北海道情報サイト「北海道ライカーズ」北海道情報サイト「北海道ライカーズ」

what likers

Icon search探す

公開 | 孫田 二規子

「豊浦町噴火湾展望公園」で海岸沿いを走る鉄道を撮影しよう

北海道南西部に位置する豊浦(とようら)町に、絶景自慢の公園があります。ここの展望塔は、鉄道撮影スポットとしてもお薦め。弓なりに曲がる線路や海岸線がとても絵になるのです。「豊浦町噴火湾展望公園」での鉄道撮影の様子を紹介します。


「豊浦町噴火湾展望公園」から撮影した鉄道


桜林の中の遊歩道や、シラカバとカエデに囲まれた彫刻広場などが点在し、気軽に自然に親しめる「豊浦町噴火湾展望公園」。撮影場所となる展望塔は、駐車場から歩いてすぐの場所にあります。


「豊浦町噴火湾展望公園」▲緑の中の散歩道


豊浦町噴火湾展望公園の展望塔▲こちらが展望塔です


エレベーターで上る展望スペースは地上30m。雨でも安心の屋内の窓から、360度がぐるっと見渡せます。取材日はややガスがかかっていたので残念でしたが、晴れていれば西方面に駒ヶ岳、北方面には羊蹄山の姿が見えるそうですよ!


豊浦町噴火湾展望公園から撮影した景色▲東方面の風景


鉄道撮影は西方面にカメラをかまえましょう。見える景色はこんな感じ!


豊浦町噴火湾展望公園からの景色▲西方面


「ここは、海、砂浜、家屋、室蘭本線の線路2本、パークゴルフ場、山…とバラエティに富んだパーツで構図がつくられていて面白いんだよね。普通列車だけでなく、貨物や特急も走るので、いろいろな写真が撮れるんですよ」と、教えてくれたのは、北海道Likersで撮影をお願いしている大滝恭昌カメラマン。「鉄道のある風景」をテーマに、鉄道写真を撮り続けている〝鉄分〟豊富な人物です。

今回撮影したのは、列車が遠くのトンネルから出てきたところと、手前の線路を走っているところです。


豊浦町噴火湾展望公園から撮影した鉄道▲トンネルバージョン1。海を生かした1枚


豊浦町噴火湾展望公園から撮影した鉄道▲トンネルバージョン2。列車に寄ってみました


豊浦町噴火湾展望公園から撮影した鉄道▲線路バージョン1。ググッと寄ってみました


豊浦町噴火湾展望公園から撮影した鉄道▲線路バージョン2。逆向きも!これ特急「北斗」の車両かな…?


「この場所は、本当にいくらでも構図がつくれるよ。線路が弧を描いているので動きのある絵になるし、ポイントにもなるよね」と、大滝さん。みなさんの好みの構図はどんな感じですか? あれはどうかな、これはどうかな…なんて、いろいろな挑戦するのが楽しいですよ!

下記は「こんなのもいいよ」と教えてくれたお手本構図ですので、ぜひ参考にしてくださいね。


豊浦町噴火湾展望公園から撮影した鉄道▲線路を中心に山深い雰囲気を演出


豊浦町噴火湾展望公園から撮影した鉄道▲パークゴルフ場に人がいます!箱庭みたいな楽しい構図ですね


豊浦町噴火湾展望公園から撮影した鉄道▲東方面の線路も撮れます


公園へのアクセスは、車利用で札幌から国道230号経由で2時間、新千歳空港から道央道経由で1時間40分。入口へは国道37号から入れます。また、札幌~函館を結ぶ道央道で、最も海岸に近いP.Aとして知られる「噴火湾P.A」も「豊浦町噴火湾展望公園」の一部。上下ともP.Aから徒歩20分で展望塔へ行くことができますよ。

ひとつの窓の前を占拠し続けたり、ゴミを散らかしたりはNG。マナーを守ってご利用くださいね。

\行きたい!行くべき!と思ったら「なまらいいね!」/

この記事をSNSでシェアしよう!
  • 「豊浦町噴火湾展望公園」で海岸沿いを走る鉄道を撮影しよう
  • Google+

FacebookのIDを利用して、北海道Likersへ登録します。

北海道Likersは、北海道を愛する皆さんと北海道を盛り上げるコミュニティです。

  • 利用規約に同意の上ご登録ください。
  • FacebookのIDで簡単に登録できます。登録は無料です。
  • Facebookに設定しているメールアドレスを登録します。お客様のメールアドレスは、北海道Likers運営からの連絡に利用いたします。
Title
Close