2013年02月06日 | Itsuki

雪のオブジェ作品「スノーラウンジ@ザ・フレイム」/ヒルトンニセコビレッジ

世界でも多くの観光客、移住者の集まるニセコ。
冬にはスキーヤー、スノーボーダーにとって最高のパウダースノーが賞賛されています。
そんな贅沢な環境にある、リゾート地として人気の高い「ニセコビレッジ」の中心に位置する隣接するリゾートホテル「ヒルトンニセコビレッジ」。

 
ヒルトンニセコビレッジ

 
ヒルトンニセコビレッジ

 
今回は、世界を舞台に活動する造形作家ヒロ・タケナカ氏プロデュースによる、 雪のオブジェ作品「スノーラウンジ@ザ・フレイム」完成記念パーティが催されました。

 
ヒルトンニセコビレッジ 完成記念パーティ
 
「スノーラウンジ@ザ・フレイム」とは、12月22日よりホテルのすぐ目の前にオープンした雪と氷の造形による空間アート。

 
スノーラウンジ@ザ・フレイム

 
スノーラウンジ@ザ・フレイム
 
柱となる造形を組み立てると、そこには雪が降ったり、つららができたりします。
氷や雪でテーブル、イスを造っており、天候によって造形も変わります。
 
ここで言われる「完成」とは、雪が「積もり」、柱に「屋根」がつくられ、人が集まる空間として形になること。
 
雪の屋根は、まるでキノコのように丸く面白い形をしています。

 
スノーラウンジ@ザ・フレイム
 
まるで氷の洞窟のような入り口を抜けると、

 
スノーラウンジ@ザ・フレイム

 
スノーラウンジ@ザ・フレイム
 
中はbarカウンターがあり、キャンドルやイルミネーションが埋め込まれ幻想的な世界。

 
スノーラウンジ@ザ・フレイム
 
かまくらと同様に、外と比べて中 の温度は意外と暖かいのです。
 
ここで呑むお酒は、また格別!なのですが、中が温かいとはいっても・・・長い時間いるとさすがに寒いです!
テーブルもイスも全てが氷。
屋根の隙間から見える外の景色やキャンドルの灯り、ライトアップの世界は、しばらく眺めていたくなる程の美しさでした。
 
帰りにヒルトンニセコビレッジ自慢の源泉かけ流し温泉に浸かりました。

 
スノーラウンジ@ザ・フレイム
※写真はお借りした物です

 
露天風呂は、まさに絶景の雪景色。
泉質は熱の湯ともいわれ、体を芯から温めてくれる効果の高い「ナトリウム塩化物泉」。
大きな池を眼前に臨むニセコの温泉は寒さも疲れも癒してくれて、温泉好きの僕としては、是非ともおすすめしたいスポットです。
 
ホテルご宿泊の方は無料で、外来の方は大人1人1,000円/子供1人500円でご利用いただけます。
 
様々なイベント、スキーリゾートなど遊び心も多いニセコビレッジは、北海道人ながら、別世界に来たような雪国の小さな楽園でした。
個人的には家族や友達など、大人数で訪れたい場所でした。

\見たい!見るべき!と思ったら「なまらいいね!」/

この記事をSNSでシェアしよう!
  • 雪のオブジェ作品「スノーラウンジ@ザ・フレイム」/ヒルトンニセコビレッジ
  • Google+

Writer

Itsuki

関連記事

FacebookのIDを利用して、北海道Likersへ登録します。

北海道Likersは、北海道を愛する皆さんと北海道を盛り上げるコミュニティです。

  • 利用規約に同意の上ご登録ください。
  • FacebookのIDで簡単に登録できます。登録は無料です。
  • Facebookに設定しているメールアドレスを登録します。お客様のメールアドレスは、北海道Likers運営からの連絡に利用いたします。
Title
Close