別海町尾岱沼産北海シマエビを堪能!「第56回尾岱沼えびまつり」

2016年6月25日(土)、26日(日)、別海町の尾岱沼(おだいとう)漁港特設会場で「第56回尾岱沼えびまつり」が開催されます。

 

別海町、野付半島、尾岱沼…ときたら、北海シマエビ!

北海シマエビの正式名称は「ホッカイエビ」といい、体に縞があることからシマエビといわれています。水揚げしたシマエビは茶褐色なのですが、茹でるととても色鮮やかな赤色になります。
 




そのシマエビが、存分に堪能できる「尾岱沼えびまつり」が今年も開催されます。期間中は、郷土芸能野付竜神太鼓演奏やYOSAKOIソーラン、歌謡ショーなどのステージイベントが楽しめます。が、なんといっても狙いは北海シマエビ!尾岱沼産北海シマエビ、尾岱沼産あさり即売や、北海シマエビの串焼き、ホタテ焼きなど。地元グルメをたっぷり味わうことができます。
 




大人気なのが、エビ・アサリすくい抽選会。ガラポンを回して、エビすくいの玉かアサリすくいの玉が出たら、プールの中を泳ぐエビやアサリをすくうことができるというもの。
 


 

26日(日)には、女子限定で、「第4回全日本北海シマエビ踊り食い・早食い競争」も開催されます。
 


 

毎年会場には、地元や周辺市町村の人はもちろん、遠方からツアーで来る人たちなど、たくさんの人でにぎわいます。
道内の人はもちろんですが、この時期、別海町エリアを観光予定の道外の皆さん、足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

第56回尾岱沼えびまつり

●開催 / 2016年6月25日(土)13:30~17:00、6月26日(日)9:45~15:00
●会場 / 別海町尾岱沼漁港(野付郡別海町尾岱沼港町179-2)
●問い合わせ / 別海町役場商工観光課 TEL:0153-75-2111(内)1621~1624

 

関連リンク

別海町観光協会
「第56回尾岱沼えびまつり」facebook