北海道情報サイト「北海道ライカーズ」北海道情報サイト「北海道ライカーズ」

what likers

Icon search探す

公開 | チバタカコ

アカデミー札幌U-12~未来のコンサドーレ戦士に会いに行こう!(5)

北海道コンサドーレアカデミー札幌U-12
 

ウラコン企画、コンサドーレアカデミーの選手たちに会いに行くシリーズ5回目は札幌U-12。120人もの選手がいる札幌U-12は、「U-12EAST」「U-12WEST」と市内を東西に分けて練習をしていました。
 

札幌U-12は、東西に拠点を設けて練習

札幌U-12には現在、3年生~6年生の120人の選手が在籍しています。コンサドーレアカデミーの中で一番の大所帯です。去年まで雁来のコンサドーレグラウンド1ヶ所だけでしたが、2017年から市内を東西に分割し、西地区は中央区の盤渓にあるAMスポーツクラブサッカー場、東地区は東区雁来のコンサドーレグラウンドが練習拠点になりました。
 

北海道コンサドーレアカデミー札幌U-12▲中央区盤渓にあるAMスポーツクラブで練習する、札幌U-12WEST
 

NPO法人さっぽろAMスポーツクラブは、地元のサッカークラブ「アンフィニMAKI.FC」を運営する総合地域型スポーツクラブです。コンサドーレは、2017年4月からアンフィニMAKI.FCと業務提携をし、アンフィニMAKI.FCに所属していた小学校5、6年生を札幌U-12加入させ、4年生以下はセレクションを経て加入、また、アンフィニMAKI.FCの指導者を札幌U-12のコーチに迎え、ジュニア世代育成の強化を図っています。
 

北海道コンサドーレアカデミー札幌U-12▲東区雁来にあるコンサドーレグラウンドで練習する、札幌U-12EAST
 

WESTは、西区、中央区、南区、豊平区、手稲区在住の選手で、地下鉄「円山公園」駅から盤渓まで、EASTは、東区、北区、清田区、厚別区、白石区在住の選手で、JR「札幌」駅から雁来まで、それぞれ送迎バスを運行しています。
札幌市内だけはなく、小樽市、苫小牧市、千歳市から通う選手たちもいます。
 
北海道Likersは、盤渓と雁来で札幌U-12の選手たちに会ってきました。
 

札幌U-12WESTの拠点は、中央区盤渓 

北海道コンサドーレアカデミー札幌U-12WEST▲札幌U-12WESTの選手たち


札幌U-12の監督は、アカデミーサブダイレクターも兼務する浅沼達也さん。浅沼監督に話を聞こうと思ったら「実際に指導しているコーチを紹介しましょう」と紹介されたのが、札幌U-12WESTコーチ、津元靖史さん。
 

北海道コンサドーレ札幌U-12WESTコーチ、津元靖史さん▲北海道コンサドーレ札幌U-12WESTコーチ、津元靖史さん。去年までアンフィニMAKI.FC U-12の監督を務めていました

 
札幌U-12WESTでは、どのような指導を行っていますか?
 
「基本的な技術の繰り返しで、この年代で必要な、止める、蹴るという基礎を大事にしています。それと、さぼらないで一生懸命にプレーをするということ。さぼらずに努力をする、真剣に集中して練習をするということを伝えています」。

 
北海道コンサドーレ札幌U-12

 
「また、プレーの判断をしっかり植え付けます。目の前の相手に対して、かけひきをすることを今からしっかり意識してほしいと思っています」。
 

北海道コンサドーレ札幌U-12

 
「コンサドーレアカデミーはプロを目指すクラブなので、私たちも『プロ』をイメージしながら育てていきたいと思っています。彼らには、トップチームのコンサドーレにあこがれてほしいですね。そして、コンサドーレから世界へ、海外で戦える選手がここから出てくるのが、今から楽しみです」。
 

北海道コンサドーレ札幌U-12
 

北海道Likersが訪れた時は、3年生~6年生までの選手が、学年別に練習をしていました。人数も多いので、「ボールに触る時間も少ないだろうし、ちょっとさぼっちゃう子もいるんじゃないか」と意地悪な視線で見ていたのですが、さぼるなんてとんでもない!津元コーチが言っていた「さぼらずに集中して練習する」を、全員がきっちり体現していました。
 

コンサドーレのエンブレムは、良い意味でのプレッシャー

札幌U-12WESTで練習する2人の選手に、話をうかがいました。
 

北海道コンサドーレ札幌U-12、寺前歩陸君▲北海道コンサドーレ札幌U-12、寺前歩陸君(小学校6年)。アンフィニMAKI.FC U-12→北海道コンサドーレ札幌U-12
 

「お兄ちゃんが楽しそうにサッカーをしていたので、影響されて5歳の時から始めました。僕は、ヘディングや豪快なプレーが得意なので、そういうところをもっと活かしたいと思っています。今年からコンサドーレのユニフォームを着ていますが、ちょっとだけプレッシャーです(笑)。コンサドーレなんだから、負けたらいけないと思って。将来はプロサッカー選手になって、海外で活躍したいです」。
 

北海道コンサドーレ札幌U-12、奥野雄馬君▲北海道コンサドーレ札幌U-12、奥野雄馬君(小学校6年)。アンフィニMAKI.FC U-12→北海道コンサドーレ札幌U-12
 

