北海道情報サイト「北海道ライカーズ」北海道情報サイト「北海道ライカーズ」

what likers

Icon search探す

公開 | 孫田 二規子

映画のセットがそのまま残る!礼文島「北のカナリアパーク」

「北のカナリアパーク」は、映画「北のカナリアたち」の撮影セットとして立てられた「麗端小学校岬分校」を、そのまま残して公開している施設です。まるで〝本物〟のような学校の様子に、映画好きならずとも感動するはずです!


礼文島の北のカナリアパークの内観

 

映画の世界の中に入り込んだみたい!

2012年に公開された映画「北のカナリアたち」が、北海道で撮影されていたのをご存じですか?北海道北部にある稚内市、礼文町、利尻町、利尻富士町、豊富町という1市4町で撮影され、その大自然の映像の美しさも評判を呼びました。

中でもメインの舞台である「北海道の離島の小学校」のセットがここ「北のカナリアパーク」。撮影後も保存され、なんと無料!で公開されています。


礼文島の北のカナリアパークの外観


赤い屋根の木造平屋校舎は昭和の小学校の雰囲気。私などは懐かしく感じるのですが、若い人には新鮮に映りそう。中には、教室、職員室、手洗い場…などがあり、驚くべきは小道具が細かいこと!映画というのは、ここまでするのか…と感心してしまいます。

特に教室は、イスに座布団が敷いてあったり、ロッカーに縦笛や習字の道具が入っていたり、今も生徒が通っていそうなほどリアル。これらは、撮影用につくったものだけでなく、廃校から集めた〝中古〟の備品も混ざっているそうですよ。


礼文島の北のカナリアパークの内観▲リアルな教室。ここでは映画の主演女優、吉永さゆりさんが…!?この先は内緒です。現地でお楽しみくださいね!


礼文島の北のカナリアパークの内観▲教室の後ろにありましたよね、ロッカー!


礼文島の北のカナリアパークの内観▲手洗い場。年季の入った床材は、利尻町の廃校になった学校から譲り受けたものだそうです


礼文島の北のカナリアパークの内観▲歴代の校長の写真の中に小野徹現町長の姿が…!


他、メイキングVTRが流れ、実際に使われていた撮影予定表や衣装、写真が展示された部屋もあり、映画制作の現場が垣間見られます。

 

2017年からスタートした体験コーナー

今年(2017年)からは、職員室が体験コーナーになりました。「シーグラス・貝殻アクセサリーづくり」がこれまた無料で体験できるのです。

礼文島の北端にある「貝殻の浜」から持ってきた穴あき貝や、海岸で集めたシーグラス(ガラスの破片の角が波で削られて丸みを帯びたもの)に、絵の具を使って絵を描き、それをストラップやキーホルダーにする、という内容です。


礼文島の北のカナリアパークの体験の様子▲元職員室の体験コーナー


礼文島の北のカナリアパークの地域おこし協力隊の稲垣成一さん▲取材対応しくれたのは、地域おこし協力隊の稲垣成一さん


礼文島の北のカナリアパークの体験の様子▲私も挑戦!ネイルアートに使うパーツで〝デコる〟こともできます


礼文島の北のカナリアパークの体験の様子▲完成♪


「北のカナリアパーク」があるのは、礼文島の南部。「ここから見える姿がいちばん好き」という人も多いほど、利尻山がきれいに見える場所でもあります。


礼文島の北のカナリアパークの外観▲ね、絶景でしょ!(写真提供/礼文町)


アクセスは、香深港フェリーターミナルから車で5分。礼文島に行ったらぜひ、訪れたい場所です。
この記事をSNSでシェアしよう!
  • 映画のセットがそのまま残る!礼文島「北のカナリアパーク」
Title
Close