北海道情報サイト「北海道ライカーズ」北海道情報サイト「北海道ライカーズ」

what likers

Icon search探す

公開 | nobuカワシマ

函館山の裏側って何があるの? 漁船クルーズで知られざる函館の秘境へ

函館 漁船クルーズ 船上の様子

函館山というと、夜景をはじめ、山麓に広がる異国情緒溢れる街並を思い浮かべる方が多いのでは。でも、山の裏側ってどうなっているか知っていますか?なんとそこには、賑やかな函館の街並からは想像もつかない知られざる光景が…!?漁船に乗って、函館の秘境を海からリサーチ!

 

函館山の裏側へは船でしか行くことができない!

函館山は、街並が広がる方角は陸地に面していますが、それ以外三方を海に囲まれています。街中から函館山の裏側へ通じている道路もありません。
つまり、函館山の裏側へは、船でしか行けないのです。だからこそ、一般的にはあまり馴染みがない場所なのです。

そこで、海のプロ、漁師さんに漁船で案内してもらいました!


函館 漁船クルーズ 斉藤さん▲イカ釣り漁師の斉藤孝志さんに案内してもらいました


今回乗船したのはイカ釣り漁船の「白姫丸」。本業のイカ釣りの傍ら、函館山の裏側を船上から眺めることができる「函館 漁船クルーズ」というアクティビティを開催しています。
函館漁港から往復約1時間の船旅。いざ、知られざる函館山の裏側へ!

 

街並が途切れると、そこは断崖絶壁の海岸!

救命胴衣をつけて漁船に乗り、函館漁港を出航しました。


函館 漁船クルーズ 函館出航

函館 漁船クルーズ 船上の様子

赤い小さな燈台や函館どつくが後方へと遠ざかり、左手には函館山の麓に広がる外国人墓地が見えてきました。右手は、コンテナ船やフェリーなどたくさんの船が浮かぶ函館湾。その先には北斗市上磯のセメント積み出し設備や山並みを一望。潮風に吹かれ眺める函館沖合の風景、とても爽快!


函館 漁船クルーズ 外国人墓地沖合

函館 漁船クルーズ 函館湾の眺め

船が進むにつれ左手に見えていた外国人墓地の風景は後方へ移り、左手に見える建物がまばらになり、ついに建物は何も見えなってしまいました。見えるものは、海と山!

 
函館 漁船クリーズ 船上からの眺め▲崖で木々がない部分は、東日本大震災の時に大崩落があったところだそうです


右手や後方を振り返れば、船が行き交う賑やかな海と、函館や北斗の街並が続く海岸線。左手や前方を眺めると、函館山から海へと落ち込む断崖絶壁の海岸線。右後方と左前方の眺めのあまりのギャップにビックリ!

 

断崖絶壁の海岸線に、人が住んでいた痕跡が!

さらに進んでいくと、崖の中に人工物らしきものがありました。

 
函館 漁船クリーズ 吊り橋跡▲海辺の崖に人工物があるの、わかりますか?


近づいてみると、洞窟をまたぐようにかけられていた吊り橋の跡。

 
函館 漁船クリーズ 吊り橋跡と洞窟▲洞窟のある穴澗海岸。中には穴澗大明神が祀られているそうです


1950年代まで、この先には寒川という集落があり、そこまで通じる道が断崖絶壁の海岸線沿いにあったそうです。しかし、1954年の洞爺丸台風の時に大きな被害を受け、その後人が離れて集落はなくなりました。
​この吊り橋は、函館の街中から集落へ通じていた、いわば当時の生活道路の一部。冬の嵐の日などどうしていたのだろうかと、過酷な環境を案じてしまうようなロケーションです。


函館 漁船クルーズ 素掘りのトンネル▲断崖絶壁の海岸線には、素彫りのトンネルも残っていました。こちらも寒川へと続く道の跡です


この付近だけ見ていると、とても函館の街中からほんの少し進んだ場所とは思えない光景です。


函館 漁船クリーズ 船上からの眺め

函館 漁船クルーズ 船上からの眺め

函館 漁船クルーズ 船上からの眺め

さらに少し先まで船が進むと、左手には寒川集落の跡が見えてきました。建物は何もありませんが、石垣などが残っている様子ははっきり見えました。


函館 漁船クルーズ 寒川集落▲寒川集落があった海岸線

 
函館 漁船クルーズ 寒川集落跡▲旧寒川集落をズームアップ!石垣、わかりますか?


斉藤さん曰く、石垣の上には小学校があったのだとか。岩が転がる海岸線、背後はほぼ垂直に近い崖に生い茂る緑。ここに学校ができるほどの規模の集落があったとは、全く想像つきません…。

 
函館 漁船クルーズ 船上からの眺め▲人面岩!?名もなき岩らしいですが、見た目から勝手に名付けちゃいました

 

いよいよ函館山の先端、大鼻岬へ

寒川地区を過ぎると、函館山の先端、大鼻岬が見えます。


函館 漁船クルーズ 大鼻岬

岬をぐるりと回ると、その先には観光地として有名な立待岬や、さらに先には湯の川温泉の街並が!

 
函館 漁船クルーズ 船上からの眺め▲函館山山頂にあるアンテナなどが見えます
 

函館 秘境クルーズ 船上から見た立待岬▲もう少しズームアップ!崖の上で平たくなっている部分が立待岬。岬にある東屋などの建物が見えます


訪れた日は晴天だったものの霞が出ていたのではっきり見えませんでしたが、空気が澄んでいる日は青森県の下北半島や津軽半島、北海道の恵山や知内の矢越岬なども見渡すことができるそうです。これは絶景に違いありません!

 
函館 漁船クルーズ 船上で案内する斉藤さん▲どの方角に何が見えるかなど、斉藤さんが随時教えてくれました


ここで船はUターン。今度は右手に函館山の裏側の海岸線を、左手にはタンカーや船が行き交う津軽海峡と函館湾を眺めながら、函館漁港へと戻っていきました。

 
函館 漁船クルーズ 船上からの眺め

函館山の裏側には、人を寄せ付けない過酷な自然環境を彷彿させる遺構と、自然が作り出す造形美を感じる断崖絶壁がありました。この山の反対側には、カメラを持った観光客が多数闊歩している異国情緒溢れる街並があるとは、想像もできません。函館山の表と裏では、全く違う顔を持っているのですね。

函館の街中からほんの少し進むだけで眺められる大自然。ちょっとした探検気分で楽しめる漁船で行く秘境の旅。好奇心旺盛な皆さん、これは乗るべし!オススメですよ!

\行きたい!行くべき!と思ったら「なまらいいね!」/

この記事をSNSでシェアしよう!
  • 函館山の裏側って何があるの? 漁船クルーズで知られざる函館の秘境へ
  • Google+

FacebookのIDを利用して、北海道Likersへ登録します。

北海道Likersは、北海道を愛する皆さんと北海道を盛り上げるコミュニティです。

  • 利用規約に同意の上ご登録ください。
  • FacebookのIDで簡単に登録できます。登録は無料です。
  • Facebookに設定しているメールアドレスを登録します。お客様のメールアドレスは、北海道Likers運営からの連絡に利用いたします。
Title
Close