北海道情報サイト「北海道ライカーズ」北海道情報サイト「北海道ライカーズ」

what likers

Icon search探す

公開 | 孫田 二規子

札幌で雑貨やギフトを探すなら「スペース1-15」〜後編〜

札幌または北海道らしくて、かわいい雑貨や喜ばれるお土産を買いたいなーー。そんな時に足を運んで欲しいのが、古いマンションを利用した「スペース1-15」(スペース イチイチゴ)。21のショップの中から、札幌や北海道にゆかりのある5店を前後編で紹介します!


札幌のスペース1-15の外観

「スペース1-15」の説明や入り方、アクセスは前編をご参考いただくとして、後編では3店のショップの登場です。

 

303号室「書庫303」

札幌のスペース1-15の書庫303

壁一面に置かれているのは、オーナーの蔵書。

ここから読みたい本を選んで、奥のカフェスペースでコーヒーを飲みながら過ごすことができます。

また「本、机周辺」をイメージした全国の作家ものの雑貨も並びますが、特筆すべきは、緻密に製本されたミニノートのブローチやネックレス。

店長兼アクセサリー作家の山口詩織さんのユニークな作品です。


札幌のスペース1-15のアクセサリー▲全部ミニノートのアクセサリーです。ノートは字を書くことができるくらい、ちゃんとつくられています


札幌のスペース1-15のピアスとブローチ▲ピアスとブローチ、おそろいでつけてもかわいい!

 

306号室「点と線模様製作所」

札幌のスペース1-15の点と線模様製作所の内観

「雪や雨、花や森など、これまでに見た風景がモチーフなんです」。

北海道出身の模様作家・岡理恵子さんが生み出した模様の雑貨や洋服、生地が買える唯一の直営店。

北国の空気の透明度が伝わってくるような淡い色合いの模様には、「暮らしの中でともに過ごしてほしい」という思いが込められ、一つひとつにストーリーがあります。

いろいろ欲しくなり、迷い出したらキリがありません…!


札幌のスペース1-15の点と線模様製作所のアイテム▲ハンカチ、ブックカバー、ポーチ、ミニバッグ、缶バッジなど。模様は刺繍やプリントといった技法で表現されています


札幌のスペース1-15の点と線模様製作所の布地▲ハンドメイドが好きなひとは布地を買っても。新柄は年に1〜3柄発表されます

 

502号室「アドナイチーズ」

札幌のスペース1-15のアドナイチーズ

ここは、オホーツク海に面した興部(おこっぺ)町「チーズ工房アドナイ」のアンテナショップ。

「ヨーロッパの農家が作るチーズ」をコンセプトにつくられた、地元の牛乳を原料にしたチーズを、試食や会話を楽しみながら買い物ができます。

人気は雪だるまみたいな形のスカモルツァ。あっさりミルキーな味わいで、火を通すと風味が増しますよ!

札幌のスペース1-15のアドナイチーズ▲フレッシュからハードまで約10種類を揃えています


札幌のスペース1-15のアドナイチーズケーキ▲自社の発酵バターとチーズのパウンドケーキ。豊かな味わいです

 

営業時間を確認してくださいね!

気になる雑貨やギフトは見つかりましたか?

週末のみ営業のショップが多いので、公式ホームページなどで確認してからおでかけくださいね。

\行きたい!行くべき!と思ったら「なまらいいね!」/

この記事をSNSでシェアしよう!
  • 札幌で雑貨やギフトを探すなら「スペース1-15」〜後編〜
  • Google+

FacebookのIDを利用して、北海道Likersへ登録します。

北海道Likersは、北海道を愛する皆さんと北海道を盛り上げるコミュニティです。

  • 利用規約に同意の上ご登録ください。
  • FacebookのIDで簡単に登録できます。登録は無料です。
  • Facebookに設定しているメールアドレスを登録します。お客様のメールアドレスは、北海道Likers運営からの連絡に利用いたします。
Title
Close