北海道情報サイト「北海道ライカーズ」北海道情報サイト「北海道ライカーズ」

what likers

Icon search探す

公開 | 孫田 二規子

奇岩絶景やおいしい水を求めて!利尻島の西海岸をドライブ

利尻島の西海岸には面白いスポットが点在しています。熊や人の顔に見える奇岩に海の上の朱色の祠、そして利尻山の山裾で湧くおいしい水!日本海沿いの美景ルートをドライブしながら、ちょこちょこお立ち寄りくださいませ。


利尻島の北のいつくしま弁天宮

 

「人面岩」と「寝熊の岩」

ご紹介するのは道道108号線。利尻町沓形(くつがた)の市街地から「仙法志御崎(せんぽうしみさき)公園」に向かって南下する途中に、ぜひ立ち寄って欲しいスポットがあるのです!

まずは「人面岩」。岩場の上に、ぽこっと突き出た岩があるのがわかりますか?岩の上部には白いはちまき。岩場から頭を出して何かを見ている人の横顔…のように見えるのは私だけでしょうか。


利尻島の人面岩


利尻島の人面岩


ちなみに晴れていると、こんなに風に海岸線が見渡せます!


利尻島の寝熊の岩▲(写真撮影/北海道Likersライター 孫田二規子)

そして、熊がいない利尻島なのに熊が見られる場所、それが人面岩の隣にある「寝熊の岩」。展望場所から見下ろすと、熊が海の上に寝そべっているように見える岩です。先端付近のふたつの突起が両耳のよう。イマジネーションを働かせて見てみてください!


利尻島の寝熊の岩


利尻島の寝熊の岩▲(写真撮影/北海道Likersライター 孫田二規子)

 

「北のいつくしま弁天宮」と「麗峰湧水」

その先には「北のいつくしま弁天宮」。鳥居と、奥に祠があります。鳥居と祠と欄干の鮮やかな朱色が目を引きますね!

祠の由来は、嵐で難破しかけた弁財船が弁天様に救われたこと。感謝の気持ちを込め、弁天様を祀るために建立したといわれています。

一方、祠が立つ岩場は「龍神の岩」と呼ばれ、地鳴りをたてて下りてくる何物かがこの岩付近で消えた…という言い伝えがあるそうです。


利尻島の北のいつくしま弁天宮


利尻島の北のいつくしま弁天宮


最後は「麗峰湧水」。利尻山のふもとで湧き出でる水です。


利尻島の麗峰湧水


ランニングを楽しむ人たちの喉を潤す給水スポットとしても機能しているようで、取材時には、東京から来て登山や自転車を楽しんでいるという男性に会いました。

「冷たくてうまい水ですね!」と、男性。この水は、雨や雪解け水が山肌から浸透し、30年以上の年月を経て湧き出しているそうですよ!


利尻島の麗峰湧水


以上、西海岸のドライブスポットでした。いずれも周辺には駐車帯がありますので、そちらに車を停めてお楽しみくださいね!
この記事をSNSでシェアしよう!
  • 奇岩絶景やおいしい水を求めて!利尻島の西海岸をドライブ
Title
Close