北海道情報サイト「北海道ライカーズ」北海道情報サイト「北海道ライカーズ」

what likers

Icon search探す

公開 | うずらはしちあき

花と食と農のテーマパーク「十勝ヒルズ」グランドオープン!

十勝ヒルズのガーデン、スカイミラー▲十勝平野を望む「スカイミラー」という名のガーデン


十勝の絶景を見晴らすロケーションに、草花が咲き誇る数々のガーデンやファームレストランなどが展開。「十勝ヒルズ」のグランドオープン記念イベントとして開催された「GARDEN PICNIC 2016」のレポートと合わせ、魅力や楽しみ方を紹介します! 

 

「GARDEN PICNIC 2016」&「I♥(LOVE)TOKACHIキャンペーン」オープニングセレモニー

JR帯広駅から車で15分ほど。幕別町の小高い丘に広がる「十勝ヒルズ」。花と食と農というコンセプトのもと、ガーデンをはじめ様々な施設の改装を重ね、開業から7年を経てグランドオープンを迎えました。


十勝ヒルズの園内に入る緑と花がいっぱいの道▲園内へと続く道。眩しいほどの緑、花たちが迎えてくれる


グランドオープンフェスタ「GARDEN PICNIC 2016」は、去る7月9日・10日に開催。イベントのスタートに先立ち、9日9時からオープンニングセレモニーが行われました。


十勝ヒルズのガーデンイベントオープニングセレモニーの様子▲園内「アニーカの庭」で行われたセレモニー


挨拶に立ったのは、十勝ヒルズを運営する株式会社丸勝の梶原一生専務取締役。この日を迎えられたことへの感謝の意とともに、「先人による十勝の開拓から130年。次に向かって皆様とより一層連携しながら、十勝の魅力を道内・国内外に発信していきたい」と、力強く話されていました。


十勝ヒルズの梶原一生専務▲株式会社丸勝専務取締役、十勝ヒルズ開発部統括の梶原一生さん


続いて来賓の方々が登壇。十勝総合振興局・梶田敏博局長、幕別町・川瀬俊彦副町長、サッポロビール株式会社北海道本社・生方誠司代表、ポッカサッポロ北海道株式会社・山本隆二代表取締役社長より、祝辞が述べられました。


十勝ヒルズで挨拶をするサッポロビール北海道本社の生方誠司代表▲サッポロビール株式会社北海道本社・生方誠司代表


セレモニーの中では、昨年に続いてサッポロビールが十勝総合振興局とタッグを組んで実施する「I ♥(LOVE) TOKACHIキャンペーン TOKACHI ALL STARS2016〜十勝の星をプレゼント〜」(※)の紹介も。「十勝には魅力ある財産がつまっている。キャンペーンを通じて、“十勝の星”である“食・人・スポット”を多くの方に知ってもらいたい」と、生方代表が挨拶。また、プレゼントを提供する生産者さんなど、“十勝の星”の皆さんが一言ずつスピーチされました。


十勝ヒルズにてセレモニーに参加された皆さんのフォトセッションの様子▲登壇者された方々(前列)と“十勝の星”の皆さん、北海道とかち豚丼振興局係長・ぶたどんまん、ポッカサッポロのリボンちゃんも一緒に、乾杯!のフォトセッション


サッポロビール、アイラブ十勝キャンペーンのプレゼント展示▲こちらはキャンペーンプレゼントの展示


(※)I ♥(LOVE) TOKACHIキャンペーン TOKACHI ALL STARS2016〜十勝の星をプレゼント〜:[キャンペーン期間]実施中〜8月31日(応募締切:9月9日当日消印有効)/サッポロビール全商品・ポッカサッポロ全商品を対象商品とし、キャンペーン期間中に十勝管内の参加店で購入したレシートを店に設置の応募ハガキに貼って応募。500円、1,000円、3,000円の3コースに応じて、抽選で合計80名に十勝の星(食・スイーツ・観光など)が当たるキャンペーンです。

 

十勝ヒルズのガーデン

十勝ヒルズでは、グランドオープンに向かって、地形、園路から整備をしてきたそうです。
野菜・果樹が育つ菜園「ヴィーズ・ポタジェ」、「ローズガーデン」、色とりどりの花の小島「フラワーアイランズ」、おとぎの庭「アニーカの庭」などがあり、全体で約1,000種という草花や樹木が植栽されています。


十勝ヒルズのバラの庭▲約700株のイングリッシュ・ローズが植えられたローズガーデン。華やかな花をつけたバラたちが見事でした!


見る角度によって印象が違う花壇も。


十勝ヒルズの美しい花壇

十勝ヒルズの可愛らしい花壇

こちらは「ナチュラルオアシス」。様々な生き物が集まるトンボ池と名の付く池で、スイレンが花を咲かせていました。


十勝ヒルズのスイレンの咲く池があるナチュラルオアシス

十勝ヒルズの小高い場所から眺めるナチュラルオアシス▲少し高くなった場所から見たナチュラルオアシス。木陰のベンチに座って眺めるこの風景、癒やされます!
 

