北海道情報サイト「北海道ライカーズ」北海道情報サイト「北海道ライカーズ」

what likers

Icon search探す

公開 | 小砂 志津子

自然素材の手づくり石けんブランド・SAVON de SIESTA(サボン デ シエスタ)

サボンデシエスタ直営店「シエスタラボ」

「サボン デ シエスタ」は、北海道の素材を使用し、世界最古の製法で、1ヶ月もの間熟成をしてつくる石鹸ブランド。「毎日の暮らしに、ココロがホッとするひとときを贈る」をコンセプトに、石鹸をはじめとした肌に優しい自然素材のスキンケア製品やシャンプーを販売しています。北海道のおみやげにもおすすめしたい「サボン デ シエスタ」の商品や、石鹸づくりに至った経緯、商品づくりに関する思いを代表の附柴(つけしば)彩子さんに伺ってきました。

 

化学の道から石鹸づくりの道へ

附柴さんが石鹸づくりをはじめるきっかけとなったのがご自身の肌荒れ。理系の大学院で学んでいた附柴さんは、もともと肌が弱く、市販の化粧品ですぐに肌荒れをしてしまうことに悩んでいたそうです。その頃に手作り石鹸の本と出会い、身近な植物油とアルカリで自分でも簡単に石鹸をつくれることを知ります。もともと大学で化学を専攻していた附柴さんにとって、石鹸づくりはとてもシンプルなもの。家で最初につくった石鹸を使いはじめて、肌の調子も良くなり毎日の暮らしも楽しくなったのだとか。
 

附柴彩子さん▲サボン デ シエスタの代表を務める附柴彩子さん


ご自身で石鹸づくりをはじめた頃は、将来自分が何で暮らしていくかを考えていた時。「自分は研究者に向いていない。人と話をする仕事がしたい」と考えていた附柴さん。
「石鹸は毎日使うもの。肌の汚れを落とすだけでなく、泡立ちやアロマの香りで使って楽しい、ココロもきれいになるような石鹸をたくさんの人に届けたい」、と思うようになったそうです。

「小さいときからお菓子をつくることが好きでした。お菓子をつくる時の卵や小麦の化学反応が好きで化学の道に進みました。石鹸づくりはお菓子づくりみたいなもの。人にプレゼントしたときに喜びをプラスできるんです」。

2005年に、敏感肌の人でも安心して使える石鹸ブランド「サボン デ シエスタ」を立ち上げ、2009年に直営店「シエスタラボ」をオープン。市電通り沿いにある工房を兼ねたショップは、2014年にオープンしました。現在、店で販売している石鹸は、すべてこの工房でつくられています。

 

届けたいのは「ココロがホッとするひととき」

「サボン デ シエスタ」の石鹸のコンセプトは「毎日の暮らしに、ココロがホッとするひとときを贈る」。
附柴さんは「お客さんに届けたいのは、石鹸やスキンケア商品そのものというよりも“今日はいい一日だったな”、“明日も頑張るぞ”というような、使う人の背中を押すものなんです」と話をしてくれました。

 
ヤギのミルクの石鹸▲定番商品のヤギのミルクの石鹸(1,080円、ミニ270円)。しっとりとして赤ちゃんの肌にも使える
 

一番人気のアズキソープ▲一番人気のアズキ石鹸(1,080円、ミニ270円)は北海道十勝産のアズキを使用。アズキの成分と粉末の効果で毛穴の汚れまできれいに落としてくれる

 

世界最古の製法でひとつひとつ手作り

「サボン デ シエスタ」の石鹸は、加熱せずに「けん化」して40日ほど寝かせるコールドプロセス製法でつくられています。保湿成分がしっかりと石鹸の中に閉じ込められているので、使い心地はしっとり。洗顔後もつっぱらずにモチモチとした肌になります。固形石鹸には自然由来のものを使い、化合物は一切使っていないのが特徴です。また、防腐剤が入っていないので約2年の使用期限を設けているそうです。

 
工房内で40日寝かせる▲石鹸は店の奥にある工房でじっくりと寝かせる

 
ひとつひとつ手作り▲パッケージの前に、ひとつひとつ丁寧に角の余分な石鹸を取り除く

 

北海道だからできるモノづくり

商品づくりには「北海道の魅力を届ける」ということもベースになっているという附柴さん。茨城県出身で北海道に来たのは学生時代。北海道のどの部分に魅力を感じているのかを伺ってみました。

「まず一番は自然が豊かで四季がはっきりとしているところです。街の大きさと自然のバランスがとても良いですね。あとは皆さん人柄が良い。やりたいことをやっている人が多いですし、いろんな生き方が許される場所だなと思います。私が今行っている仕事のスタイルは、北海道だからこそできていると思います」と話をしてくれました。

附柴さんの仕事のスタイルとはどのようなものなのでしょうか。
「例えば、『初雪』という商品をつくるきっかけとなったのは、結晶の形で降ってくる北海道の雪に感動したこと。すごくキレイで、その感動を伝えたくて『初雪』という商品をつくりました」。

 
札幌スタイルの初雪札幌スタイルに認定されている「初雪」1,080円


「商品の背景には、すべて物語があります。北海道の自然や素材をつくっている生産者さんの生きざまを、ひとつの石鹸という形に込めています。そして、石鹸を売る時にその物語を丁寧にお客様に伝える。そのことによって、お客様が新たな北海道の一面を知る、また訪れるきっかけになればよいと思っています」。

