北海道情報サイト「北海道ライカーズ」北海道情報サイト「北海道ライカーズ」

what likers

Icon search探す

公開 | nobuカワシマ

夕暮れの大沼公園、茜色に染まる小沼湖畔を散歩

大沼公園、夕暮れの小沼散策路
 
大小さまざまな島が浮かぶ大沼公園では、湖畔や島を巡る散歩を楽しめます。散策路は複数あるのですが、穴場はJR大沼公園駅から歩いて行ける小沼の散策路。特に夕暮れ時は必見!夕日がキレイなスポットですよ。

大沼公園は函館など道南の有名観光スポットの一つで、一年を通じて観光客が多数訪れます。その多くの人たちが行く場所が、大沼湖畔から駒ヶ岳が眺められるこのエリア。

 
大沼公園と駒ヶ岳▲大沼公園を訪れたことがあるみなさん、ここで記念撮影したという方が多いのでは?


でも、今回紹介するのはこちらのエリアではありません。
JR大沼公園駅から線路沿いを1、2分歩いて踏切を渡った先にある、小沼の散策路です。

 

静かに湖畔散策できる小沼の散策路

散策路は途中で分かれ道が複数ありますが、どちらを進んでもぐるっと一周して戻ってくることができるルート。大回り、小回りでも一周20~30分程度でゆったり散歩することができます。


大沼公園、小沼散策路▲スニーカーなど歩きやすい靴なら楽々歩ける散策路。蚊などの虫が多いので、虫よけスプレーなど虫よけ対策は忘れずに


大沼や小沼は大小さまざまな島が浮かぶうえ湖畔が入り組んだ地形なので、湖が左に見えたり右に見えたりします。散策路の風景が変化に富んでいるのもここならではの特徴です。

 
大沼公園、小沼散策路▲湖畔沿いの散策路。水面までさわりに行くことができるほど湖畔が間近な場所も

 
大沼公園、小沼散策路の橋▲島を渡る橋が散策路途中に数多くあるのも大沼公園ならでは。通行に支障はないものの、手すりなど老朽化が進んでいるので触らずに気を付けて通行を

 
大沼公園、夕暮れの小沼散策路と駒ヶ岳▲駒ケ岳を眺められる絶好のスポットには木のベンチがありました

 
大沼公園、小沼散策路から眺めた小沼▲小沼には島のほか、湖底に根を張るヨシや幼木が泥炭層をつけたまま浮き上がった浮島もあります


全く誰も歩いていないとちょっと寂しいと感じる方もいるかもしれませんが、この散策路は時折人とすれ違う程度なので心細さはありません。静かな湖畔の雰囲気をじゅうぶん堪能することができます。

 
大沼公園、夕暮れの小沼散策路の案内板▲訪れた証に案内板で記念撮影はいかが?写真待ちの行列に並ぶことなく撮れますよ


ちなみに、よーく見るとこの木碑、“大沼国定公園”と書いてある「大」の字の右上に穴があいています。これは、アカゲラが巣を作ろうとして空けた穴なんです!結局この巣穴は使われずに終わってしまったそうですが、間近で自然の営みの跡を眺められるなんてビックリですね。

 

小沼の散策路は夕暮れ時に訪れたい!

朝や日中の風景もキレイなのですが、ここのおすすめは夕暮れ時!小沼の先にある山の斜面に沈む夕日、空と水面が茜色に染まる風景はなかなかステキ!


大沼公園、夕暮れの小沼散策路▲散策路の地面や周囲の草木が少しずつ茜色に染まり始めるとここのベストタイムに


散策路の随所で夕暮れ時のキレイな風景を眺めることができます。なかでも日が沈む方向の小沼を眺められる場所はとっておきの観賞スポット。ちょうどよい場所にベンチもあります!


大沼公園、夕暮れの小沼散策路のベンチ▲夕日を眺められるベンチ。座ると、日が沈むまでそのまま離れたくなくなります


大沼公園、夕暮れの小沼散策路▲カップルが夕日に見とれていました。近づいたら邪魔ですよね…、離れて眺めることにしました

 
大沼公園、夕暮れの小沼散策路▲“水面にポチャ”ではありませんが、山に沈む夕日もなかなかキレイ!


沈む夕日を見届けたら散策路を後にします。夕日の絶景スポットから駅までは歩いて15分前後。慌てなくても大丈夫ですが、当然ながら街灯などはないので暗くならないうちに戻りましょう。

 
大沼公園、夕暮れの小沼散策路▲薄暗くなってくると、足元デコボコしているところは見えにくくなるので気をつけて


夕日をじっくりゆっくり眺めるなら時間にゆとりを持ちたいのですが、駅の改札を出て往復30分少々の散歩でこんなステキな風景を眺めることができます!大沼公園へ遊びに訪れた時はもちろん、ドライブや列車の旅でちょっとした時間の合間に訪れるのにピッタリ。
夕暮れの小沼散策、意外と穴場な絶景スポットですよ。
この記事をSNSでシェアしよう!
  • 夕暮れの大沼公園、茜色に染まる小沼湖畔を散歩
Title
Close