2016年09月03日 | 孫田 二規子

八雲町や道南のおいしい食材を使った「くら屋菓子舗」のお菓子はいかが?

函館から車で北上すること1時間30分。八雲(やくも)町の「くら屋菓子舗」は、1969年創業の町のお菓子屋さん。ここ数年は地元や道南産の食材を使ったお菓子づくりにも意欲的で、看板菓子「ユウラップもなか」の原材料も、地元産もち米「風の子もち」にリニューアルしたそうです。


八雲町のくらやの外観

八雲町くら屋のユウラップもなか▲左が「ユウラップもなか」、右は「乳菓 やくも」。どらも同店のロングセラーのお菓子


現在、二代目を継いでいるのは、初代の息子の倉地勝美さん。和菓子を担当しているといいます。


八雲町のくら屋の倉地勝美さん▲「父から店を継いで欲しいと言われたことはないのですが、甘党なのでこの道に」と、倉地さん


和菓子店での修行を終え、ここに戻ってきて最初につくったお菓子が、八雲開拓の祖・徳川慶勝公への感謝を込めたという「八雲の慶び」。材料には八雲町の牛乳や熊石町の海洋深層水塩などを用い、今では町の銘菓に育っています。

 

香ばしさアップ!八雲町産もち米100%のもなか

八雲町産もち米「風の子もち」100%の「ユウラップもなか」の皮は、こしあんを入れた「やくもっちぃもなか」や、冷菓「やくもっちぃもなか」にも使われています。従来の皮に比べると粘りが生まれ、香ばしさがアップしたそうです。

また、皮に含まれるあんずペースト以外は道南の食材でつくられているという、ユニークな冷菓も見つけました。その名も「ほおずきんチャン大福」です。熊石町の食用ほおずきがまるごと1個、牛皮の中にくるまれています。頬張ると、甘酸っぱいほおずきのおいしさが口の中に広がります。


八雲町のくら屋のやくもっちいもなかなどお菓子▲手前から時計回りに、黒いスポンジ生地がインパクト大の「八雲の慶び」。小豆のおいしさが引き立つように炊いているという、自家製つぶあんと生クリームの入った冷菓「やくもっちぃもなか」。パッケージも愛らしい「ほおずきんチャン大福」

 

ゆべし餅の醤油も八雲産

八雲町の服部醸造の醤油を使った、ゆべし餅「開拓餅」は、町内の名水で練り上げており、やわらかく醤油の焦がしたような味わいが楽しめました。


八雲町のくら屋の開拓餅▲しっとりやわらかな「開拓餅」。くるみがアクセントです


八雲町や道南のおいしさを、どうぞお菓子で味わってください。


八雲町くら屋の内観

\食べたい!食べるべき!と思ったら「なまらいいね!」/

この記事をSNSでシェアしよう!
  • 八雲町や道南のおいしい食材を使った「くら屋菓子舗」のお菓子はいかが?
  • Google+

FacebookのIDを利用して、北海道Likersへ登録します。

北海道Likersは、北海道を愛する皆さんと北海道を盛り上げるコミュニティです。

  • 利用規約に同意の上ご登録ください。
  • FacebookのIDで簡単に登録できます。登録は無料です。
  • Facebookに設定しているメールアドレスを登録します。お客様のメールアドレスは、北海道Likers運営からの連絡に利用いたします。
Title
Close
北海道Likersアプリ(iOS) 北海道Likersアプリ(Android)