北海道情報サイト「北海道ライカーズ」北海道情報サイト「北海道ライカーズ」

what likers

Icon search探す

公開 | 孫田 二規子

ゴボゴボブシュ〜!温泉が噴き上がる登別温泉「泉源公園」の間欠泉

登別温泉街の「泉源公園」で、間欠泉が見られますよ!間欠泉とは、周期的に熱湯や水蒸気を噴き上げる温泉のこと。公園では約3時間に1度、ゴボゴボブシュー!と熱湯が噴出され、一帯を湯煙でいっぱいにします。


登別の泉源公園の全景
 

噴き上げる様子を動画で紹介

登別の泉源公園の間欠泉

噴出される温泉の温度は約80度、水位は天井があるため抑えられていますが、本来なら約8mほどの高さになるといいます。大体50分続く1度の噴出で、約2,000リットルの温泉が出るそう。泉質は、9種の温泉を所有する登別温泉の代表格、硫黄泉や鉄泉です。

その独特の香りまでお届けできないのは残念ですが、迫力ある様子を、動画でご紹介しましょう!

 


この湯煙だけで、湯浴みを楽しんだような気になるものです♪

 

湯鬼神金棒とは?

登別の泉源公園の湯鬼金棒

園内には赤や紫とカラフルな湯鬼神金棒(ゆきじんかなぼう)が並んでいます。地獄谷の薬湯を護持する湯鬼神が、人々への恵みとして置き残した、易学・九星気学に基づく大きな九本の柱、湯鬼神金棒。8柱が地上に並び、1柱は地中に埋まっているのだといいます。


登別の泉源公園のオブジェを見上げる人物

九星気学とは、吉方位を選んで「商売繁盛」「大願成就」「良縁成就」などの効験を授かり、運命好転を願う開運術。間欠泉を見にお立ち寄りの際は、ぜひお参りも。


登別の泉源公園の湯鬼金棒

公園から徒歩5分(坂道を下ります)の登別観光協会で鬼願絵馬を販売していますので、願いを綴った絵馬を柵などに結んでくださいね。


登別観光協会で売っている絵馬

登別の泉源公園の絵馬
この記事をSNSでシェアしよう!
  • ゴボゴボブシュ〜!温泉が噴き上がる登別温泉「泉源公園」の間欠泉
Title
Close