2017年02月28日 | 宮永 明子

とっておきの一枚を応募しませんか?「札幌夜景写真コンテスト2017」募集中!

札幌夜景写真コンテスト2016年の優秀賞「雪降る道庁」(撮影場所:北海道庁旧本庁舎)

2015年10月、札幌は「日本新三大夜景都市」に選ばれました。夜景観光を盛り上げるため、札幌市内の夜景を題材とした写真コンテストが開催されます。札幌市民はもちろんのこと、旅行で訪れた方など、それぞれの視点で切り取った夜景写真を現在、募集中です。さぁ、あなたも札幌夜景の魅力を収めた1枚を応募してみませんか?


札幌夜景写真コンテスト2016年のグランプリ「すすきの熱気が゙産んだ雲」▲2016年のグランプリ作品「すすきの熱気が産んだ雲」(撮影場所:藻岩山)
 
 

写真撮影の腕試しにコンテストへ応募してみませんか?

札幌市内の夜景を題材とした写真コンテスト「札幌夜景写真コンテスト2017」は、夜景観光を盛り上げるため昨年10月に設立された「札幌夜景観光推進協議会」が開催するもの。昨年に続き、2回目で、2017年3月27日(月)まで応募を受け付けています。
 
※1回目は「SAPPORO夜景写真コンテスト」という名称で開催。138作品の応募がありました


  札幌夜景写真コンテスト2016年特別賞「フルムーン コンチェルト」▲2016年3月23日に藻岩山から望む月が「日本百名月」に選ばれたことを記念し設けられた“百名月認定記念特別賞”作品「フルムーン コンチェルト」(撮影場所:藻岩山)
 

入賞者にはホテルペア宿泊券等の賞品授与のほか、作品が市内の展望施設やホテル、市役所ロビーなどに展示されるので、奮って応募したいところ。各部門のテーマに沿った作品なら撮影場所は問いませんが、過去2年間に札幌市内で応募者本人が撮影し、未発表の作品であることが条件です。
※詳細な条件は特設ホームページで確認してください。
 

札幌夜景写真コンテスト2016年の優秀賞「秋色の絨毯」▲2016年の優秀賞作品「秋色の絨毯」(撮影場所:北海道大学)

 

今年は札幌の夜景の特色を活かした4部門を設定

札幌の夜景は、山や展望施設からの眺望はもちろん、冬の風物詩・イルミネーションの先駆けといわれる「さっぽろホワイトイルミネーション」などのイベントや市内各所のライトアップなど見どころがいっぱいです。
 
そこで、山の上からの夜景や展望施設・レストランからの夜景写真を募る「眺望部門」、建築物や自然を意図的に照らした「ライトアップ部門」、イルミネーションや光を活用したイベントの「イルミネーション・イベント部門」、テーマは不問、スマートフォンで撮影した夜景写真「手軽にスマホ部門」の4部門が設けられています。


札幌夜景写真コンテスト2016年の優秀賞「雪降る道庁」▲2016年の優秀賞作品「雪降る道庁」(撮影場所:北海道庁旧本庁舎)
 

例えば、「眺望部門」は旭山記念公園、JRタワー展望室T38、さっぽろテレビ塔等からの眺望。「ライトアップ部門」は札幌市時計台、北海道庁旧本庁舎(赤れんが庁舎)、モエレ沼公園噴水ライトアップなど。「イルミネーション・イベント部門」は定山渓温泉雪灯路、プロジェクションマッピング、白い恋人パーク等。「手軽にスマホ部門」はすすきののネオンや大通公園等の他、あなたしか知らない夜景などテーマは自由です。
 

札幌夜景写真コンテスト2016年の入賞「赤の上のジャンプ台」▲2016年入選作品「赤の上のジャンプ台」

 

あなたの投票で入賞作品候補が決まる!

