北海道情報サイト「北海道ライカーズ」北海道情報サイト「北海道ライカーズ」

what likers

Icon search探す

公開 | 小西 由稀

詩人・谷川俊太郎さんの世界を楽しめる初の空間「俊カフェ」オープン!

詩人・谷川俊太郎さんの世界を楽しめる空間「俊カフェ」が今春、札幌にオープンしました。しかも、谷川さんご本人公認のお店なのだそう!自身の想いを丁寧にカタチにしたオーナーの古川奈央さんに、カフェのこと、谷川さんのことを伺いました。


俊カフェの入り口

 

ご本人の書き下ろしの詩や寄贈品も
お茶を飲みながら言葉に癒される時間

札幌の南3条通り沿い、築90年以上の木造の建物「KAKU IMAGINATION」の2階に、目指す「俊カフェ」はあります。


俊カフェの店内▲座席料500円。ひとり席、テーブル席のほか、子ども連れのファミリーにうれしいミニ小上がり席も。1階入り口では谷川さんの等身大パネルがお出迎え
 

やわらかな陽射しが注ぐ心地よい店内には、詩集や絵本、エッセイなど、谷川俊太郎さんの作品を約250点も展示。いずれも手に取って、テーブルでゆっくりと読むことができます。本棚の上には、このカフェのために谷川さんが書き下ろした詩も飾られています。

 
谷川俊太郎さんの蔵書がいっぱいの本棚▲谷川俊太郎さんは多くの詩や絵本を世に送り出してきたほか、「鉄腕アトム」の作詞を手がけ、スヌーピーが登場する「ピーナッツ」、「マザーグース」などの翻訳でも知られる
 

詩が書かれたマグカップも▲「わらう」という詩が底に書かれたマグカップでハーブティーを飲みながら、同じ作品を読むことができるのも、俊カフェならでは
 

蔵書は古川さんが集めてきたもの、谷川さんのファンから寄贈されたもの、そして、谷川さんご本人から贈られた貴重な絶版本なども含まれます。
 

店内に飾られている詩▲店内の至るところに詩が飾られている

 

“俊太郎さん愛”が結実したカフェ

子どもの頃から「ことばあそびうた」などで谷川さんの作品に触れ、高校時代は校歌で谷川さんの詞を歌い、社会人になって本格的に谷川さんの詩集を読むようになったという古川さん。


オーナーの古川奈央さん 

「俊太郎さんファンの多くがいうことですが、詩の中に“私の思いを代弁してくれる言葉がある”というのが、私の感じる魅力です。その時々の感情にしっくり寄り添ってくれる作品に出会うことができるのが、俊太郎さんの世界だと思います」。

 
谷川さんの詩集▲「ことばあそびうた」は大人になって読むと、新たな楽しさを発見できる絵本。谷川作品をテーマ別に編んだリフィル式の詩集はオリジナル品で、販売もしている


詩が刻まれたポエペンシル▲本の中だけではなく、例えば、えんぴつに詩が刻まれたポエペンシルなど、グッズや音楽でも谷川さんの言葉を楽しめる。ポエペンシルはお店でも販売

 
そんな中、知人を介して、谷川さんご本人との交流も始まりました。「とてもサービス精神旺盛で、好奇心が瑞々しく、まったく偉ぶるところのない方」と、その人柄にも惹かれていったといいます。


谷川さんと古川さん、谷川さん宅での記念写真▲谷川さんのご自宅での記念撮影(写真提供/古川さん)
 

古川さんはコツコツと集めた作品を通して、多くの人に谷川さんの世界に親しんでもらいたいと、2015年に企画展「とても個人的な谷川俊太郎展」を開催。17日間で1000人以上が来場し、大成功を収めました。


 バッジ▲古川さんがつけていた谷川さんのバッジの似顔絵がそっくり!


終了後も「あの企画展は本当に楽しかった」「またやらないの?」など、想像以上に“次を求める声”が寄せられ、心の中でそっと温めていた企画の常設=カフェのオープンを決意。
「何かを得るには何かを手放さなければ」と、フリーライターの仕事を最小限に絞り、準備に奔走。


コースター

費用の一部はクラウドファンディングで募りましたが、全国の谷川さんファンは協力を惜しみませんでした。俊カフェは、古川さんはもちろん、いろんな方たちの“俊太郎さん愛”が結実した空間なのです。

 

「好きな言葉を見つけてほしい」

「俊太郎さんの詩だと意識していなかったけれど、『あ、これもそうなんだ』とお客様が気づく瞬間に立ち会えたり、思い出話を聞かせてくださったりと、毎日楽しいですね」と、古川さん。


古川さん
 
フリーライターからカフェ店主へ。お店を営業するにあたっては、好きだけではやっていけない面もあるはずですが、谷川さんの作品に囲まれ、お客さんとのふれあいがある今の日々を「幸せ」と話す笑顔に、こちらもほっこり。
 
「俊太郎さんファンの方も、そうではない方も、ここで作品にふれて、好きな言葉を見つけてくれたら嬉しい。そんな過ごし方ができるカフェでありたいと思います」。
 

詩人の言葉クッキーと紅茶▲クッキーには、古川さんが書き起こしたという谷川さん語録「詩人の言葉」が付いている。紅茶には自家製の生姜ジャムが添えられる

 
※俊カフェでは、不定期で絵本と詩の朗読会や多彩なイベントを開催。満月の夜にロゼワインを飲むと願いが叶うといういわれから、7月9日に「ロゼワインと詩のパーティー」を開催予定。
この記事をSNSでシェアしよう!
  • 詩人・谷川俊太郎さんの世界を楽しめる初の空間「俊カフェ」オープン!

F3ea6fa5 2971 4d12 8e62 077dc40dce4f

Writer

小西 由稀

Title
Close