2016年11月06日 | 孫田 二規子

登別「地獄谷」は夜になると鬼火が灯る!?「鬼火の路」

北海道随一の温泉街・登別(のぼりべつ)の湯元「地獄谷」は、気軽に行けるネイチャースポットとして人気の観光地。が、夜は昼とはまるで違った幻想的な場所に様変わりするのをご存じですか?「鬼火の路」(おにびのみち)を紹介します!


登別の地獄谷の夜の風景
 

大地のパワーを感じる「地獄谷」だけど…?

道央道利用で札幌から約1時間30分、新千歳空港から約50分。

硫黄泉、鉄泉、明ばん泉、緑ばん泉、食塩泉、重曹泉…。さまざまな温泉が1日1万トンも湧出する「地獄谷」は、直径約450m、面積約11haの爆裂火口跡です。


登別の地獄谷の撮影スポット

どこからともなく漂ってくる硫黄の匂い。長さ568mの木道(地獄谷散策路)を歩けば、灰色の大地に流れる湯の川や随所に立ち上る白煙、ゴボゴボと湧く間欠泉など、〝温泉が生まれる現場〟を間近に見ることができます。


登別の地獄谷の白煙

登別の地獄谷の鉄泉池

と、昼はそんなダイナミックな大地のパワーが感じられる場所なのですが、今回、ご紹介するのは夜の地獄谷。そう、雰囲気がガラリと変わるのです…!

 

夜は〝鬼火〟が荒々しい山肌をぼんやり照らす

日暮れの頃に現場に行ってみると、ホテル「第一滝本館」のあたりから、フットライト…もとい〝鬼火〟が点灯しているではありませんか!


夜の登別地獄谷の鬼火

揺らめく灯りに誘われるように歩みを進めると、いつしか地獄谷へ。


夜の登別地獄谷の散策路

夜の登別の地獄谷

暗闇の中にぼんやり浮かび上がる山肌や白煙…。この世ならざる光景にちょっぴりおののくも、幻想的で神秘的な美しさをもっと見たいという好奇心が勝利します。

夜の帳が刻一刻と下り、月が浮かび上がってきました。


夜の登別の地獄谷と月

夜の登別の地獄谷と月

夜の登別の地獄谷の様子

それでも大地の活動が〝終業〟することはありません。地底からの白煙はたなびき、湯の川はせせらぎを響かせ、散策路の行き止まりの鉄泉池では、間欠泉が数分置きに、昼と全く変わらぬ様子で湧いていました。


夜の登別地獄谷の鬼火の路

夜の登別の地獄谷の山肌
 

デートにもお薦めの夜の地獄谷

実は「登別は星がきれいなんですよ!」とは、登別観光協会の日栄政人さん。「ロマンティックな夜の地獄谷で、いつもと違うデートはいかがですか?」と、薦めてくれました。

年中無休の「鬼火の路」の点灯時間は、日没から21時30分まで。鉄泉池までは30分前後で歩いて帰って来られます。

ホテルや旅館での夕食の前後におでかけくださいね!


夜の登別の第一滝本館の横の鬼火の路

登別地獄谷の夜の撮影スポット

\行きたい!行くべき!と思ったら「なまらいいね!」/

この記事をSNSでシェアしよう!
  • 登別「地獄谷」は夜になると鬼火が灯る!?「鬼火の路」
  • Google+

FacebookのIDを利用して、北海道Likersへ登録します。

北海道Likersは、北海道を愛する皆さんと北海道を盛り上げるコミュニティです。

  • 利用規約に同意の上ご登録ください。
  • FacebookのIDで簡単に登録できます。登録は無料です。
  • Facebookに設定しているメールアドレスを登録します。お客様のメールアドレスは、北海道Likers運営からの連絡に利用いたします。
Title
Close
北海道Likersアプリ(iOS) 北海道Likersアプリ(Android)