各部門ごとに、「グランプリ」1点、「準グランプリ」1点、「優秀賞」3点を、WEBサイト上での一般投票により入賞作品候補を決定し、審査員による最終審査を行います。そして、全部門を通して審査員の「丸々もとお」さんが「審査員特別賞」1点を選定します。一般投票期間は2017年4月5日から5月7日まで特設ホームページで受け付けます。
 
※丸々もとおさん。夜景評論家/夜景プロデューサー/イルミネーションプロデューサー/(一社)夜景観光コンベンション・ビューロー代表理事


札幌夜景写真コンテスト2016年準グランプリ「自然と科学が生み出す景色」▲2016年準グランプリ作品「自然と科学が生み出す景色」(撮影場所:藻岩山)

 

日本新三大夜景都市に選ばれた札幌夜景の魅力とは?

「一般社団法人夜景観光コンベンション・ビューロー」が全国4,500名の「夜景鑑賞士」に対してアンケートを実施しました。投票された各夜景スポットを都市別に分類し、上位3都市を「日本新三大夜景」と認定。1位は長崎、2位は札幌、3位が神戸となっています。この認定ブランドは3年に一度、更新を行う予定です。


札幌夜景写真コンテストの2016年入賞「Wonderful night」▲2016年入選作品「Wonderful night」
 

函館市や、ここ数年「工場夜景」により急速に認知度が高まっている室蘭市など、激戦の北海道エリアはもちろん、全国の様々な夜景都市を制して「日本新三大夜景」に認定された札幌。
 
北の大地に広がる人口195万人の大都市夜景の魅力は、2011年にロープウェイをリニューアルした藻岩山の他、大倉山、さっぽろテレビ塔、JRタワー等の“俯瞰的な夜景が楽しめるスポット”が多いこと。「光の絨毯」や「煌めく宝石箱」などと言われ、親しまれています。


 札幌夜景写真コンテストの2016年入選「fantasy night」。大通公園のホワイトイルミネーション▲さっぽろホワイトイルミネーションを撮影した2016年入選作品「fantasy night」(撮影場所:大通公園)
 
 
規模が大きくなっている「さっぽろホワイトイルミネーション」や「さっぽろ雪まつり」など、世界中から観光客が訪れる夜間イベントが多いことも「夜が魅力的な都市」としてのイメージを決定づけ、今や札幌の“夜景観光”の人気が年々、高まっています。
 
写真愛好家の方はもちろんのこと、「夜景の撮影は難しいから…」とあきらめているあなた、“三脚持参”で“絞りを固定”すれば意外と素敵な夜景写真が撮れるかもしれません。それに今回は、気軽に応募できる「手軽にスマホ部門」もあります。
 
この機会に、あなたのとっておきの夜景写真を応募してみませんか?きっと、記憶に残るに違いありません。
 
 

関連リンク

札幌夜景写真コンテスト特設HP
札幌市
日本新三大夜景都市 札幌のパンフレット

 

関連記事

デートにおすすめ!北海道絶景&夜景スポットまとめ

 

札幌夜景写真コンテスト2017

応募期間/2017年2月1日(水)〜3月27日(月)
お問い合わせ/札幌夜景観光推進協議会 事務局(札幌市経済観光局観光・MICE推進部観光・MICE推進課内)
メール:kanko@city.sapporo.jp
TEL:011-211-2376

\行きたい!行くべき!と思ったら「なまらいいね!」/

この記事をSNSでシェアしよう!
  • とっておきの一枚を応募しませんか?「札幌夜景写真コンテスト2017」募集中!
  • Google+

Aae34099 853c 4cb7 919c ced078dcaf5f

Writer

宮永 明子

FacebookのIDを利用して、北海道Likersへ登録します。

北海道Likersは、北海道を愛する皆さんと北海道を盛り上げるコミュニティです。

  • 利用規約に同意の上ご登録ください。
  • FacebookのIDで簡単に登録できます。登録は無料です。
  • Facebookに設定しているメールアドレスを登録します。お客様のメールアドレスは、北海道Likers運営からの連絡に利用いたします。
Title
Close