2017年10月10日 | 小西 由稀

「エクハシおせんべCafé」で根室名物「オランダ煎餅」の手焼き体験!

オランダ煎餅


煎餅なのに、見た目はワッフル。食べるとフニャッと柔らかな食感がクセになる、根室銘菓の「オランダ煎餅」。その昔、オランダから長崎に伝わった焼き菓子が“オランダ焼”となり、魚を追って全国で操業する漁師によって根室に伝えられたといわれています。
 

オランダ煎餅の製造工程を見学できる

 
「以前は根室市内にオランダせんべいを製造するところは何軒もありましたが、現在は2軒しか残っていません」。そう話すのは、そのうちの1軒「ワーキングハウス」の板屋大介さん。板屋さんは「エクハシの宿」も営んでいます。


エクハシおせんべカフェ
 

ワーキングハウスの新しいオランダ煎餅工房として2017年7月16日にオープンした「エクハシおせんべCafé」では、オランダ煎餅の製造行程をガラス越しに見ることができるほか、前日までの要予約でオランダ煎餅の手焼き体験ができます。

 

焼きたての意外な食感にびっくり!
根室みやげを自分でつくる

ということで、オランダ煎餅の手焼き体験をしてきました! 貸し出しのパティシエ用白衣を着て、ゴム手袋、軍手をはめて挑みます。
 

オランダ煎餅体験その1
 

小麦粉や砂糖などを牛乳で溶いた生地を、片側の型に流し込みます。販売しているオランダ煎餅よりも小さいサイズ。型から溢れ出ないように慎重に。
 

オランダ煎餅体験その2


生地を流し込んだら、もう一方の型をかぶせて固定。片面をしっかり焼くのに、しばし待ちます。
 

オランダ煎餅体験その3


そして型を反転させるのですが、これが結構な重量。もう片面を焼いていきます。
 

オランダ煎餅体験その4


そろそろできたかな? いい感じの焼き色じゃないですか!?
 
体験者の特権で、焼きたてのオランダ煎餅を味見してみました。意外なことに、サックリした食感にびっくり!「もっとしっかり焼き色をつけるとサクサクした食感になるんですよ」と、板屋さん。時間が経つと、おなじみの柔らかな食感になるそうです。
 

できあがったオランダ煎餅
 

この工程を2回繰り返し、計8枚の手焼きオランダ煎餅を持ち帰ることができます。“耳”つきのままの手焼き煎餅は、オリジナルの根室みやげになりますね。
体験者にはワーキングハウスのお好きなフレーバーのオランダ煎餅1つをプレゼント!さらに飲みものも付いて、所要時間は約1時間、体験料は1人2000円です。

 

根室のおすすめ品や情報も!
旅人に嬉しいひと休みスポット

エクハシおせんべCaféはJR根室駅から歩いてすぐの好立地。カフェスペースもあり、オランダ煎餅にソフトクリームなどをトッピングして楽しめたり、生クリームやカスタードをサンドしたオランダ煎餅など、オリジナルのメニューを用意。


オランダ煎餅のオリジナルメニュー

 
また、根室でつくられた水産加工品、お菓子などのおみやげ品を販売するほか、市内や近郊の観光パンフレット類も揃えているので、オランダ煎餅を食べながら、次の行き先のプランを練るのも良さそう。
 

エクハシおせんべカフェの店内

\食べたい!食べるべき!と思ったら「なまらいいね!」/

この記事をSNSでシェアしよう!
  • 「エクハシおせんべCafé」で根室名物「オランダ煎餅」の手焼き体験!
  • Google+

F3ea6fa5 2971 4d12 8e62 077dc40dce4f

Writer

小西 由稀

FacebookのIDを利用して、北海道Likersへ登録します。

北海道Likersは、北海道を愛する皆さんと北海道を盛り上げるコミュニティです。

  • 利用規約に同意の上ご登録ください。
  • FacebookのIDで簡単に登録できます。登録は無料です。
  • Facebookに設定しているメールアドレスを登録します。お客様のメールアドレスは、北海道Likers運営からの連絡に利用いたします。
Title
Close