北海道を愛する皆さんと北海道を盛り上げるコミュニティです。

  • 利用規約に同意の上ご登録ください。
  • FacebookのIDで簡単に登録できます。登録は無料です。
  • Facebookに設定しているメールアドレスを登録します。お客様のメールアドレスは、北海道Likers運営からの連絡に利用いたします。
Title
Close