白身のお刺身がおいしい!「ハッカク」

この時期、道内の居酒屋に行くと「おすすめ」メニューに高確率で登場する魚が「ハッカク」です。
魚類図鑑には「とくびれ」という名前で出ていました。 




ハッカクは、お刺身や焼き物で出てくるので、姿をそのまま見ることはあまりないと思います。では、お見せしましょう。

今回、ハッカクのお造りをつくってくれたのは、京王プラザホテル札幌地下1階「あきず」の板長、荒木地忠さん。 



「ハッカク(八角)という名前の由来は、真正面から見ると、顔が八角形をしているからなんですよ」と荒木地板長。

ハッカクの特徴は、大きな背びれと尾びれ。
特にオスは、これらが大きく、伸ばすとこんな感じ。 



さっそく、ハッカクをさばいてもらいました。
まずは、この大きな背びれをそぐように取ってしまいます。 





そういえば以前、小樽の南樽市場に取材に行った時も、この背びれをそいだハッカクが店頭に並んでいました。 




 「この背中の部分に味噌をつけて焼く『軍艦焼き』や一夜干しして焼いて食べるのもおいしいです」(荒木地板長談)。 

ハッカクの頭をつけて、盛り付けます。 



刺身は、半透明な身で引きしまり、ちょっと歯ごたえのある食感。
あっさり淡白かと思いきや、想像以上に脂がのっていて、噛んでいるとどんどん甘味が広がってきます。 



今が旬の北海道の海の幸です。
北海道に来て、居酒屋や郷土料理店などでメニューに「ハッカク」があったら、ぜひ、お試しを。 


取材・撮影協力/京王プラザホテル札幌 地下1階「あきず」