第12回「情熱の仕事人」トークセッション〜サッポロ生ビール黒ラベルThe北海道スペシャル〜開催!



北海道Likersのインタビューシリーズ「情熱の仕事人」と連動した、北海道Likers×北海道新聞のコラボ企画、情熱の仕事人トークセッションを、6月27日(月)に道新プラザDO-BOXで開催します。
 
第12回目となる今回は、3名のスピーカーによるスペシャル版です。
砂川市に工場を構える日本唯一の馬具メーカーであり、その馬具づくりの技術・精神を継承して美しいバッグなどの革製品を生み出すソメスサドル(株)の代表取締役社長・染谷昇さん。旭川市から、デザイン性・品質の高い家具を国内外へと送り出す(株)カンディハウスの代表取締役社長・藤田哲也さん。滝川市に誕生して今年60周年を迎えた、松尾ジンギスカンで知られる(株)マツオの代表取締役社長・松尾吉洋さんをお迎えします。
 
当日は、北海道限定で6月28日(火)に発売となる「サッポロ生ビール黒ラベルThe北海道」で乾杯しましょう。一足早く特別な黒ラベルを味わいながら、熱いトークをお楽しみください。
※観覧応募方法は下記をご覧ください



 

染谷 昇

ソメスサドル株式会社 代表取締役社長:ソメスサドルの前身で、馬具の輸出を目的に1964年歌志内市で創業したオリエントレザー株式会社に76年入社(85年現社名に変更)。2009年、創業から数えて5代目社長に就任。ソメスブランドを立ち上げ、馬具づくりで培った高度な革加工の技術を生かしバッグや小物なども手がける同社を革製品の総合メーカーへと導いてきた。



 

藤田哲也

株式会社カンディハウス 代表取締役社長:1968年旭川市で創業した株式会社インテリアセンターに82年入社(2005年現社名に変更)。一貫して営業畑を歩む。カンディハウス非常勤取締役、取締営業本部長、専務取締役営業本部長を歴任、2013年より社長として経営の舵を取り、ブランディング、海外戦略を強化。アジア諸国での市場開拓を進め、トップセールスにも力を入れる。



 

松尾吉洋

株式会社マツオ 代表取締役社長:北海道を代表する味付きジンギスカンの老舗ブランド「松尾ジンギスカン」の製造・販売、飲食店舗を手がける株式会社マツオ(滝川市)に1999年入社。副社長を経て2014年、4代目社長に就任。変わらない味を守りながら、新たなスタイルの店舗づくりに挑戦。ジンギスカン文化の継承活動にも取り組む。たきかわ観光協会副会長も務めている。


地域に根ざし、地域と深く関わり合いながら、ものづくりや食の分野で広く“北海道”を発信する、3社の社長によるこの貴重なセッションをお聴き逃しなく!みなさんのご来場をお待ちしています!

 

北海道Likers×北海道新聞 第12回情熱の仕事人トークセッション〜サッポロ生ビール黒ラベルThe北海道スペシャル〜

●日時 / 6月27日(月)18:00開場、18:30開演予定
●会場 / 道新プラザ DO-BOX(ドゥーボックス)北海道新聞社本社1階(札幌市中央区大通西3)
●応募方法 / 下記URLにアクセスし応募フォーム(イベントに応募する)からご応募ください。
https://secure.hokkaido-np.co.jp/dobox/
●応募締切 / 6月19日(日)午後11:59まで
当選発表 / 当選された方には、6月21日(火)に「当選メール」をお送りします。ご来場の際は、お送りした「当選メール」を印刷しご持参ください(携帯の方はメール画面提示)。受付でお名前を確認させていただきます。