2017年01月27日 | チバタカコ

茶碗蒸しの栗、くちとり、なんばん~北海道あるある(15)

道産子の皆さん、今年のお正月の茶碗蒸しに、ちゃんと栗は入っていましたか?くちとりは用意しましたか?年越しそばに、なんばん使いましたか?
北海道を愛する北海道Likersは、北海道弁も、北海道でしか通用しない(らしい)風習や文化も、全部ひっくるめてはっちゃきこいて紹介しています!したっけ続きは、WEBの北海道Likersで。

 

茶碗蒸しに栗は入っている?そして、茶碗蒸しは甘口?

我が家では、お正月に茶碗蒸しが登場しますが、具材に「栗」が入っています。どうやらこれって、北海道独特らしいのですが…。道産子の皆さん、どうですか?他に、ゆり根、銀杏、エビ、鶏肉、三つ葉など具だくさんで、ちょっと甘めの味付けです。
 

茶碗蒸し▲一見、普通の茶碗蒸しですが…


栗の入った茶碗蒸し▲中には栗が入っています。これぞ、北海道らしい茶碗蒸し!


「私の両親は北海道。私も生まれは北海道。茶碗蒸しには甘露煮 お赤飯は 食紅で色をつけて 甘納豆が普通でした そして納豆に砂糖を入れてました」
 
「栗の甘露煮入ってるの、あたりまえだと思ってた」
 
「そうなんですよね。北海道離れてから、栗のが食べたくて食べたくて食べたくて食べたくて!!!」
 
「東京でも具だくさんで、銀杏が一般的です。出汁を効かせた薄味で、甘くはないです」
 
「千葉在住、北海道生まれですが、栗は必須!甘めも普通!もちろん今回の年末年始の茶碗蒸しも栗の甘露煮入りです!」
 
「大昔初めて食べた時、茶碗蒸しが甘くてビックリしたのですが…」
 
「子供の頃から大好物でしたが、内地に就職し栗と思って食べたのが銀杏で、その瞬間に北海道に帰りたくなった。今でも鮮明に覚えている程の衝撃」
 
「栗入りは北海道の文化ですね。関西に来てから見かけないので不思議でした。銀杏とか言う味もそっけもない奴が代わりに入っていて嫌いになりました(笑)」
 
「薄味のおだしのきいた茶碗蒸し大好きな私。北海道で生活するようになった時の三大ショックは、茶碗蒸しが甘いこと。お赤飯が甘いこと。ポテトサラダが甘いこと、でした。
今でも甘い茶碗蒸しには慣れません。でも、ちびすけ達は甘納豆のお赤飯が大好きです」
 
「愛知です。茶碗蒸しは銀杏ですね。栗の甘露煮が入ってるって北海道のお友達に聞いてびっくり。東海地区の茶碗蒸し食べて甘くない!って言ってたの思い出しました(笑)。そして赤飯に甘納豆を入れると聞いて、どんな味なんだろう?とますます気になりました」
 
「愛知県出身の嫁はじめ、内地の子らには信じられない!と言われていますが、誰が何と言おうが茶碗蒸しには栗の甘露煮ですよ!」
 
茶碗蒸しに栗の甘露煮、赤飯に甘納豆、納豆やトマトやフレンチドッグに砂糖。道産子って、甘いものが好きなんだべか?もちろん、使う砂糖は「てんさい糖」だべ?
 
 

その「なんばん」取ってくれるかい?

道内では、一味や七味など赤唐辛子系調味料のことを総称して「なんばん」と呼ぶことが多いです。「氷下魚(こまい)には、なんばんマヨネーズだべさ」「味噌ラーメンにはなんばんだべ」など。子どもの頃から「なんばん」なので、いい大人になるまで一味や七味の意味がわからなかったのは私だけ?
 

北海道では赤唐辛子をなんばんと言います
 
「私も七味と一味の違いは辛さの段階だと思ってました。修学旅行で京都に行くまでは…」
 
「宮城の北部も南蛮って言ってました。一味も七味も全て南蛮の一言で済ましてました。私は今でも唐辛子とは言わず南蛮です」
 
「岩手でも言ってました。今も使ってますが、最初は旦那様が『へっ?』って顔してましたよ~」
 
「関東に来てウン十年…普通に使ってます…。もしかして周りの人は、わかってなかったのかしら。ええー!」
 
「高校の修学旅行、京都の食べ物屋さんで『南蛮粉下さい!』と言って、通じなかった50年前。恥ずかしながら、方言とは知りませんでした」
 
「母が言ってるし、私も言ってるから必然的に子供も言ってる…なんばん」
 
「北海道では当たり前の様に使ってました。千葉に来てから聞かないですもんね」
 
道内では、赤唐辛子系の辛い調味料は「なんばん」でいいですよね。一味とか七味とか使い分けると、「なに、いいふりこいてんのさ」と言われそうだし…。
 
 

今年も、「くちとり」がありました

北海道では、お正月に「口取り菓子」を食べる習慣があります。おせちの後のデザート感覚な和菓子です。鯛や干支をかたどったものが多く、子どもの頃は、仏壇に上がっているものを「食べていいよ~」と言われるのを待っていたもんです。
 

くちとり菓子
 
「そうそう!毎年、食べてます。道南では、大晦日に食べてましたよ」
 
「『口取り』ってネーミング、ちょっと怖いですよね。関西では、一切通じません」
 
「やっぱりたべますよね?九州に来て10数年、食べてません!嫁さんも、何それ?って感じでした(笑)」
 
「わぁー、懐かしい!母が大好きだったなぁ。関東に来て口取りが通じなくてびっくりした(笑)」
 
「なんて素敵な習慣!羨ましいです」
 
「今まさに同じ物を食べてます!北海道から毎年送ってもらいます♪」
 
「私も口取りは年越しに食べてました~。大好きですが内地に居る今は食べられないので悲しいです」
 
北海道Likersでも取材した「口取り菓子」は、普段はあまり食べることのない練り切り菓子なんですが、お正月は一口食べておかないと…みたいな、縁起菓子になっているかも?
 
 …ということで、今日のところは、したっけ!

\もっと知って欲しい!と思ったら「なまらいいね!」/

この記事をSNSでシェアしよう!
  • 茶碗蒸しの栗、くちとり、なんばん~北海道あるある(15)
  • Google+

FacebookのIDを利用して、北海道Likersへ登録します。

北海道Likersは、北海道を愛する皆さんと北海道を盛り上げるコミュニティです。

  • 利用規約に同意の上ご登録ください。
  • FacebookのIDで簡単に登録できます。登録は無料です。
  • Facebookに設定しているメールアドレスを登録します。お客様のメールアドレスは、北海道Likers運営からの連絡に利用いたします。
Title
Close
北海道Likersアプリ(iOS) 北海道Likersアプリ(Android)