2016年07月22日 | 小西 由稀

8月末まで開催。おいしいロングランイベント「はこだてグルメガーデン」は、本当においしかった!(前編)

 はこだてグルメガーデンの看板

2016年7月1日(金)~8月31日(水)の62日間行われる、北海道新幹線開業記念イベント「はこだてグルメガーデン」。JR函館駅前に函館市内外の美味が大集合するこのイベントに行ってきました。おいしいリポートの前編をご案内します!この夏はぜひ、函館へ!! 

 

話題の「はこだて七厘百個祭」を食べ尽くす 

「はこだてグルメガーデン」のメイン企画がグルメコーナー「はこだ★テリア」。なかでも「はこだて七厘百個祭(しちりんひゃっこさい)」は函館や近郊の肉や魚介類を七厘で焼いて楽しめます。単に焼くだけではなく、それぞれの食材に合うソースを、人気店の料理人たちが考案。一歩進んだ大人のバーベキューがコンセプトです。
 
まずは七厘百個祭のシステムをご紹介。
 

はこだて七厘百個祭
 
七厘百個祭のブースで注文を。七厘席は1卓4人までで、「スターターセット(500円)」が必要になります。セットには人数分の皿、箸、おしぼりと、レンタルの網、ハサミ、トング、そしてオリジナルスパイスが入っています。
メニューに悩んだら、「七厘百個祭お試しセット」がおすすめ。大沼黒牛、大沼牛、白老牛のホルモンを楽しめます。

 
「はこだ★テリア」の監修を務める塚田シェフ

「七厘を上手に使うには、具材を載せすぎないのがポイントです。あせる気持ちを押さえつつ、丁寧に焼いてお召し上がりください。
スパイスは、東京・自由が丘のスパイス専門店『レピス・エピス』」と共同開発したスパイスソルトです。タイム、ジンジャー、クミンなど約20種類のハーブとスパイスを調合。普段のバーベキューとは違った演出を楽しんでください。残ったら、家に持ち帰って使ってください」。

そう話すのは、札幌の「brasserie coron with LE CREUSET」のメインシェフ・塚田宏幸
シェフ。この「はこだ★テリア」の監修を務めています。

 
みんなで乾杯▲準備万端!あとは焼けるのを待って食べるだけ。「カンパ~イ!」
 
 

北海道産肉とシェフとのコラボBBQが絶品

はこだて七厘百個祭で面白いのは、北海道の人気店のシェフたちが“自分たちが函館に食べに行きたくなる”ソースや味つけを提案している「人気シェフのスペシャルメニュー」。このメニューこそ、一歩進んだ大人のバーベキューの醍醐味!
 

「AKI NAGANO」の「道産鶏エスニックソース」

札幌のフレンチレストラン「AKI NAGANO」の長尾シェフは、「道産鶏エスニックソース(800円)」を提案。パクチーやショウガ、青唐辛子、ココナッツオイルなどを合わせたソースは、エスニックが香る清涼感のある味わい。シェフの遊び心を感じます。鶏の皮目をパリッと焼いて、ソースと合わせてどうぞ!
 

フレンチレストラン「SIO」の「オレンジとハーブの香る箱館ポークのマリネ」

「オレンジとハーブの香る箱館ポークのマリネ(900円)」は、札幌のフレンチレストラン「SIO」の佐藤シェフが考案。生のオレンジやショウガ、ニンニク、ハーブなどに漬け込んだ豚の肩肉を、七厘で炙っていただきます。ひと口頬張ると、オレンジのいい香りが鼻に抜けていきます。豚肉もしっとりジューシーに。

 
「ラムハウスケケレ」の「よしもりまきばの羊マトンのつけダレ」

「よしもりまきばの羊マトンのつけダレ(2000円)」は、せたな町でトマトを食べて育った希少な羊と「ラムハウスケケレ」(札幌)とのコラボ。醤油ベースのジンギスカンのタレではなく、塩とバジルのハーブダレを用意。お値段は少々高価ですが、マトン特有の香りは穏やか。上品な味わいをぜひお試しください!

