北海道情報サイト「北海道ライカーズ」北海道情報サイト「北海道ライカーズ」

what likers

Icon search探す

公開 | 小西 由稀

サッポロクラシック食堂番外編~青ちゃんレシピ②500da714 faab 40a3 988a 49088cf2d731

生産地×料理人×サッポロクラシックがコラボし、北海道の旬の食材を満喫できるレストランメニューを紹介する「サッポロクラシック食堂」シリーズ。今回はその番外編として、家でも簡単につくることができる旬食材のレシピをご紹介します。

 
トキシラズとアスパラのホイル焼きとサッポロクラシック
 
教えてくれるのは、この方。北海道のテレビや雑誌などで大活躍の“青ちゃん”こと、フードプロデューサーの青山則靖さんです。
 

フードプロデューサーの青ちゃん▲フードプロデューサーの青ちゃん。簡単でわかりやすくておいしい!レシピは大人気。料理教室のほか、商品開発やメニュー開発など、幅広い分野で活躍

 

初夏の訪れを感じさせる、トキシラズが今回の主役

 トキシラズは、晩春から夏にかけて北海道沿岸を回遊する鮭の愛称。秋に漁獲される鮭がこの時期に揚がるので、“帰る時を知らない(時不知)”という意味で名づけられました。
 
「鮭なのに身がふっくらしっとり! それがトキシラズの特徴です」と青ちゃん。トキシラズを主役にしたおすすめの料理は、「トキシラズとアスパラのホイル焼き」。箸先から身のふっくら感が伝わってくる料理です。
 
【材料:2人前】
トキシラズの切り身2枚、アスパラ4本、タマネギ1/2個、レモン輪切り2枚
バター10g、塩ひとつまみ、コショウ少々、味ぽんMILD適量
 

トキシラズ▲「切り身といえど、ウロコをしっかり取るのがポイントです」と、青ちゃん。※撮影時はトキシラズではなく鮭を使用しています。
 

【つくり方】
①アルミ箔を広げ、15cm角に切ったオーブンシートをのせる。
②薄切りにしたタマネギ、バター、トキシラズ、バターの順にのせ、四等分に切ったアスパラ、レモンを横に置き、全体に塩コショウをする。
③アルミ箔を閉じ、フライパンにのせて中火にかける。
④フライパンが温まってきたら水を100cc程度入れ、ふたをして10分程度蒸し焼きにする。
⑤トキシラズに火が通ったら、味ぽんMILDをかけて完成。
 

トキシラズとアスパラのホイル焼きの手順▲写真左上:オーブンシートを敷くとくっつき防止に。またタマネギを先にのせることで、その水分でトキシラズがさらにしっとり焼き上がる。写真右上:②の状態。1人前でトキシラズ1枚、アスパラ2本。バターは10gを四等分して使う。写真左下・右下:④のように水を加えると、アルミ箔の中の具材の水分&外の水分でダブル蒸し焼きになるので、早く火が入る(写真提供/青山則靖さん)
 

仕上げに味ぽんMILDをかけて▲仕上げには酸味が穏やかで薄味の味ぽんMILDをたっぷりと。バターは多めでもOK。さっぱりとした中にもコクのあるホイル焼きに

 

海と大地の旬のおいしさを満喫!
「トキシラズとアスパラのホイル焼き」

 
トキシラズとアスパラのホイル焼きとサッポロクラシック
 
完成した「トキシラズとアスパラのホイル焼き」がこちら。初夏が旬のトキシラズとアスパラをホイル焼きにすることで、旨味を逃さず、香りごと楽しめる一品です。味ぽんMILDとバターの相性がよく、爽やかな味わいのサッポロクラシックともぴったり!
 

青ちゃん

「いかがですか?簡単につくれるのに、ちょっとご馳走感のあるひと皿に仕上がります。サッポロクラシックの爽快感と相性がいいと思いますよ。ぜひ初夏の北海道産トキシラズとアスパラでつくってみてください。次回もお楽しみに!」

\食べたい!食べるべき!と思ったら「なまらいいね!」/

この記事をSNSでシェアしよう!
  • サッポロクラシック食堂番外編~青ちゃんレシピ②
  • Google+

F3ea6fa5 2971 4d12 8e62 077dc40dce4f

Writer

小西 由稀

FacebookのIDを利用して、北海道Likersへ登録します。

北海道Likersは、北海道を愛する皆さんと北海道を盛り上げるコミュニティです。

  • 利用規約に同意の上ご登録ください。
  • FacebookのIDで簡単に登録できます。登録は無料です。
  • Facebookに設定しているメールアドレスを登録します。お客様のメールアドレスは、北海道Likers運営からの連絡に利用いたします。
Title
Close