北海道情報サイト「北海道ライカーズ」北海道情報サイト「北海道ライカーズ」

what likers

Icon search探す

公開 | 孫田 二規子

新千歳空港で「雪印パーラー」の「スノーロイヤル」を食べよう!

北海道を代表するアイスクリーム店の老舗「雪印パーラー」の味は、新千歳空港でも楽しめます。「スノーロイヤル」や「空港ソフト」を味わいに立ち寄りませんか? ゆったりしたい派には「HAPPY FLIGHT CAFE」、サッと立ち寄りたい派には「雪印パーラー 新千歳空港店」がおすすめです。

新千歳空港「雪印パーラー」の「スノーロイヤル」

 

ゆったり味わうなら「ハッピーフライトカフェ」

国内線と国際線を繋ぐ3階連絡施設「ハローキティ ハッピーフライト」内、「雪印パーラー」のアイスクリームが揃う「HAPPY FLIGHT CAFE」は、インテリアがサンリオ! お馴染みのキュートなキャラクター達の姿に、ときめく女性もいるはずです。

ハッピーフライトカフェ

同店看板メニューの「スノーロイヤル」は、昭和43年、北海道百年記念式典にご臨場された天皇・皇后陛下のためにとつくられた、なめらかな舌触りのアイスクリーム。

北海道の生乳がふんだんに使われ、乳脂肪分は15.6%と高め。濃厚でミルキーな味わいですが、口の中で溶けた後は甘さが残りません。
卵不使用ゆえの、雪の北海道を彷彿とさせる真っ白な色も特徴です。

新千歳空港「雪印パーラー」の「スノーロイヤル」

サンリオキャラクターのマグカップ付きの「空港ソフト」や「スノーロイヤル」が主役のキャラクターパフェなど、SNS映え間違いなしのメニューもいろいろ。


新千歳空港「雪印パーラー」限定のマグカップ▲手前は「HAPPY FLIGHT CAFE」限定のマグカップ。「空港ソフト」が入って運ばれてきて、食べたあとは持ち帰りできます


新千歳空港「雪印パーラー」のメニュー▲「スノーロイヤル」とアイスクリーム「ストロベリー」を添えたパンケーキ


かわいくておいしい時間をお過ごしください。

 

フライトまでの短時間を利用するなら「雪印パーラー 新千歳空港店」

レジャーにお土産選びに、フライトの時間まであまり余裕がなくなってしまった人は、「雪印パーラー 新千歳空港店」へ。国内線ターミナルビルの2階にあります。

「雪印パーラー 新千歳空港店」

実は新千歳空港内にアイスクリーム工場を持つ同パーラー。ここでは、その工場で新鮮な牛乳と生クリームを原料につくられた「空港ソフト」を提供。

「スノーロイヤル」に比べるとあっさりめで、牛乳のおいしさが感じられるその味は、新千歳空港でしか味わえません。


「雪印パーラー 新千歳空港店」の「空港ソフト」▲新千歳空港だけの味。クリーミーで後味あっさりの「空港ソフト」


ちなみに「スノーロイヤル」を食べたい方は、コーンに載せたタイプがあるので、そちらを選んでくださいね。


「雪印パーラー 新千歳空港店」のスノーロイヤル▲「スノーロイヤル」。コーンタイプは片手で食べられるのがうれしい


この味を買って帰りたい!という人に向けては、カップに入った「スノーロイヤル」と8時間有効の保冷剤を用意。他「リボンナポリン」や「ソフトカツゲン」「カツゲンゼリー」といった北海道限定のお土産も並んでいるので、店内もぜひご観覧を。

「雪印パーラー 新千歳空港店」で買えるリボンナポリンとカツゲン

札幌で「雪印パーラー」に寄りたくても寄れなかった人は、新千歳空港でその願いを成就させてくださいね。
この記事をSNSでシェアしよう!
  • 新千歳空港で「雪印パーラー」の「スノーロイヤル」を食べよう!
Title
Close