「お兄ちゃんがアンフィニMAKI.FCにいたので、それで僕も4歳の時からサッカーを始めました。スアレス選手(FCバルセロナ)にあこがれます。僕は、ペナルティエリアでのGKとの1対1のプレーが得意なので、たくさんゴールを決めたいと思います。寺前君と同じく、コンサドーレのエンブレムをつけるのは、プレッシャーですが、負けたらダメだ!と思うので、がんばれます。将来の目標は、プロサッカー選手です」。
 

札幌U-12EASTの拠点は、東区雁来 

北海道コンサドーレ札幌U-12EAST▲札幌U-12EASTの選手たち。北海道Likersが訪れた日は、5~6年生の練習日でした


東区雁来で札幌U-12EASTを指導しているのは、一昨年はアンフィニMAKI.FC U-15、昨年は札幌U-18のコーチの指導をしていた鈴木健士さん。鈴木コーチは、アンフィニMAKI.FC U-12 →アンフィニMAKI.FC U-15→コンサドーレ札幌U-18→東洋大学という経歴の持ち主。コンサドーレアカデミーのOBです。
 

北海道コンサドーレ札幌U-12EASTコーチ、鈴木健士さん▲北海道コンサドーレ札幌U-12EASTコーチ、鈴木健士さん
 

札幌U-12EASTで指導する時に、意識していることは?
 
「札幌U-12は、アカデミーの中で一番下なので、上のU-15、U-18へ行くことを逆算してトレーニングを考えています。特に、個の育成にフォーカスして、サッカーも私生活でも、自分で考え、行動する、『自立する』ということを意識しています」。
 

北海道コンサドーレ札幌U-12▲取材した日は、新しいトレーニング内容やチームの方向性についてのブリーフィングが行われていました


北海道コンサドーレ札幌U-12

 
「私が札幌U-18の時のコーチが、元コンサドーレ札幌の監督で、7月からアカデミーヘッドオブコーチに就任した財前恵一さんです。身近にいるので、わからないことなどがあれば尋ねるし、アドバイスを受けることもあります」。
 

北海道コンサドーレ札幌U-12

 
「札幌U-12は人数も多いですが、一人でも多くの選手が、上のカテゴリーに行けるようにしたい。いつかトップチームに昇格して、スタメンで出場できる選手に成長して、そして世界へ羽ばたいていける選手たちを育てたいと思っています」。
 

北海道コンサドーレ札幌U-12

 

将来は、日本代表選手に

札幌U-12EASTで練習する2人の選手に、話をうかがいました。
 
 
北海道コンサドーレ札幌U-12、秋一星君▲北海道コンサドーレ札幌U-12、秋一星君(小学校6年)。あこがれの選手は、アーセナルFCのエジル選手
 

「お父さんがサッカーをやっていたので、一緒にやるようになりました。アカデミーは、友だちが『セレクションあるよ』って教えてくれたことがきっかけです。僕は、ドリブルやスピード、パスをするのが得意です。試合でゴールを決めた時、サッカーって楽しいな、と思います。将来の夢は、海外で活躍する日本代表選手です」。
 

北海道コンサドーレ札幌U-12、小沼昭人君▲北海道コンサドーレ札幌U-12、小沼昭人君(小学校6年)。サッカー日本代表の井手口陽介選手(ガンバ大阪)やイニエスタ選手(FCバルセロナ)があこがれの選手だとか
 

「僕は豊平区の少年団でサッカーをしていましたが、アイスホッケー選手だったお父さんが『コンサドーレにチャレンジしてみたらどう?』と言ってくれて、4年生の時にアカデミーのセレクションを受けました。ロングパスやスルーパスが得意なので、それでチームに貢献したいです。将来は日本代表になって、海外で活躍したいです」。
 

北海道コンサドーレ札幌U-12
 

去年までの札幌U-12は、全員雁来のグラウンドで練習をしていましたが、今年から東西に分かれ盤渓に拠点ができたことで、練習へ通うのが楽になった選手がたくさんいるそうです。札幌U-12の浅沼監督は「この年代は、自分の生活圏で活動することが大事」と言います。また「今は東西ですが、南北にも拠点ができれば札幌U-12は札幌市内全域をカバーできます。盤渓のAMスポーツクラブのように、地元のクラブやスクールともっと協力できれば、札幌全体のサッカーが盛り上がるだろうし、それは北海道全体の盛り上がりにつながります。オール北海道でサポートできる環境が整備されること、それが目標です」と語ってくれました。
 

北海道コンサドーレ札幌U-12
 

札幌U-12から札幌U-15、札幌U-18、トップチームへ、そして札幌出身のコンサドーレ選手が日本代表へ!彼らを見ていたら、そんな夢を見たくなりました。
札幌U-12の選手たち!北海道Likersの夢をかなえてくださいね。
 

コンサドーレのアカデミーとは

Jリーグのクラブは、プロとして活躍する選手を一人でも多く輩出するために、1種(トップ・サテライトチーム)だけではなく、2種(ユースチーム[高校生])、3種(ジュニアユースチーム[中学生])、4種(ジュニアチーム[小学生]やスクール、クリニック)の育成年代の組織であるJリーグアカデミーを持つことが義務づけられています。アカデミーとは、2種、3種、4種に属するチームの総称のことを言います。「U-」はUnderの頭文字です。
簡単に言うと、小中高校生の未来のコンサドーレ選手の卵たち、とイメージしてください。
 
 

関連リンク

北海道コンサドーレ札幌
北海道コンサドーレ札幌アカデミー U-12札幌
この記事をSNSでシェアしよう!
  • アカデミー札幌U-12~未来のコンサドーレ戦士に会いに行こう!(5)
Title
Close