 
塚田シェフによる「はこだて大沼牛 にらのソース」

このイベントのプロデュースをする塚田宏幸シェフによる、「はこだて大沼牛 にらのソース(1100円)」。フォン・ド・ヴォーの旨味にビネガーの爽やかさを加え、ニンニクの代わりにニラをたっぷり使用。この「にらのソース」は柔らかな大沼牛にもぴったりで、「サッポロクラシック」が進むおいしさ!


函館近郊・木古内の「どうなんde's Ocuda Sprits」をプロデュースするイタリアン「アルケッチャーノ」の奥田シェフが提案するのは、「帆立焼き ブロッコリーとアンチョビのソース」 

肉類ばかりではなく、海鮮もラインナップ。函館近郊・木古内の「どうなんde's Ocuda Sprits」をプロデュースするイタリアン「アルケッチャーノ」の奥田シェフが提案するのは、「帆立焼き ブロッコリーとアンチョビのソース(2個800円)」。アンチョビが効いたブロッコリーのソースが、ホタテの甘みを一層引き立てます。


日本料理店「TAKU円山」の和田店長が考えた「変わり味噌の焼きおむすび」 

魅力的な締めも用意。札幌にある日本料理店「TAKU円山」の和田店長が考えた「変わり味噌の焼きおむすび(300円)」は、函館産のお米“ふっくりんこ”を使用。おにぎりをしっかり焼いた後、道産の鶏肉を使ったそぼろ味噌を塗って、ちょっと炙ってから召し上がれ。香ばしさがたまりません!今後は和田店長の出身地・奥尻島のシソの芽を使った変わり味噌が登場予定。

 

函館の老舗「阿佐利 本店」のすき焼き登場 

七厘百個祭でぜひ味わってほしいのが、函館の老舗「阿佐利 本店」のすき焼き。阿佐利が食イベントにすき焼きを提供するのは初めてのこと。
 

函館の老舗「阿佐利 本店」のすき焼き▲阿佐利のすき焼き1500円
 

阿佐利の職人さんに習ったスタッフが、食材に火を通して提供します。豆腐に味が染み、肉は柔らかいベストな火入れ。すき焼きに欠かせない生卵は、今回は温泉卵をのせて登場。この黄身のとろっと感が新たなすき焼きの世界を広げてくれます。屋外で味わう老舗の味というギャップがまた最高!
 
このほか函館ならではの味、「カールレイモンのベーコン&ソーセージセット(800円)」やイカの一夜干しなども用意。メニュー数が多いので、いろいろ楽しむならグループで出かけるのがおすすめ!8月31日まで開催しているので、足を運んでみてください!!
 
後編では、そのほかの飲食ブース、ドリンクブースのイチ押しメニューをご紹介。お楽しみに!
 
 

関連リンク

函館市(グルメガーデンについて)
はこだ★テリアFacebookページ
七厘百個祭ホームページ
七厘百個祭Facebookページ

\食べたい!食べるべき!と思ったら「なまらいいね!」/

この記事をSNSでシェアしよう!
  • 8月末まで開催。おいしいロングランイベント「はこだてグルメガーデン」は、本当においしかった!(前編)
  • Google+

F3ea6fa5 2971 4d12 8e62 077dc40dce4f

Writer

小西 由稀

FacebookのIDを利用して、北海道Likersへ登録します。

北海道Likersは、北海道を愛する皆さんと北海道を盛り上げるコミュニティです。

  • 利用規約に同意の上ご登録ください。
  • FacebookのIDで簡単に登録できます。登録は無料です。
  • Facebookに設定しているメールアドレスを登録します。お客様のメールアドレスは、北海道Likers運営からの連絡に利用いたします。
Title
Close
北海道Likersアプリ(iOS) 北海道Likersアプリ(Android)