2016年11月28日 | 孫田 二規子

海の中をお散歩しているみたい!「登別マリンパークニクス」

登別(のぼりべつ)温泉から車で15分、JR登別駅から徒歩5分の水族館「登別マリンパークニクス」を紹介します。デンマークの湖上の名城イーエスコー城を忠実に再現した4階建てのニクス城には、たくさんの魚が泳いでおり、まるで海底を歩いているみたいです。


登別マリンパークニクスのアクアトンネル
 

体験体感できる水族館

400種、2万点の水の生き物を飼育展示している「登別マリンパークニクス」は、〝体験体感できる〟展示が魅力です。


登別マリンパークニクスの繁殖賞の賞状▲さまざまな生物の繁殖に成功し、繁殖賞を多々受賞している


吊り橋を渡って入館すると、そこは2階。熱帯の海水魚ナポレオンフィッシュなどが泳ぐ、高さ8mの水槽「クリスタルタワー」が出迎えてくれ、この先、何が見られるのか、期待に胸が膨らみます。


登別マリンパークニクスのクリスタルタワー▲上部のシルエット状に見える魚がナポレオンフィッシュです

 

癒しの「クラゲLABO」

同フロアには「クラゲLABO」があり、ミステリアスなクラゲの生態に迫ることができます。


登別マリンパークニクスのクラゲラボ

ヒーリングミュージックとアロマ、そして光で演出された静かな空間で、水中をたゆたうミズクラゲとキタミズクラゲを眺めていると、なんだか気持ちがほぐれていくから不思議。

癒しとリラックスをお求めの方、まずは動画で見てみませんか?

 
▲体内の花形の模様は内臓です

 

4階~3階の展示は?

4階はヒトデなど北海道の磯の生物やサメ、エイがさわれるタッチプールがあり、生き物をじっくり観察できます。

そして3階は「アクアギャラリー」。南の海に生息する色鮮やかな生き物の美しいこと!まるで動くアートを楽しんでいるような感覚でした。


登別マリンパークニクスの水槽
 

ダイオウグソクムシとノコギリエイ

2階の下り順路には、海の不思議な生物を紹介する一角があり、ダイオウクソクムシとノコギリエイがいました。

ダイオウクソクムシは、一時期、何も食べずに数年生きている個体がいると話題になりましたが、ここではちゃんと餌を食べているそうです。


登別マリンパークニクスのダイオウグソクムシ▲本来は深海に生きるダイオウグソクムシ。全長30cm~40cmほどありました。でかい!


先端がノコギリのように伸びた不思議な形状のノコギリエイは、日本では飼育している水族館がほとんどなく、北海道で見られるのはここだけ。かなりのコワモテでですが、人間を襲うことはないのだそうです。


登別マリンパークニクスのノコギリエイ▲最大9mに育ち、海のハンターと呼ばれているノコギリエイ

 

ここは海の中?アクアトンネル

1階には水温も泳ぐ魚も異なる寒流水槽と暖流水槽のトンネルがあり、海の底を歩いているみたいな体験ができます。


登別マリンパークニクスのアクアトンネル

頭のすぐ上にサメが現れたり、目の前を魚群が通り過ぎたり。

水の動きに合わせて光がゆらゆらと揺れる様子が、まさに本物の海のようで、とてもきれいです。

夏休みなどはここで一夜を明かす子ども向けのイベントも開催しているそうです。おもしろそうですね。

 

圧巻!イワシの銀河水槽は必ず見るべし

ニクス城の外では、イルカやアシカのショーなどアトラクションも多数開催され、人気は「ペンギンパレード」と「銀河水槽」です。

冷涼な気候を好むペンギンを年間通して外に出せるのは、北海道だからこそ。至近距離をポテポテと歩く姿にキュン!となるはず。


登別マリンパークニクスのペンギンパレード▲取材日はキングペンギン(左)とケープペンギン(右)でした。他にもジェンツーペンギンを飼育しており、季節や気温によって見られるペンギンがかわります


また、「銀河水槽」は、四季になぞらえたオリジナルの音楽と照明のなか、1万匹のイワシが泳ぐ、という催しなのですが、これが圧巻なんです!

普段はゆっくりとした速度で泳いでいるイワシですが、ひとたび室内の照明が落ちて給餌がはじまると、音と光に連動するように華麗で機敏な動きを見せてくれ、鱗をキラキラと輝かせます。

「クラゲLABO」同様、こちらも癒し効果は絶大。動画でチラッとお見せしましょう。

 
▲一斉に同じ動きをするイワシの群れ。プロのパフォーマンス集団です!

 

ゆったり見るなら3時間


登別マリンパークニクスの展示の様子

館内は、サッと見るだけなら小1時間ほどで済みますが、ショーを見たりゆったりと楽しむなら、3時間ほど時間を取るのがお薦めです。敷地内にはレストランもあるので、ランチも楽しめますよ。

めずらしい生き物あり、ここだけのショーあり、満足度の高い「登別マリンパークニクス」。

ここでは紹介しきれませんでしたが、スタッフのアイデアと愛情たっぷりの展示がまだまだたくさんありますので、ぜひ、現地に足を運んでお楽しみください!


登別マリンパークニクスの外観

\行きたい!行くべき!と思ったら「なまらいいね!」/

この記事をSNSでシェアしよう!
  • 海の中をお散歩しているみたい!「登別マリンパークニクス」
  • Google+

FacebookのIDを利用して、北海道Likersへ登録します。

北海道Likersは、北海道を愛する皆さんと北海道を盛り上げるコミュニティです。

  • 利用規約に同意の上ご登録ください。
  • FacebookのIDで簡単に登録できます。登録は無料です。
  • Facebookに設定しているメールアドレスを登録します。お客様のメールアドレスは、北海道Likers運営からの連絡に利用いたします。
Title
Close
北海道Likersアプリ(iOS) 北海道Likersアプリ(Android)