2017年09月12日 | 孫田 二規子

「cafe heart drops」〜札幌シメパフェ(7)

いい意味で「普通」のパフェが食べたい人、牧場ジェラートが好きな人にお薦めしたいのが「cafe heart drops」(カフェハートドロップス)です。砂川(すながわ)市の岩瀬牧場のジェラートとトッピングを自由に組み合わせられるパフェ、そして、肩の力を抜いて過ごせる雰囲気が魅力です!


cafe heat dropsのパフェ


2000年にオープンした「cafe heart drops」は、地下鉄南北線すすきの駅から徒歩数分。国道36号沿いの角に南向きに立つ商業ビルの3階に店を構えています。


cafe heat dropsのビル


cafe heat dropsの入口


赤い壁と青い絨毯。ポップな内装の店内には、靴を脱いで入ります。その理由を「家にいるようにくつろいでもらえたら嬉しくて」と、笑顔で話してくれたのは店主の森脇由香利さん。


cafe heat dropsの内観


しっかりご飯が食べられる夜のカフェとして、「H♡D風ねこまんま」(かつお風味のケチャップごはん)などオリジナリティのあるメニューを揃え、シメパフェブームがくるよりずっと前からパフェも置いています。

「牧場ジェラートが好き」だという森脇さんがパフェの主役に据えたのは、食べ歩きをした中でいちばん好みだった「岩瀬牧場」のジェラート。

特に基本となる牛乳味の「しぼりたて」は、あっさり系の牛乳ジェラートが多い中、きちんとコクがあって口どけがよく、抹茶やラムレーズンなどどんなフレーバーになってもおいしいところが気に入ったそう。


cafe heat dropsの森脇さん▲森脇さん


メニューにある「ハートドロップスパフェ」は、「岩瀬牧場」のジェラート5種の中からひとつ、トッピング10数種の中から3つ選んで好みの味をつくるスタイル。


取材時は、抹茶+黒蜜+きなこ+白玉という和風に挑戦。程よい苦みで後味さわやかな抹茶ジェラートの上にたらした黒蜜が、アイスの冷気で固まり、水あめっぽい食感になっていましたよ!


cafe heat dropsのパフェ▲ハートドロップスパフェ ドリンク付1230円


合わせて「おまかせ定番パフェ」3種の中から「チョコバナナ」もオーダー。「チョコレート」に、プチガトー、バナナ、生クリームがトッピングされた、まさに定番の味です!

この生クリームも岩瀬牧場のものを使用。器にたっぷり入ったジェラートの〝箸休め〟になるようにと、植物性のクリームも少々加えてあっさりめに仕上げています。


cafe heat dropsのパフェ▲おまかせ定番パフェ ドリンク付1230円 


ジェラートの山のてっぺんに君臨するのは、ジンジャーくん。これら飾り付けの焼き菓子は、すべて手作りです。また、口が大きく開いたレトロな雰囲気の器は、札幌市豊平区に工房を構える老舗の1軒「豊平硝子」への特注品。

シンプルだけど、森脇さんの思いがぎっしり詰まったパフェは、きっとみなさんのハートをも満たしてくれるはずです!


cafe heat dropsのパフェ

\食べたい!食べるべき!と思ったら「なまらいいね!」/

この記事をSNSでシェアしよう!
  • 「cafe heart drops」〜札幌シメパフェ(7)
  • Google+

FacebookのIDを利用して、北海道Likersへ登録します。

北海道Likersは、北海道を愛する皆さんと北海道を盛り上げるコミュニティです。

  • 利用規約に同意の上ご登録ください。
  • FacebookのIDで簡単に登録できます。登録は無料です。
  • Facebookに設定しているメールアドレスを登録します。お客様のメールアドレスは、北海道Likers運営からの連絡に利用いたします。
Title
Close