甘エビ水揚げ日本一の羽幌町「はぼろ甘エビまつり」



2016年6月25日(土)、26日(日)、日本海に面した羽幌町のはぼろバラ園で、「第6回はぼろ甘エビまつり」が開催されます。水揚げ量日本一の甘エビを、これでもか!というほど味わえます。

 

その名の通り、甘くて、ぷりっぷりの甘エビ!

羽幌町は、国内で甘エビの水揚げ量日本一を誇っています。漁場は日本海北部、「武蔵堆(むさしたい)」と呼ばれる海域で、甘えび、ホタテ、タコなどが獲れます。羽幌町が誇るその甘エビを、「これでもか!」というほど味わるのが「はぼろ甘エビまつり」です。昨年は、2日間で来場5万人、用意した12tのエビが完売というくらい大人気のイベントです。
 


 



 


期間中は、朝9時から甘エビを販売。また、羽幌の特産物や地元グルメが味わえる「羽幌屋台村」もオープン。このエビづくしは、なまらおだつべ(※1)!

 

羽幌のサミットのテーマはエビ!「EBI-麺・めしサミット」

先日、国内ではG7伊勢志摩サミットが開催されましたが、羽幌町でもサミットが開催されますよ。その名も「EBI-麺・めしサミット」。このイベント限りの甘エビ創作メニューが味わえるというもの。札幌の人気店も出店します。食べられるのは、ここだけ、今だけですよ!
※「EBI-麺・めしサミット」の料理写真はイメージです。
 

 
 

 


 


 


 

なんて魅力的なサミットなんでしょう。羽幌の甘エビばんざい!です。
この他、戦隊ショーなどのステージイベントなど、お楽しみもいっぱい。甘エビづくしの2日間、ぜひ足を運んでみてください。

 

第6回はぼろ甘エビまつり

●開催 / 2016年6月25日(土)~26日(日) 10:00~15:00(雨天決行)
●会場 / はぼろバラ園周辺(道の駅ほっとはぼろ内)苫前郡羽幌町北5条1丁目
●問い合わせ / 羽幌町観光協会 TEL:0164-62-6666
※4月末段階で甘エビの不漁が続いています。販売品目など内容が変更になる場合もありますので、詳細は問い合わせください。
 
※1:「なまらおだつ」とは北海道弁で、ものすごくはしゃぐ、とてもはりきるという意味で使います。

 

関連リンク

羽幌町観光協会
「はぼろ甘エビまつり」facebook

 

関連記事

離島(利尻・礼文・天売・焼尻・奥尻)