具体的にはどのようなことでしょうか。
「現在、下川町のトドマツ精油を使わせてもらっています。パートナーとなる生産者さんのことは現場に行ってみないとわからないことが多いので、最初に下川町に行って取り組みを見せてもらったのです。トドマツの芯は製材にし、枝はおがくず、葉っぱは精油にするなど、切った木を一切無駄にしないのです。そして、次世代の森のための植樹も行っている循環型の森林経営をしていました。

そのような生産者さんの姿勢をお店で紹介したり、ブログに載せたりと、積極的に背景の部分もお客様に伝えています。すると、興味を持ったお客さんが下川町へ行って精油づくりを体験しに行くといった、一方通行ではないやりとりが生まれるのです」。

 

物語を感じる季節の商品

季節限定の商品もたくさん販売されていますね。
「季節によって気持ちは移り変わりますよね。春は心が軽くなったり、冬には雪が降るぞ、ってちょっと身構えたり。そのような季節ごとの気持ちにそっと寄り添えるもの、サポートしてあげられる商品をつくりたいと思っています。お客様にシエスタの商品があって良かったと思ってほしいのです。お客さまが使っているシーンをイメージして石鹸をつくっているので、ひとつの商品をつくるのに一年ほど費やします。石鹸のレシピを作るだけだと1日でできるのですが、今はこの気持ちだからこういう香りが良いな、という季節ごとに感じることをメモして、来シーズンの商品づくりのヒントにしています。そのため必然的に一年かかってしまうのです」。

 
店頭に並ぶ季節限定商品▲店頭に並ぶ季節商品。春から夏に向けては、UVカット用の「SUN PROTECT LOTION」がおすすめ


ホワイトバーチと陽だまり▲5月限定の『ホワイトバーチと陽だまり』シリーズ。北海道産の白樺樹液とはちみつが入っている。石鹸は1,512円。スキンクリーム、バスソルト、ボディオイルもある

 

札幌の直営店でしか買えない「札花蜜(さっかみつ)」

数々の商品を生み出している附柴さんに、北海道のおみやげにおすすめの商品を聞いてみました。
「札幌のハチミツを使った『札花蜜(さっかみつ)』です。直営店のシエスタラボには遠方からいらっしゃる方も多いので、札幌でしか買えない石鹸、札幌のものにこだわった石鹸をつくろうと思ってできた商品です。

テレビ局の屋上でミツバチを飼っていて、そのミツバチが大通公園のバラやライラック、植物園や北海道神宮など、半径4㎞以内の花の蜜を運んでくるのです。

お客様に紹介するときは『お店の近くのバラ園などで獲れたハチミツを使っているんですよ』という話をしています。札幌のグリーンシーズンはライラックやバラなどの花が咲き、歩くととても気持ちが良いですよね。そういう札幌の魅力を感じられる商品になっています。札幌のハチミツ、名寄産のオイル、先ほど話に出た下川町のトドマツ精油も入り、メイドイン北海道にもこだわりました」。

 
札花蜜▲「札花蜜(さっかみつ)」(1,512円、ミニ324円)はほんのりとした香りでもっちしりとした泡が特徴。洗い上がりがしっとりしているので洗顔におすすめ

 

「シエスタオイルセラム モリンガ」で新たな事業展開へ

2017年から販売している美容オイル。モリンガという植物の種から取れたオイルは、今まで北海道産にこだわってきた附柴さんにとって新たな事業展開となった商品。販売に至った経緯や理由を伺いました。

「北海道産にこだわっているという話をしてきましたが、こちらの原料はフィリピン産です。モリンガはインドやフィリピン原産の植物で、種にはベヘン酸という成分が含まれています。

遺伝子組み換えではないフィリピン在来の『イロコスモリンガ』という、特定の農園のオイルを使っています。これはいわゆるフェアトレード事業として、安定的な生産をすることで、産地の農園はもちろん、農園で働く人々の生活を守り、売り上げの一部を使って森を守る活動もしています。この取り組みに共感して、モリンガオイルを販売することにしました」。
 

シエスタオイルセラム モリンガ▲限定商品「シエスタオイルセラム モリンガ」4,320円。フィリンピンの在来種から採れるモリンガオイルは最高品質といわれている。貴重な原料を使っているため販売数量を限定している


「石鹸を販売するだけのお店だったら、おそらくこのような商品展開をしていなかったかもしれません。生産者さんも含めて、いろいろなものをつなげてまわしていく、ということを私たちの得意な分野で行っていき、皆さんの毎日のくらしにほっとするひとときを贈り続けたいと思います」。

石鹸屋だけれど届けたいのは石鹸そのものではない、お客さんと生産者さんの思いをつなぐ商品づくりなど、サボンデシエスタの根底にある優しい視点が、商品にぎゅっと凝縮されています。ウェブショップもありますので、興味を持った方はぜひ使ってみてくださいね。お店に行き、附柴さんやスタッフの方に直接お話を聞くのもおすすめです。

\もっと知って欲しい!と思ったら「なまらいいね!」/

この記事をSNSでシェアしよう!
  • 自然素材の手づくり石けんブランド・SAVON de SIESTA(サボン デ シエスタ)
  • Google+

FacebookのIDを利用して、北海道Likersへ登録します。

北海道Likersは、北海道を愛する皆さんと北海道を盛り上げるコミュニティです。

  • 利用規約に同意の上ご登録ください。
  • FacebookのIDで簡単に登録できます。登録は無料です。
  • Facebookに設定しているメールアドレスを登録します。お客様のメールアドレスは、北海道Likers運営からの連絡に利用いたします。
Title
Close