北海道情報サイト「北海道ライカーズ」北海道情報サイト「北海道ライカーズ」

what likers

Icon search探す

公開 | 孫田 二規子

絶景スポットも!深川市の黄金色の田園地帯をサイクリング!

9月中旬~10月上旬、深川(ふかがわ)市の水田が実りの時期を迎え、稲穂が黄金色に変わります!その美しさたるや日本の秋の風物詩。今回はそんな景色の中をレンタサイクルで走れる場所を紹介します。清々しい秋のサイクリングを!


深川市内の黄金色の田園地帯をサイクリング


北海道における良質良食味米の主産地のひとつ深川市は、米の収穫量が北海道3位の町。毎年、初秋の頃には、市内各所に広がる水田が黄金色に染まります!


深川市内の黄金色の田園地帯


深川の稲穂


そんな水田の様子を眺めながらのドライブもいいですが、たまにはサイクリングもいかがですか?運動になるし、秋晴れの空の下でのんびり自然にふれ合ういい機会です。

というわけで今回は、「まあぶオートキャンプ場」と「深川観光協会」で電動アシスト自転車を借りて水田がきれいに見える場所を巡ってきました!

 

「まあぶオートキャンプ場」から行ける稲穂スポット

市内南部の音江地区にある「まあぶオートキャンプ場」から向かった場所は2カ所。「戸外炉(ととろ)峠駐車公園」「国見公園」です。

「戸外炉峠駐車公園」はキャンプ場から道道79号を進むこと約1.2km。行きはほぼ上りなのでキツイっちゃキツイのですが、電動アシスト自転車が、その名の通りアシストしてくれます。

ここは展望スポットとして人気の場所。町がとても広く見えました。


深川市内の峠からみた黄金色の田園地帯▲「戸外炉峠駐車公園」からの景色。黄金色の部分が水田です。さすが、たくさんありますね!


一方、「国見公園」は、キャンプ場から北に下って東へ上って約1.9km。途中で水田やりんご畑の前を通りました。


深川市内の黄金色の田園地帯をサイクリング▲キャンプ場を出て坂を下ったあたりにも水田がありました


深川市内の黄金色の田園地帯をサイクリング▲りんごの木。深川はりんごの栽培もさかんなのです


そして、公園の展望スポットから見下ろす景色がこちら。手前にある緑や川が奥に広がる水田を引き立てていましたよ!


国見公園の展望スポットからの景色▲国見公園からの景色です


公園から西方面の国道12号(中央国道)までの約4Kmの道路沿いにはイチョウの木が連なり、こちらの10月の黄葉の様子もきれいです。

 

「深川観光協会」から行ける稲穂スポット

JR深川駅にある「深川観光協会」からは、「丸山公園」と街から少し離れた「田園地帯」に行ってきました。


深川駅▲JR深川駅


「丸山公園」へは駅を出て旭川方面に進み、つきあたりを左に曲がって道道875号を走ります。距離にすると約4Km弱。そこから見える風景は、正面に山がそびえ、いかにも日本の農村の景色、という感じです。


深川市の丸山公園からの風景▲どこか郷愁を誘う「丸山公園」からの風景


また、「田園地帯」へは、駅を出てアンダーパスをくぐって線路の向こう側に出、そのまま道なりに進むと到着します。このあたりは視界が開けていて気持ちよく、いつまでも走っていたい気持ちになります。稲穂のかぐわしい香りも感じられるはずですよ。


深川市内の黄金色の田園地帯をサイクリング▲アンダーパスを抜けてまっすぐ来た道


深川市内の黄金色の田園地帯をサイクリング▲稲穂の本当に美しいこと!収獲まであと少しです

 

せっかくだから食べたいよね!「深川どんぶり大作戦」

途中でお腹がすいたら、ぜひ深川でとれたお米を味わいましょう!「深川どんぶり大作戦2017」というイベントに参加している、市内各所の飲食店に立ち寄ってみてください。

参加店では深川の米を使った特別な丼が用意され、スタンプラリーも実施しています。ハーフや小どんぶりを提供している店もあるので、2~3軒巡ってもいいかも。

参加店舗など詳細は下記のURLをチェックしてくださいね。11月26日(日)まで開催しています。

http://www.city.fukagawa.lg.jp/cms/section/shokoro/uo2pli0000016e99.html


「深川どんぶり大作戦2017」の「仙堂」の「深川ザンギ丼」▲参加店のひとつ「仙堂」の「深川ザンギ丼」(写真提供/深川市)

 

朝焼けと夕焼けの時間もおすすめ!

深川市までのアクセスは、道央道利用で札幌から1時間30分、旭川から40分。

黄金色の水田を巡るサイクリングについて、「朝焼けや夕焼けの時間もおすすめです。光に反射してキラキラと輝く稲穂と、焼けて赤く染まった空の景色は神々しくすらあり心が癒されます」と、教えてくれたのは深川市商工労政課の成田将也さん。

後半になるほど、コンバインを使ってダイナミックに収獲している迫力満点の様子や、収獲が終わった後の風情あふれる水田が見られます。時にはのんびりと、秋のサイクリングを楽しむ休日はいかがですか?

ここで紹介した場所以外にも、田園地帯や稲穂が見える場所はたくさん。観光協会やキャンプ場で配布している「ふかがわサイクリングマップ」も参考にしながら、お気に入りの稲穂絶景スポットを見つけてください!


深川市でサイクリング
この記事をSNSでシェアしよう!
  • 絶景スポットも!深川市の黄金色の田園地帯をサイクリング!
Title
Close