2016年11月22日 | 孫田 二規子

白老町でおいしいたらこを買おう!「たらこ家 虎杖浜」

登別(のぼりべつ)温泉におでかけしたなら、ぜひ立ち寄りたいのが「たらこ家 虎杖浜(こじょうはま)」です!前浜で揚がるスケソウダラの〝こっこ〟で作る、オリジナルの味わいを買って帰りませんか?姉妹店では詰め放題も!


白老町のたらこ家のたらこ
 

白老町の特産「虎杖浜たらこ」

車で登別温泉から15分、JR登別駅から5分。
白老(しらおい)町ののどかな住宅街の一角、たらこを製造販売する「たらこ家 虎杖浜(こじょうはま)」の店舗前には、穏やかな海が広がっていました。


たらこ家虎杖浜の前の海

同店のたらこは、この太平洋で獲れたスケソウダラのこっこ(北海道弁で卵のこと)が原材料。


白老町のたらこ家のたらこ▲店内の冷凍ショーケースに並ぶたらこ。明太子や白醤油風味など味違いも


白老町のたらこ家のたらこ▲こちらは一番人気の「きれこ」です


親会社である大正2年創業の「カネシメ松田水産」では、昭和40年を過ぎた頃からたらこの製造を開始。胆振(いぶり)水産加工業協同組合が、「虎杖浜たらこ」の地域団体商標を登録したのは、平成19年だといいます。

ちなみに虎杖浜とは、この辺り一帯の地名です。


白老町のたらこ家虎杖浜の外観
 

甘口でしっとりクリーミーなたらこ♡

毎年10月~2月がスケソウダラの漁期。同店のたらこは「生の原材料」にこだわり、この期間に一気に製造をしてしまいます。

店舗裏にある加工場では毎日朝早くから、獲れたてスケソウダラをさばいたり、その卵を選別したりと、スタッフたちがテキパキと手を動かしています。

取り出した卵はタレに漬けて、1週間ほど低温で熟成。

できあがったたらこは、薄い皮のなかに身がぎっしりです!


白老町たらこ家のたらこのアップ

「新鮮な生たらこをその日のうちに漬け込むことで、旨味たっぷりのおいしいいたらこができるんです」と、同社取締役の原田慎也さん。「ようかんのような、しっとりとなめらかな食感を楽しんでください」。

塩分は4%と甘口で、着色料は不使用。商品に見られる色ムラは、自然のおいしさのあらわれです!


白老町たらこ家の取締役の原田さん▲原田さん

 

姉妹店「大漁番屋 虎杖浜」では詰め放題も!

店舗奥のイートインスペースでは、たらこを主役にした丼ものやパスタが味わえます。


白老町のたらこ家虎杖浜の内観▲店内には干し魚や無添加の塩辛などたらこ以外の加工品も。テーブル席は奥にあります


また、ここから車で数分の姉妹店「大漁番屋 虎杖浜」では、土日祝限定でたらこの詰め放題を行っています!


大漁番屋虎杖浜の外観▲国道36号にある「大漁番屋 虎杖浜」


私も実際にやってみたのですが、これ、とてもおもしろいんです!さらに「おいしい」とくれば、「リピーターが多い」というスタッフのお話にも納得でした。


白老の大漁番屋虎杖浜のたらこの詰め放題▲やわらかなたらこの皮がやぶけてしまわないように、やさしく箸でつまんでそっと瓶へ…なんてやっていてはダメ!たくさん詰めるには、下から隙間なく軽く押し込むようにするのがコツだと教えてもらいました


例年11月下旬からは、今年獲れたスケソウダラのたらこが並びます。

贈答品に人気が高いのは「虎杖浜のまごころ」300g3,240円〜、「極漬(きわめつけ)」シリーズ350g5,400円〜だそう。

お歳暮やお土産選びにランチにと、お立ち寄りくださいね!


白老町のたらこ家のたらこ

\食べたい!食べるべき!と思ったら「なまらいいね!」/

この記事をSNSでシェアしよう!
  • 白老町でおいしいたらこを買おう!「たらこ家 虎杖浜」
  • Google+

FacebookのIDを利用して、北海道Likersへ登録します。

北海道Likersは、北海道を愛する皆さんと北海道を盛り上げるコミュニティです。

  • 利用規約に同意の上ご登録ください。
  • FacebookのIDで簡単に登録できます。登録は無料です。
  • Facebookに設定しているメールアドレスを登録します。お客様のメールアドレスは、北海道Likers運営からの連絡に利用いたします。
Title
Close