2017年07月15日 | チバタカコ

石狩浜で砂のアート三昧!「いしかり浜サンドパーク&ISHIKARI SAND FESTIVAL」

砂像アーティスト保坂俊彦さん

石狩浜海水浴場「あそびーち石狩」で、7月15日~8月6日、砂をテーマにしたイベントが開催されます。世界的な砂像アーティスト、保坂俊彦さんの砂像が見られるのは、北海道ではここ石狩だけ!

 

石狩浜海水浴場「いしかり浜サンドパーク2017」

石狩浜海水浴場「あそびーち石狩」で、7月15日(土)~8月6日(日)「いしかり浜サンドパーク2017」が開催されます。今年で7回目を迎えるこのイベントは、石狩浜に巨大な砂像が出現するというもの。
 
 
砂像アーティスト保坂俊彦さんの作品▲過去のイベントでつくられた、砂像アーティスト保坂俊彦さんの作品
※提供写真
 

予め募集した、砂像コンテストに参加した個人・団体の砂像も自由に鑑賞することができます。
 

いしかり浜サンドパークの一般参加コンテスト▲一般参加のコンテストの様子
※提供写真
 

いしかり浜サンドパークの一般参加コンテスト※提供写真
 

海水浴場の砂で何かをつくるというと、棒倒しの三角山や、穴を掘って塀をめぐらせる基地づくりというイメージしかなかったのですが、砂像を見たらびっくりしますよ。「これ、本当に砂だけ?」「砂に見えるけど、実は発泡スチロールとか…」と、疑ってしまうくらい精巧にできています。
 
 
いしかり浜サンドパークの一般参加コンテスト▲一般参加のコンテスト作品。一般の人でも、こんなに上手にできるんですよ!
※提供写真

 
「いしかり浜サンドパーク2017」の期間中の土・日は、誰でも気軽に砂像づくりが体験できる自由制作コーナーもあるので、展示されている砂像にクリエイティブ魂を刺激されたら、ぜひ参加してみませんか?

 

札幌広域圏組合「ISHIKARI SAND FESTIVAL」

「いしかり浜サンドパーク2017」期間中の7月17日(月・祝)に、同会場で行われるのが、札幌広域圏組合アート振興事業「ISHIKARI SAND FESTIVAL」です。札幌広域圏組合とは、札幌市、江別市、千歳市、恵庭市、北広島市、石狩市、当別町、新篠津村の石狩管内8市町村によって構成される特別地方公共団体で、互いに協力・連携しながら圏域にまたがるイベントなどに取り組んでいます。
 
この「ISHIKARI SAND FESTIVAL」のために制作されたのが、世界的な砂像アーティスト、保坂俊彦さんの「ヴィーナス像」です。保坂さんはドイツでの世界大会で3位、中国での世界大会で準優勝、台湾での世界大会で優勝、アーティストチョイス賞を受賞など数々の受賞歴があり、世界を舞台に活躍しています。
 

砂像アーティストの保坂俊彦さん▲砂像アーティストの保坂俊彦さん。石狩浜でつくり終えたら、すぐ他の現場へ向かうとか。「9月まで家に帰れません(笑)」
 

保坂さんの作品は実は、この度のイベントより一ヵ月も早い6月9日(金)~13日(火)の間に制作されました。作品は石狩浜にあるので誰でも自由に見ることができます。なのですでに「これ見たよ!」という人もいるのではないでしょうか。

 
砂像アーティストの保坂俊彦さんの作品づくり▲北海道Likersが取材に訪れたのは制作初日の6月9日。天気にも恵まれ、予定より速いピッチで制作が進んでいました
 
 
砂像アーティストの保坂俊彦さんの作品づくり▲全体のイメージスケッチを元に、砂を削っていきます
 

道産子ライターとしては、雪像づくりを見慣れているし、実際につくったこともあるので、同じような感じかな?と思いましたが、砂像づくりはちょっと違いました。雪像の場合は、雪のかたまりを外側からおおざっぱに削り、足りない時には雪を足したりしながら、だんだん細かな部分をつくり上げていきますが、砂像は階段ピラミッド型に砂を積み、上から順番に削ります。土台が砂なので、後から上に登って作業をすることができないからです。
 
 
砂像アーティストの保坂俊彦さんの作品づくり▲「ヴィーナス像」は、4段に組んだ砂のピラミッドの頭の部分から仕上がっていました
 
 
砂像アーティストの保坂俊彦さんの作品づくり▲雪像なら、多少失敗してもしばれた雪をまたくっつけることができますが、砂はそれができません。なので、一発勝負!

  
砂像アーティストの保坂俊彦さんの作品づくり▲地域によって砂にも特徴があるそうで、石狩の砂は黒っぽい色が特徴だとか
 

砂像アーティストの保坂俊彦さんの作品づくり▲削った砂を捨てるのに人手を借りる時はありますが、基本的にはすべて一人で仕上げていきます

 
砂の像なので、風雨にさらされて風化するのが心配ですが、崩れないように特殊なノリのようなものでコーティングしていきます。保坂さんが使用しているのは環境に影響のないよう配慮されたもので、砂像を壊してももとの砂に戻るそうです。
制作期間中、雨が降って砂像が崩れるというアクシデントもあったようですが、なんとか完成!
 

保坂俊彦さんの作品「海のヴィーナス」 ▲保坂俊彦さんの作品「ヴィーナス像」
 

保坂俊彦さんの「海のヴィーナス」▲正面だけではなく、いろいろな角度から見てみると、精工な仕上りがよりわかりますよ


「ISHIKARI SAND FESTIVAL」では、世界で活躍するサンドパフォーマー「SILT」による砂絵のライブパフォーマンスのほか、砂をテーマにしたワークショップなども開催されるそうです。
 
北海道の夏は短いです、あっという間に終わります。今年の夏は、石狩浜海水浴場でサンドアートを楽しみませんか?
 
 

ISHIKARI SAND FESTIVAL

●開催日:2017年7月17日(月・祝)10:00~※荒天時は23日(日)に順延
●会場:石狩浜海水浴場あそびーち石狩
●問合せ:事務局 TEL(011)221-1141
※ワークショップなど、詳細はHPを確認してください。

 

いしかり浜サンドパーク2017

●開催期間:7月15日(土)~8月6日(日)9;00~17:00
●会場:石狩浜海水浴場あそびーち石狩
 
 

関連リンク

石狩市
石狩観光協会
ISHIKARI SAND FESTIVAL
札幌広域圏組合
保坂俊彦

\行きたい!行くべき!と思ったら「なまらいいね!」/

この記事をSNSでシェアしよう!
  • 石狩浜で砂のアート三昧!「いしかり浜サンドパーク&ISHIKARI SAND FESTIVAL」
  • Google+

FacebookのIDを利用して、北海道Likersへ登録します。

北海道Likersは、北海道を愛する皆さんと北海道を盛り上げるコミュニティです。

  • 利用規約に同意の上ご登録ください。
  • FacebookのIDで簡単に登録できます。登録は無料です。
  • Facebookに設定しているメールアドレスを登録します。お客様のメールアドレスは、北海道Likers運営からの連絡に利用いたします。
Title
Close