1本の白樺の木の下、ストライプ状に植えられた花と芝が織り成す「スカイミラー」。十勝ヒルズを象徴するガーデンです。


十勝ヒルズの花がストライプ状に植えられたガーデン、スカイミラー▲奥に見える建物は、ハンガリーの「マンガリッツァ豚」や園内の畑で収穫した野菜などを使った料理を味わえる「ファームレストラン ヴィーズ」。本記事トップに掲載の写真が、レストラン側から見たスカイミラー


テーマの異なる庭を、咲き誇る花たちを眺めながらゆっくりと散策するのが楽しいガーデン。園内は動力カート(有料レンタル)、また、車椅子でも巡ることができます。

 

十勝のおいしさ楽しさもりもり!GARDEN PICNIC

十勝ヒルズ、ガーデンピクニックイベントのサイン

2日間にわたり、催しいっぱいで行われた「GARDEN PICNIC 2016」。来場者の皆さんはガーデンを見て歩いたり、ワークショップに参加したり、芝生の上にシートを敷いてのんびり食べ飲みを楽しんだり。思い思いにピクニック時間を過ごしていました。


十勝ヒルズのイベントで芝でピクニックを楽しむ人たち

十勝のおいしいものが集合した、フードガーデンにビヤガーデンも開かれました!


十勝ヒルズのガーデンイベントで提供された十勝のフード、サッポロクラシックとバカルディモヒート▲折笠農場、多田農場産のポテト、源ファームのソーセージなど、I ♥(LOVE) TOKACHIキャンペーン“TOKACHI ALL STARS”とのコラボプレート。サッポロクラシック(生)、バカルディモヒートと一緒に!


十勝ヒルズのガーデンイベントで提供された鶏の炭火焼など▲中札内産の鶏の炭火焼き、手打ちそば、札幌から「らっきょ」のスープカレーなども


十勝ヒルズのガーデンイベントに並ぶフード&ビールブース

お茶会、多肉植物の寄せ植え、パンやチーズづくりなど、20ものワークショップも実施されました。


十勝ヒルズのガーデンイベントで行われたペイントなどのワークショップ▲子供さんたちもワークショップで石を使って遊んだり、ペイントやヘアアレンジをしてもらったり


来場者の方々にちょっと取材を。話を聞かせてもらった4組の皆さんは、十勝在住とのこと。「こんな素敵な場所が十勝にあってうれしい」、「十勝ヒルズには、よくランチをしに来ています。空気、水、食べ物がおいしい十勝は最高」、「十勝は食べ物がおいしくて、道外から遊びに来る親が喜んでいます」、「十勝ヒルズに来たのは今日が初めて。楽しませてもらっています」などと話してくれました。


十勝ヒルズのガーデンイベントに来ていたご家族やご夫婦▲笑顔がきらり!撮影に応じてくれた皆さん、ありがとうございました!


同時開催の「グリュック雑貨マーケット」には、道内30のショップ・作家さんが出店。こちらも大盛況!


十勝ヒルズのガーデンイベント、来場者で賑わう雑貨マーケット▲雑貨マーケットの様子


グランドオープンのお披露目を兼ねた「GARDEN PICNIC 2016」には、家族連れやグループなど大勢の方々が来場し、とても賑やかでした!

 

十勝ヒルズは、たっぷり時間をとって訪れたい場所

十勝ヒルズは、「滞在型のガーデン」をテーマとしてグランドオープン。広大な園内を駆け足で見学するのはもったいなく、できればたっぷりと時間をとって見て歩きたいもの。
例えば手ぶらで訪れても、園内のショップでレジャーシートや虫よけが入ったピクニックセット(数量限定)を無料で借りられるので、気に入った場所を見つけたり移動したりしながら、ガーデンで過ごす時間を楽しむのもおすすめです。


十勝ヒルズのガーデン

また、レストラン「ヴィーズ」には、ヘッドシェフのモルドヴァン・ヴィクトルさんによるサンドイッチなどの軽食も(数量限定)。ランチにテイクアウトして、ガーデンのなかで味わうこともできるそうですよ。
 
ちなみに入園は、ワンちゃんと一緒でもOK。同伴できないレストランやショップのそばの芝には、リードフックポールが設けられています。
 
 空、風景、食、美しい庭…。十勝を訪れる機会には、十勝の魅力を体感できる十勝ヒルズへ。ぜひ、足を運んでほしいスポットです!


石を積んで造られた十勝ヒルズのサイン▲石積みのサイン。接着剤を使わない、英国伝統の工法による石積みが園内のあちこちで見られます

 

関連リンク

十勝ヒルズ
この記事をSNSでシェアしよう!
  • 花と食と農のテーマパーク「十勝ヒルズ」グランドオープン!
Title
Close